腕時計の豆知識:クロノメーターとは?クロノメーター認定時計6選!

2020年3月6日
腕時計の豆知識:クロノメーターとは?クロノメーター認定時計6選!

高い精度が認められた時計にだけ「クロノメーター」の称号が与えられ、クロノメーターの時計は正確さを重視する世界中の多くの人に選ばれています。時計に興味がある方は一度は聞いたことがあるかもしれませんが、どんな時計がクロノメーターと呼ばれるのか、クロノメーターが時計の価値を語る上で欠かせない理由をご紹介します。これからの時計選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

クロノメーターに関する知識のまとめ

cosc

 

認められた時計にだけに与えられる称号

国際的認定機関であるスイスのクロノメーター認定協会COSC( Controle Officiel Suisse des Chronometres)が行う検査に合格した時計だけに「クロノメーター」の称号が与えられます。個体ごとに検査を受けるので、同じモデルの時計でも合格するものと不合格になるものがあります。時計の国「スイス」でも検査を受けて合格するのは3%前後と言われることから、かなり基準が高いことが想像できるのではないでしょうか。この難関を突破した貴重な時計1本につき1つの証明書が発行されます。

出典:https://www.cosc.swiss/en

 

実際の使用を想定した15日間の検査を受ける

COSCでは、実際の使用を想定して5種類の姿勢、3種の温度差がある環境で15日間、時計の精度を測定します。一般的な時計は日差±20秒までは正常値とされていますが、クロノメーターの検査では15日間の平均日差が-4秒~+6秒以内となっています。検査を突破するには、時計の設計や製造、組み立てだけではなく、調整技術に至るまで広範囲での精度が求められているのです。高いハードルをクリアした時計だけにクロノメーターの称号が与えられるのも納得できるのではないでしょうか。

 

クロノメーター以外の時計の価値

Hamilton Jazzmaster H32565555

 

検査の基準が国際標準化機構ISOに規定されていることで、高いステイタスのあるクロノメーターですが、本場スイス以外にもドイツやフランスなどに新しく認定協会ができています。また、近年はクロノメーターよりも高い独自の基準を設定している時計も多く登場しています。世界的に名の知れている高級時計もそうですが、技術の国「日本」でも、平均日差がクロノメーターを上回る-3秒~+5秒以内の時計があります。

クロノメーターは時計の品質保証において、最も有名ではありますが、同等またはそれ以上の性能をもった時計も多くあり、称号がなくても高い品質と価値が認められています。

 

クロノメーター認定ブランドは?

  • ロレックス

  • オメガ

  • タグホイヤー

  • ブライトリング

  • ゼニス クロノマスター

など。

クロノメーター認定時計モデル5選!

  • ロレックス サブマリーナ 116618LB

 

ロレックス116618LBは、2008年に生まれたサブマリーナです。耐久性に優れたブルーのセラミック製逆回転防止ベゼルが使われ、ダイバーは潜水時間と減圧停止を安全に、正確に測ることができます。また、ブレスレットは堅牢性が向上し、グライドロックによりブレスレットの長さを手軽に調整できるようになりました。それゆえ、ダイビングスーツの上からでも安全につけられるようになっています。ムーブメントにはロレックスが独自に開発、製造した機械式自動巻ムーブメントであるキャリバー 3135が使われています。これは、高精度の時計にのみ与えられる、クロノメーター認定を受けているもので、信頼性が高いです。また、パラクロム・ヘアスプリングを備え、衝撃と温度変化に対しても強い耐性を持っています。

 

  • ロレックス ヨットマスター 268622

⌚購入はこちら

ロレックス268622は、ヨットセーリング(流れる風によって帆の表面に生ずる揚力を動力として、水上を滑走する技術を競う競技)の為に作られました。「ヨットマスター」として、ヨットやクルーザーを楽しむセレブを対象にしたもので1992年に発表されたようです。プラチナとステンレスのコンビモデルで「ロレジウム」仕上げとなっています。37mmケースのダークロジウムダイアルです。また、ブレスレットとクラスプを改良されたことにより、実用性と質感が向上しています。そして、ムーブメントには自社製Cal.2236が搭載されていて、クロノメーター認定です。耐磁・耐衝撃性能に優れていて、パラクロムヘアスプリングを装備しています。ブレスはユニセックスタイプです。外装の特徴として、回転ベゼルとなっていて、機能としてデイト表示が使われています。

