おすすめの記事
オメガ: 90万円 以内で購入可能のオメガ腕時計 TOP5
オメガ: 90万円 以内で購入可能のオメガ腕時計 TOP5
ジャガールクルトの魅力ポイントとオススメ5選
ジャガールクルトの魅力ポイントとオススメ5選

40代の腕時計!そろそろ一生モノが欲しい人に最適なブランド4選

2019年11月27日
40代の腕時計!そろそろ一生モノが欲しい人に最適なブランド4選

そろそろ一生モノの腕時計が欲しいけど、選び方が分からないということありませんか?40代になると、いよいよ社会的な立場も責任が伴うことと思います。

若いころのようなカジュアルな腕時計も嫌だけど、あまりにも派手な腕時計を身に着けるのも引いていしまう。などと事情は様々だと思います。

今回はそんな40代の方のために、腕時計を選ぶ時のポイントとオススメの腕時計を紹介すします。

40代 腕時計

40代男性腕時計の選び方について

20~30代のときとは違い、40代ともなると金銭的にも余裕が出てくる人が多い印象を受けます。管理職になったり、重要な仕事を任されたりと、まさに働き盛りの年ごろではないでしょうか。周りの人の信用を得るために、年齢相応の身なりにしようと心がけるのも40代ならではといえるかもしれません。実際に、腕時計はビジネスマンには必須アイテムなので、周りの人がステータスとしてもチェックすることが多いポイントの一つです。若いころは安物の腕時計をしていても、さほど気にしている人はいません。

立場が上になるにつれて安物を着けていると周囲の反応が気になってしまうものです。40代で腕時計を新調しようと考えているのであれば、一生モノとなるこだわりの腕時計を選びたいものですね。40代で腕時計を購入する人は、10万円以上の腕時計を選ぶことも少なくありません。なかには、数百万円の腕時計を購入する人もいます。スーツに合わせるのであれば、メタルバンドか革バンドのどちらかを選ぶと良いでしょう。結婚式場や葬儀場で勤める人など、フォーマルな場で使う頻度が多い人は、購入するなら皮バンドのほうが無難です。しかし、腕時計を選ぶ時によく勘違いされる方がいますが、高ければ高いほどよいという考えで、腕時計を購入するのは危ないです。普段、自分が勤めている職場の雰囲気や、休日につける自分の腕時計の趣味などをしっかりと考慮しなくてはなりません。

どちらのバンドにするにせよ、派手なデザインの腕時計は選ばないようにしたいところです。特に、取引先と会う機会の多い人や営業職の人などは、シンプルなデザインのものを選ぶべきでしょう。

 

40代男性腕時計

40代男性腕時計の選ひポイント

1) 高額な腕時計ではなく誰もが知ってるブランドを選ぶ

 

当たり前ですが高額な腕時計のなかには良質のものが多くあります。しかし、一方で高額でない腕時計が粗悪かというとそうではないです。有名なブランドの時計でも、比較的安価な腕時計も多く存在しています。また、ビジネスシーンで顧客や取引先と関わる場合、高額すぎる腕時計を敬遠される傾向にあります。

高額すぎず、センスが良く、シンプルな有名ブランドの腕時計をチョイスするというのが40代の腕時計選びのポイントの一つと言えるでしょう。

 

2) ファッションと合わない腕時計を選ばない

 

腕時計を選ぶときは「ビジネスシーンでの利用が多いのか」「プライベートで利用するつもりなのか」はハッキリさせておきたいところです。もし、職場での利用を考えているのであれば、家族や職場の人に相談することも方法の一つ。職場の雰囲気や業務内容にそぐわない腕時計を身に着けてしまうと、せっかく高い腕時計を購入しても周囲から悪目立ちしてしまう可能性があります。また、家族に相談せずに高い腕時計を買ってしまったことで、ケンカに発展してしまうこともあるかもしれません。「どのくらいの予算内で購入するべきか」「どのタイプなら着けていても浮かないか」についてはしっかりと事前に調べておきたいものです。

