per page
Set Ascending Direction

セイコー

世界を飛び回るビジネスマンに贈る セイコーブライツオススメ8選!

「セイコー ブライツ」は、世界で活躍するビジネスマン向けに開発された腕時計です。腕時計を選ぶときは、搭載されている機能に注目することも大切なポイントになります。今回は、搭載されている機能別に弊社が厳選した人気モデルを紹介していきます。この記事を読んで、自分に最適の1本を選ぶ参考にしてください。 View this post on
0
続きを読む

葬式の腕時計の4つのマナーと失礼の無いおすすめウォッチ4選

葬式の時に身につけていく腕時計に困ったことはありませんか?「葬式の時は装飾品を外さなければならない。」というのを聞いたことがある方も多いと思いますが、腕時計の場合はどうすればよいのでしょうか?今回は、そんな疑問を解消するため、葬式の時につけてもよい腕時計の種類とオススメの腕時計を紹介していきます。 知っておきたい葬式に腕時計をしていく時の4つのマナー 葬式の時には黒文字盤より白文字盤 黒い文字盤の腕時計は、クールでとても見栄えがよいのですが、同時に腕時計の種類によっては、少しくだけた印象を与えてしまうこともあります。 一方で、白い文字盤の腕時計は落ち着いた印象を与えるため、葬式ではNGだとされている装飾品のイメージにはつながりません。したがって、葬式では白い文字盤の腕時計が無難だと言えるでしょう。
0
続きを読む

輝く女性を応援するセイコー ルキア腕時計オススメ4選

セイコーは、1995年に女性向け実用ウォッチとしてルキアを発売しました。今回は、女性が自分らしく生きることを応援するシリーズのルキアを紹介していきます。今回は、「セイコー ルキア」の中から弊社が厳選しています。この記事を読めば、輝く女性を応援するセイコー ルキアの良さが理解できると思います。 腕時計の世界が変わる セイコーの歴史とルキアの魅力 セイコー ルキアは、今を生きる女性が輝けるように開発されたシリーズです。ここでは、セイコーの歴史と女性のために作られたルキアの魅力を説明していきます。
0
続きを読む

豊富なデザインと高い耐久性!セイコープロスペックスオススメ10選

プロスペックスは、セイコーが専門家向けに開発したシリーズです。陸と水中では、求められている機能が異なるので、シリーズが細かくわかれています。「フィールドマスター」は、陸路の冒険を想定したサバイバルウォッチです。「マリーン」「ダイバースキューバ」は、水中使用を想定したダイバーズウォッチになります。今回は「フィールドマスター」「マリーン」「ダイバースキューバ」を紹介していきます。文字盤のデザインやムーブメントの違いにも注目してほしいモデルになります。 フィールドマスターとLOWERCASEのコラボモデル2選 フィールドマスターは、冒険家向けに作られたサバイバルウォッチです。タフなケースと操作しやすいボタンが特徴になっています。フィールドマスターで人気の高いモデルのひとつが、LOWERCASEとのコラボモデルです。LOWERCASEは、幅広い分野で活躍するクリエイターである梶原吉景が代表を務める事務所になります。LOWERCASEとのコラボモデルは、クラシカルなデザインに高い耐久性を兼ね備えたモデルが多くなっています。ここでは、コラボモデルの特徴と人気モデルの説明をしていきます。 View this
0
続きを読む

今注目しているダイバーズウォッチ!その魅力とは?

ダイバーズウォッチは、防水機能に優れているのはもちろん、スタイリッシュなベゼルのデザインや存在感のあるフォルムがとても人気の腕時計です。ビジネスからカジュアルまで、幅広いシーンで活躍する腕時計といえるでしょう。選ぶ際のポイントさえ押さえれば、安い価格でもおしゃれなダイバーズウォッチを手に入れることができます。そこで、おしゃれなダイバーズウォッチの選び方やおすすめのダイバーズウォッチについて紹介します。 ダイバーズウォッチとはそもそもどんな腕時計? ダイバーズウォッチとは、その名のとおり、海で働く潜水士に愛用されてきた防水性の高い時計のことです。海に潜る際の水圧は腕時計にとって大敵であり、圧力を受けるとすぐに故障してしまいます。その水圧に耐えるため、ダイバーズウォッチにはさまざまな改良がなされており、深海数百メートルに潜っても耐えられるスペックを持つものもあるほどです。その特有の重厚感や存在感は、潜水士のみならず一般人にとっても魅力的であり、長く支持される理由となっています。 ダイバーズウォッチが持つメリット 実際に海に潜るわけではなくても、あえてダイバーズウォッチを着用するメリットは、そのファッション性の高さにあります。たとえば、視認性がとても高いインデックスのデザインは、着用者にとって見やすいだけでなく、腕元で存在感を発揮しファッションのアクセントとなってくれるでしょう。ビジネスシーンだけでなくカジュアルなシーンでも、腕元の粋なおしゃれを演出してくれます。また、回転ベゼルの鋭さも魅力です。ケース自体にも厚みがあるので、着用していると重厚感を出すことができます。ダイバーズウォッチを身に付けているだけで、信頼感がアップした印象を与えるのもメリットです。
0
続きを読む

スポーツウォッチの選び方と人気おすすめ10選!