 

  • ロレックス エアキング 116900

⌚購入はこちら

エアキングは1940年代に初登場し、どのモデルよりも歴史のあるモデルとなっています。そして満を持して2016年に『ロレックス エアキング 116900 Black』が登場しました。エアキングの初モデルが発売された当時、ロレックスは航空業界と親交が深く、パイロットのステータスある腕時計としてエアキングは生まれました。3針の日付機能を除いたシンプルなデザインは初代の系譜を受け継いでおり、航空機のコックピットのメーターを思わせます。サファイアガラスにブラックの文字盤が高級感を演出します。100mの防水仕様で、ケースとベゼルはステンレス製です。ケースは現行モデルで40mmになっており、以前のモデルと比べて少し大きくなっています。ムーブメントはCal.3131クロノメーターの自動巻きです。ビジネスシーンではスタイリッシュさを主張してくれる頼もしいモデルとなっています。

 

  • オメガ シーマスター 233.30.41.21.01.001

⌚購入はこちら

オメガの『シーマスターコレクション』は1948年に発売されて以降、多くの人に愛され人気モデルとなっています。『233.30.41.21.01.001』の防水性はもちろんこと、耐久性と精度も優れた機械式腕時計となっており、オメガの洗練された技術が詰め込まれています。自動巻きクロノメーターで、ブラックを基調としたスポーティーなデザインが印象的です。風防はドーム型サファイヤガラスで、内面無反射コーティングが施されています。レトロで落ち着きのある見た目なので、どんな場所でも身に付けられます。

 

  • オメガ シーマスター 215.30.44.21.01.001

⌚購入はこちら

オメガの「シーマスター プラネットオーシャン」は、スイス連邦計量・認定局が定めた8つの試験をパスして、マスタークロノメーターとして認定された腕時計です。自動巻き式のムーブメントはいかなる環境でも精度が狂うことがありません。強化サファイアガラ スが衝撃から時計を守り、水深600mでも動作可能な耐水性を誇ります。これらの性能に加え、デザイン面も優れています。型番215.30.44.21.01.001は、ステンレスのベルトとベゼル付きのケース、黒の文字盤が特徴です。12時・6時・9時はアラビアンインデックスで、残りはバーインデックスになっています。3時の位置には日付窓があります。

 

  • ゼニス クロノマスター 03.2153.400/78.C813

⌚購入はこちら

クロノマスター エルプリメロ フルオープン『03.2153.400/78.C813』はゼニス製のメンズ腕時計で、1969年発表の初代「エルプリメロ」の再設計モデルです。クロノマスター フルオープンはムーブメントの観賞を容易にすることに特化して設計されているため、スケルトンバック仕様となっており、裏側からもクロノグラフの動きを楽しむことができます。またステンレススチールのケースに、ブラックアリゲーターレザーを使用したベルトが高級感漂う外観で、100防水機能も備わっています。

 

  • ブライトリング クロノマット AB011010/BB08

ブライトリングAB011010/BB08クロノマット44は自社開発のキャリバーB01を搭載するモデルです。70時間ものパワーリザーブを実現しているので長時間利用できます。3つのクロノメーターや常時調節できるデイト機能といった使い勝手の良い機能を装備しています。コックピットを意識したデザインが特徴的な腕時計です。シルバーステンレスに文字盤のダークブルーカラーが男性らしさを醸し出します。ストラップはラバーバンドなので調整も簡単にできるのが特徴です。

 

自分だけの時を刻む時計に選ぶもの

オメガ シーマスター

いつでも自分と共にある時計を選ぶとき、精度にこだわりたい人は多いと思います。様々な時計の中から自分だけの価値を見出せば、今まで以上に時を大切に過ごせるのではないでしょうか。最近はクロノメーター以外の時計も選択肢として考える人もいますが、時計の価値を語る上でクロノメーターが刻む時の正確さを欠かすことはできません。

 

この記事の関連商品
コメントをする
To Top