また、一般にビジネスシーンやスーツを着る場面では、スポーツウォッチやデジタル時計はよろしくないとされています。ですから、普段そういった職場で働く方は、仕事用には光沢感の強いシルバーのアナログ時計など無難なものを選ぶようにしましょう。一方、休日の腕時計は個人の趣味で選んで全く問題ないでしょう。

ただ、この時注意したいのは、自分のファッションと合わない腕時計をチョイスしてしまうと、「いい年してセンスがない。」などと思われたり、段々その腕時計を装着しなくなったりしてしまうということです。

是非、ファッションに合った腕時計を選ぶようにしましょう。

 

3) 素材に気をつけよう

日本に海外の腕時計が入ってきた当初、ビジネスシーンには革バンドが一般的なイメージがありました。しかし、現代ではどちらでも派手なデザインでなければ問題はない傾向です。欧米のフォーマルドレスウォッチは黒革だったことから、日本でも広く浸透したのでしょう。しかし、欧米でもメタルバンドの腕時計がビジネスシーンで一般的に利用されているのを多く見受けます。そのため、メンテナンスにお金をかけたくない人は、むしろメタルバンドのほうが重宝するでしょう。

なぜ、メタルバンドのほうがビジネスシーンで重宝するかというと、皮ベルトは臭いがつきやすく、定期的に交換が必要となるからです。日本では、夏場に高温多湿になりがちなため、皮ベルト部分に汗が染みやすいのがどうしても気になってしまいます。ひどいときには、1日中着けていると汗の臭いが取れないことにもなりかねません。このように、においや劣化などがあるため、定期的なメンテナンスが必要となり、維持費が高くついてしまうことがあるのです。予算に合わせるだけなく、維持費も考えて腕時計を選ぶように注意してください。

 

40代ビジネスマンにふさわしい腕時計ブランド4選

おすすめの腕時計ブランド:「ロレックス」

116500LN

40代の男性が選ぶ腕時計としては、ロレックスをおすすめします。まず、世界的な知名度を誇るロレックスをおすすめしたい理由は、高級腕時計として有名なだけでなく、高い実用性を兼ね備えているという点です。腕時計で有名なスイスのブランドで、販売から50年以上経過するコスモグラフ デイトナシリーズは、多くのファンをとりこにし続けているシリーズ。ロレックスでは、ビジネスシーンで大活躍のスタンダードモデルから、プライベートでの利用にピッタリなスポーツモデルまで販売されているのが特徴的です。見た目だけでなく使い勝手も良いので、他ブランドと比べても人気が高いのは納得でしょう。

40代におすすめ腕時計:ロレックスデイトナ 116520 

116520 Black
ロレックスのデイトナ116520Blackは、2000年に登場して2016年まで製造されたデイトナシリーズの黒文字盤の製品です。デイトナはこれが2代目であり、このモデルにはCal.4130が搭載されています。これはロレックスが初めて完全に自社で作ったクロノグラフ用のムーブメントです。先代は他社のムーブメントをカスタマイズしたCal.4030を搭載していましたが、それよりもパーツの点数が削減されている他、耐久性の向上などが図られています。ゼンマイは3日間駆動するスペックですが、2000年当時としては1日から2日ほどのムーブメントが多かったので、それよりも優れたムーブメントでした。この時に導入されたムーブメントは、2016年に登場した3代目である116500LNにも搭載されており、今から見てもその性能が通用することがわかります。

 

40代におすすめ腕時計:ロレックス デイトジャスト116334/1

116334/1
2009年に登場した「DATEJUST II Ref.116334」。1945年以来ロレックスの代表として親しまれてきたDATEJUSTの新たなバージョンです。変更点はケース径が41mmに拡大し、視認性が高められたほか、ムーブメントにはCal.3136が採用されたことです。ブルーパラクロム・ヒゲゼンマイを用いることで耐磁性が、パラフレックス・ショックアブソーバーによって耐衝撃性と耐震性が強化され、より丈夫でどんな場面でも信頼できるキャリバーとなりました。そしてベゼルは、金を素材としたロレックス独自のデザイン、フルーテッドベゼルであり、時計の角度に合わせて光り輝く様子は腕時計の存在感を溢れさせます。歴史あるロレックスの最新技術が駆使された高い機能性と、目を引く繊細なデザインが両立した、発売以来人気の型です。