腕時計にもさまざまな種類があるため、どんなシチュエーションで使用するかによって必要な機能も違ってきます。もちろん、単純に時間だけがわかればいいというならば、普通の時計を使ってもいいでしょう。しかし、ビジネスシーンで高機能な腕時計だからといって、スポーツウォッチとして役に立つとは限らないのです。そこで、ここではランニングするときなど、運動するときに便利な機能がついたスポーツウォッチについて詳しく説明します。 まずはフィット感や機能性などをチェックすることが大切 マラソンのように本格的に走る以外に軽いウォーキングをする場合でも、あまりに重い腕時計をはめていれば腕を振るとき負担になることがあります。そのため、走ったり歩いたりするときにあまり気にならないような軽さの時計を選ぶことが大事なポイントのひとつです。また、時計やベルトの形が合わない、装着するとしっくりこないなど、自分の腕に合わないものを選ぶとストレスに感じてしまうことも考えられます。そのような状況にならないように、まずは自分の腕に合うように細かく調節できるかどうかもチェックし、フィット感を確かめることが大切です。さらに、スポーツウォッチは動きながら使うものであるため、時間が見やすい、操作しやすいという点もチェックしておいたほうがいいでしょう。 ランニング 時計は走ったり歩いたりなど、屋外でスポーツをするときに使います。ときには天気が急変して雨が降ってくるかもしれません。そのため、防水性があるかどうかも選ぶときのチェックポイントになります。防水性については汗や多少の雨くらいは大丈夫なものから、水泳をするときにも使えるようなモデルまでさまざまです。日常生活の中で気軽にウォーキングやランニングをしたいという場合や、トライアスロンに挑戦したいという場合など、目的によって適した防水性のスポーツウォッチを選ぶようにしましょう。
0
続きを読む

20代男性必見!腕時計の選び方とおすすめ10選

社会人になりはじめの20代のころは、新生活に向けてさまざまなものを購入する時期でもあります。その中でも、20代の男性は社会人の身だしなみとして腕時計を購入する人もいるでしょう。社会人として、ビジネスにふさわしい腕時計を身に着けることは大人への第一歩です。しかし、どのような腕時計をすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。この記事では、20代の腕時計の選び方や注意点、各ブランドのおすすめモデルを紹介していきます。 20代腕時計の選びポイント 1)身の丈に合った腕時計を身に着ける 20代男性の腕時計の選び方として大切なのは、身の丈に合った腕時計を身に着けることです。特に20代という年齢では、誰も持っていないようなハイブランドの高額な腕時計を身に着けて、周りと差をつけたいという人も少なくありません。たしかに、社会人になり自分で働くようになれば、学生時代には手の届かなかった高額なものを身に着けたくなる気持ちは分かります。しかし、20代でハイブランドの高額な腕時計を身に着けるのは、自分ではセンスがあると思っていても、他の人たちからは身の丈に合っていないと思われてしまいかねません。 腕時計は公私ともに外出するとき、常に身に着けるアイテムなので、客観性も考慮して選ぶことをおすすめします。では、一般的に20代男性が身に着ける腕時計としてベストな価格帯はどの程度なのでしょうか。おすすめする価格帯の目安は、予算が数万円~10万円前後で購入できる腕時計です。なぜなら、数万円~10万円前後の腕時計であれば20代男性が身に着けていても違和感がなく、知名度の高い老舗ブランドの腕時計もたくさんあるからです。
0
続きを読む

シンプルからオマージュまで「セイコー」時計オススメ10選!

セイコーは、1881年に東京都で創業しました。電池で動くクォーツ式時計や6桁表示のデジタル腕時計などを世界で初めて発売しています。 セイコーが発売しているモデルは、日付表示機能のみのシンプルなタイプから多くの機能を搭載したデジタルタイプまで様々です。 モデルの中には過去の作品に強い影響を受けたものもあります。デザインや機能が大きく異なりますので、自分の好みにあるものを選択することをオススメします。   シンプルなデザインと自動巻きが魅力的 メカニカルとプレザージュ
0
続きを読む
per page
Set Ascending Direction
To Top