40代の腕時計!そろそろ一生モノが欲しい人に最適なブランド4選

Jul 09, 2019
40代の腕時計!そろそろ一生モノが欲しい人に最適なブランド4選

そろそろ一生モノの腕時計が欲しいけど、選び方が分からないということありませんか?40代になると、いよいよ社会的な立場も責任が伴うことと思います。

若いころのようなカジュアルな腕時計も嫌だけど、あまりにも派手な腕時計を身に着けるのも引いていしまう。などと事情は様々だと思います。

今回はそんな40代の方のために、腕時計を選ぶ時のポイントとオススメの腕時計を紹介すします。

勘違いしてはいけない40代の時計選び

40代 腕時計

腕時計を選ぶ時によく勘違いされる方がいますが、高ければ高いほどよいという考えで、腕時計を購入するのは危ないです。普段、自分が勤めている職場の雰囲気や、休日につける自分の腕時計の趣味などをしっかりと考慮しなくてはなりません。それでは具体的に注意すべきことをみていきましょう。

高額な腕時計ではなく誰もが知ってるブランドを選ぶ

 

当たり前ですが高額な腕時計のなかには良質のものが多くあります。しかし、一方で高額でない腕時計が粗悪かというとそうではないです。

有名なブランドの時計でも、比較的安価な腕時計も多く存在しています。また、ビジネスシーンで顧客や取引先と関わる場合、高額すぎる腕時計を敬遠される傾向にあります。

高額すぎず、センスが良く、シンプルな有名ブランドの腕時計をチョイスするというのが40代の腕時計選びのポイントの一つと言えるでしょう。

ファッションと合わない腕時計を選ばない

一般にビジネスシーンやスーツを着る場面では、スポーツウォッチやデジタル時計はよろしくないとされています。ですから、普段そういった職場で働く方は、仕事用には光沢感の強いシルバーのアナログ時計など無難なものを選ぶようにしましょう。

一方、休日の腕時計は個人の趣味で選んで全く問題ないでしょう。

ただ、この時注意したいのは、自分のファッションと合わない腕時計をチョイスしてしまうと、「いい年してセンスがない。」などと思われたり、段々その腕時計を装着しなくなったりしてしまうということです。

是非、ファッションに合った腕時計を選ぶようにしましょう。

40代ビジネスマンにふさわしい腕時計4選

それでは、40代の方が仕事用でも休日使い用でも身に着けていて恥ずかしくない、オススメの腕時計を紹介していきます。

ジャガー ルクルト レベルソ Q3858520

ジャガー ルクルトのQ3858520は文字盤がシルバーでブレス部分が黒革となっているので、ビジネスシーンにピッタリだと言えるでしょう。様々な場面で着用することが出来て、大人の腕時計としてセンスも良いので、一生モノの腕時計としてもOKです。

グランドセイコー 9F クオーツ SBGX265

グランドセイコーのSBGX265は大人の腕時計として人気の高いグランドセイコーです。ビジネスシーンに最適で、さらに他の高級腕時計と比べて求めやすい価格であることから、初めの一本としてもオススメです。

パテックフィリップノーチラス 5990/1A-001

パテックフィリップの5990/1A-001は比較的シンプルですが、非常に高価となっています。

嫌味なく、それでいて見る人が見れば、その価値が分かるという腕時計ですので、一生モノとして、とてもオススメです。

ロレックス  ヨットマスター 116621-0002

こちらの腕時計は有名なロレックスのもので、全体はシルバーを基調としていて、文字盤もブラックとなっていてビジネスシーンでもOKですが、文字盤の外枠部分が橙色というアクセントがあります。

休日用としても問題なく着用できる腕時計でしょう。

40代の腕時計のまとめ

40代 腕時計

40代の方に最適な腕時計選びのコツは、いたずらに高額な腕時計を選ぶのではなく、使用する場面などをしっかりと意識したり、有名なブランドのものをチョイスすることでした。

特に先ほど紹介した腕時計のように有名なブランドのものをチョイスすることで、あまり腕時計に詳しくないという方も大人らしさがしっかりと出せます。

是非、よい腕時計を選んで、センスがよく、大人らしい雰囲気がだせるようにしましょう。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

20代から腕時計を本気で選ぶ時の4つのポイント

30代に腕時計をプレゼントする時の選び方と最適な4選!

ロレックス:20~30代に大人気のおすすめモデルをご紹介

 

 

The Watch Company公式サイト:

http://www.thewatchcompany.co.jp

 

 

公式サイト:

ジャガー ルクルト

グランドセイコー

パテックフィリップ

ロレックス

コメントをする
To Top