40代におすすめ腕時計:ロレックス エクスプローラー 214270 

214270
2010年に登場し個性的なルックスで絶大な人気を集めたロレックス・エクスプローラー214270の新作として2016年に発表されたモデルです。2016年のバーゼルワールドでロレックスが自社内における新たな規定を定めたことを発表した時に新作の一つとして登場し、一躍注目を集めたモデルになります。ケース径は39mmで腕に付けた時に存在感を感じさせる外観になっています。文字盤に配置される針や369をはじめとする全てのインデックスに約8時間発光時間が継続するクロマライト加工が施されていて、暗闇での視認性が高くなっています。カジュアルにもフォーマルにも合う着る服を選ばないデザインで購入価格も比較的手頃なことから、発売当初から根強い人気があります。

 

40代におすすめの腕時計ブランド:「オーデマ・ピゲ」

もう一つのおすすめであるオーデマ・ピゲは、有名人なども多く愛用しているブランドです。スイスは、たくさんの高級腕時計ブランドが立ち並びますが、その中でもオーデマ・ピゲは1875年に創業された歴史があります。1921年に世界で最も薄い懐中時計を発明するなど、腕時計界に多大な影響を与えたブレンドの一つです。また、世界三大ブランドの一つとの呼び声も高いオーデマ・ピゲは、流行デザインのものよりもシンプルなデザインの腕時計が多く販売されているのが魅力といえるでしょう。

オーデマピゲ

40代におすすめ腕時計:オーデマピゲ ロイヤルオーク 26331ST.OO.1220ST.02

26331ST.OO.1220ST.02
オーデマピゲ26331ST.OO.1220ST.02は本体からブレスレットに至るまで、メタリック仕様になっているのが特徴。2008年に発売されたモデルの復刻品であり、ステンレススチールのケース表面には計8個のボルトを埋め込んだ仕様になっています。モノグラム風ムーブメントのブラックカラーとステンレスの輝きがよくマッチしており、高級感と上品さも兼ね備えたデザインです。ケースの厚さは11mしかなく、ビジネススーツの袖でも時計が邪魔になることはありません。

 

40代におすすめの腕時計ブランド:「パネライ」「グランドセイコー」「ブレゲ」

パネライ

パネライは、1936年にイタリア海軍向けに開発されたダイバーズウォッチ。元は、軍用の腕時計として発明されましたが、1993年からは一般販売も開始しています。独自技術で高い防水技術を誇っていて、とても高い人気を誇っているブランドです。丸みを帯びたデザインが特徴で、公私ともに身に着けられる腕時計といえます。

 

40代におすすめ腕時計:パネライ ルミノール 1950 PAM01312

PAM01312
1990年代にイタリア海軍の為に製作され、長い間軍事機密として扱われ一般の人が目にすることがなかったのですが、今ではスポーツウォッチの代表とまで言われるようになったルミノール・マリーナ・1950・3デイズ・オートマティックアッチャイオno.PAM01312です。四方点の大きな数字、バー状のアワーインデックス、ブルーの針が使われているスモールセコンドなどクラシックなパネライの特徴を備えていて、軍事環境下で使用するためにシンプルな構成になっているのでどんな装いにも合わせることが出来ます。

40代におすすめ腕時計:パネライ ルミノール 1950 PAM00722

PAM00722
パネライの中でも数少ないスティールブレスレットモデルが、パネライPAM00722です。ケース・ベゼルとの一体感が引き立ち、メカニカルな印象の強く出た一本です。ネジを全く使わない独特の接続方法や、仕上げをポリッシュとサテン交互に組み合わせているなど、ブレスレットの造作にきめ細かな配慮が行き届いています。3時にデイズ表示、9時にスモールセコンドと定番のスタイルを踏襲していますが、秒針を青にしていてワンポイントになっています。

 

40代におすすめの腕時計ブランド:「グランドセイコー」

グランドセイコーは国内の高級腕時計ブラントとして有名です。海外の高級ブランドと違って、30万円以下のものもあるので初めて高級ブランドの腕時計を買う人にニーズがあります。国内ブランドなので、日本人に合うようにサイズが小さく軽量化したものが多く作られているのが印象的です。最後は、フランスのパリで誕生したブレゲ。古い歴史を持つ腕時計ブランドであり、創業は1775年ととても高い技術力を持っています。

View this post on Instagram

An alluring quartz model with a subtle confidence, SBGV205. #グランドセイコー #grandseiko #gs #sbgv205 #quartz #9f82 #watch #腕時計 #craftsmanship #madeinjapan

A post shared by Grand Seiko (@grandseikoofficial) on May 2, 2019 at 1:01am PDT

40代におすすめ腕時計:グランドセイコー 9R スプリングドライブ SBGA299

SBGA299
グランドセイコーのヘリテージコレクションから誕生したSBGA299は、ゼンマイが動力源となっている機械式腕時計です。但し、グランドセイコーが独自で開発した機構・スプリングドライブを搭載しているため、精度がクオーツ式と同等の高さです。秒針が滑らかに動き、正確に時を刻んでいます。特殊な塗料を文字盤に使用して視認性の向上を図っているため、時刻を読み取りやすいです。尚、ケースのデザインと共に、ダイヤルやベゼルの造りを工夫することによって、洗練された雰囲気を醸し出しています。

 

40代におすすめの腕時計ブランド:「ブレゲ」

View this post on Instagram

The alarm is a multi-purpose function suited to a number of daily requirements, including wake-up calls and reminders of appointments or events. #ref5547 #BreguetExplorer #BreguetLaMarine

A post shared by Montres Breguet Official (@montresbreguet) on Mar 31, 2019 at 1:00am PDT

腕時計ブランドのプレゲは40代の男性にもおすすめです。創業者のアブラアン・ルイ・ブレゲは稀代の天才職人で、機械式時計のルーツとなった人物です。彼が作る腕時計は、王室御用達であったほど精度の高い腕時計となります。その後はブランドが売却されるなど紆余曲折あったものの、現代では世界5大時計ブランドと呼ばれるブランドまで成長しています。昔からの技術で安心感のあるブランドとなっており、一生モノの時計としてもおすすめです。

 

40代におすすめ腕時計:ブレゲ タイプ XX – XXI – XXII  3810ST929ZU

3810ST929ZU
かの有名なマリーアントワネットも愛用していたことで知られるブレゲの手がけるパイロットウォッチの一つがブレゲ3810ST929ZUです。ケースサイドにブレゲの特徴とも言えるコインエッジを採用しており、ブレゲ針ではなくダイヤ型の針とインデックスを使用しているのが特徴的な腕時計です。ムーブメントには自動巻きのキャリバー584Qを使用しており、針には蓄光針を使用して視認性を高めるなどシンプルでありながらとても実用性の高い腕時計となっています。

 

40代男性の腕時計を選ぶならワンランク上のものを!

40代 腕時計

40代男性の腕時計を選ぶときは、ワンランク上の腕時計を選ぶと、身に着けていても恥ずかしくないでしょう。特におすすめなのは、上述したロレックスやオーデマ・ピゲ、パネライとグランドセイコー、ブレゲの5つのブランドです。どれも高級ブランドではありますが、どこに身に着けていっても恥ずかしくない一生モノの腕時計として大変重宝します。腕時計を選ぶときは、お気に入りのものを買うのも大切ですが、利用シーンに合わせた腕時計を選ぶことも重要です。

特に先ほど紹介した腕時計のように有名なブランドのものをチョイスすることで、あまり腕時計に詳しくないという方も大人らしさがしっかりと出せます。

是非、よい腕時計を選んで、センスがよく、大人らしい雰囲気がだせるようにしましょう。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

20代から腕時計を本気で選ぶ時の4つのポイント

30代に腕時計をプレゼントする時の選び方と最適な4選!

ロレックス:20~30代に大人気のおすすめモデルをご紹介

 

 

The Watch Company公式サイト:

http://www.thewatchcompany.co.jp

この記事の関連商品
コメントをする
To Top