おすすめの記事
おすすめハミルトン時計ランキング (男女別)2018
おすすめハミルトン時計ランキング (男女別)2018
ジャガールクルトの魅力ポイントとオススメ5選
ジャガールクルトの魅力ポイントとオススメ5選
per page
Set Ascending Direction

腕時計豆知識

大人の楽しみ!手巻き式ムーブメントを搭載した腕時計おすすめ10選!

かつて時計は、自分でゼンマイを巻く必要がありました。現在は自動でゼンマイが巻かれる自動巻きや電池で動くクォーツ式が主流になっています。手巻き式ムーブメントは、手間はかかりますが「こだわりの詰まったモデル」が多いのが特徴です。この記事を読んで手巻き式ムーブメントを搭載したモデルの魅力を楽しんでほしいと思います。 手巻き式ムーブメントとは?特徴と注意点 腕時計の動力源は、1920年代まで手巻き式ムーブメントだけでした。自動巻きやクォーツ式が主流となった今でも、手巻き式ムーブメントを採用しているモデルは多いです。手巻き式ムーブメントの腕時計は、大切に使えば長く使えます。長くつかうためには特徴をしっかり把握することが、重要なポイントになります。 ■ムーブメントは3種類 腕時計の動力源は、主にゼンマイで動く「機械式」と電池で動く「クォーツ式」の2種類です。「機械式」は、ゼンマイの巻き方によってさらに「手巻き式」「自動巻き」にわかれます。「手巻き式」は、自分でリューズを使ってゼンマイを巻かなければなりません。「自動巻き」は、腕につけている間は自動でゼンマイが巻かれます。
0
続きを読む

文字盤の重要性!時計文字盤の色で印象が変わる!

メンズやレディースを問わず、腕時計の印象は文字盤の色で決まると言っても過言ではありません。特に性別の壁を越えてブラックやホワイトの文字盤の腕時計は使われています。ホワイトの文字盤の腕時計はカジュアルなイメージがあり、どのようなファッションにも合わせることができます。その一方でブラックの文字盤の腕時計はとても落ち着いたイメージを持つことができ、ホワイトと同様にどのようなファッションにも合うことが、多くの方たちから人気を集めることができる魅力です。このように文字盤の色一つで大きく印象が変わります。そのため文字盤はとても影響力が大きい存在です。そこで、今回は腕時計の文字盤の色が与える印象を中心にご紹介して行きます。   定番の安定カラーは「ホワイト」文字盤 腕時計の文字盤にはいろいろな色がありますが、定番と言えば「ホワイト」ではないでしょうか。白は清潔感を感じさせる色であり、フォーマルシーンなどにもよく活用されています。もちろん、白いTシャツに合わせた腕時計の白の文字盤は、さわやかな印象を与えることもあり人気のカラーコーディネートです。シーンを選ばず、大抵の場面で白い文字盤は活躍できるのは最大の魅力だと言えます。また、白い文字盤は定番カラーとして、多くのメーカーが販売をしています。選ぶ幅が広いというのもホワイトカラーのメリットと言えるでしょう。 ホワイト文字盤の腕時計
0
続きを読む

シンプルさとコスパの高さが魅力!ドイツの時計ブランド3選

ドイツの時計ブランドは、シンプルなデザインが魅力のひとつです。シンプル・イズ・ベストと言われますが、もちろんそれだけではありません。今回は、ドイツの時計ブランドの中から厳選したオススメのブランドを3種類紹介します。この記事を読んで、ドイツの時計ブランドの魅力を理解してください。   シンプルで上品 ノモス グラスヒュッテ3選 ノモスは、1906年にグラスヒュッテで創業しましたが、第二次世界大戦の影響で事業閉鎖に追い込まれました。ノモス グラスヒュッテは、1992年に創業したブランドです。ノモス グラスヒュッテは、「視認性」を最も大切にしているので、必要最低限の機能が搭載されています。ここでは、シンプルで上品なデザインガ魅力的なノモス グラスヒュッテの人気モデルを紹介します。  
0
続きを読む

クォーツとは?高い精度が魅力的!クォーツ時計オススメ10選!

時計を選ぶときは、ムーブメントに注目することをオススメします。ムーブメントの種類によって、時計の扱い方や時間の精度が異なるからです。今回は、精度の高いクォーツ式ムーブメントを採用したモデルを説明していきます。国内外のブランドから弊社が厳選したクォーツ時計を紹介します。     時計の種類の疑問!クォーツ時計とは? 時計を動かすムーブメントは「機械式」と「クォーツ式」に分類されます。ここでは、クォーツ時計の特徴を中心に説明してきます。
0
続きを読む

伝統と歴史を詰め込んで スイスの時計ブランド14選!

伝統と歴史を詰め込んだ スイスの時計ブランド14選! 世界三大ブランドをはじめ、スイスには時計ブランドが数多くあります。今回は、スイスの時計ブランドの特徴を説明していきます。スイスに時計ブランドが多い理由をはじめスイス時計の魅力にせまります。この記事を読めばスイスの時計に詳しくなることができます。 スイスに時計ブランドが多い理由とは? スイスには、高級時計ブランドが数多くあります。ここでは、スイスの高級時計が作られる理由と歴史を説明していきます。 スイスで時計が作られる理由とは?
0
続きを読む

頑丈さと高い精度が大事!国内メーカーの登山時計10選!

高い耐久性と精度が重要なポイント!国内メーカーの登山時計10選 安全な登山をするには、正確な時間の把握が欠かせません。登山時計は、高い精度とどのような環境にも耐えられる耐久性が必要です。今回は、登山時計を選ぶときに注目したいポイントを説明していきます。メーカーによって機能やデザインが異なるので、この記事を読んで参考にしてください。   【登山時計を選ぶときに注目したいポイント!】 計画的な登山をするために大切なことは、時間を正確に把握することです。到着時間の予測やペースの把握に腕時計は欠かせません。登山時計を選ぶときに注目するポイントは、「耐久性」「ムーブメント」「機能」です。利用する環境によって求められる機能も異なるので注意が必要になります。
0
続きを読む

今注目しているダイバーズウォッチ!その魅力とは?

ダイバーズウォッチは、防水機能に優れているのはもちろん、スタイリッシュなベゼルのデザインや存在感のあるフォルムがとても人気の腕時計です。ビジネスからカジュアルまで、幅広いシーンで活躍する腕時計といえるでしょう。選ぶ際のポイントさえ押さえれば、安い価格でもおしゃれなダイバーズウォッチを手に入れることができます。そこで、おしゃれなダイバーズウォッチの選び方やおすすめのダイバーズウォッチについて紹介します。 ダイバーズウォッチとはそもそもどんな腕時計? ダイバーズウォッチとは、その名のとおり、海で働く潜水士に愛用されてきた防水性の高い時計のことです。海に潜る際の水圧は腕時計にとって大敵であり、圧力を受けるとすぐに故障してしまいます。その水圧に耐えるため、ダイバーズウォッチにはさまざまな改良がなされており、深海数百メートルに潜っても耐えられるスペックを持つものもあるほどです。その特有の重厚感や存在感は、潜水士のみならず一般人にとっても魅力的であり、長く支持される理由となっています。 ダイバーズウォッチが持つメリット 実際に海に潜るわけではなくても、あえてダイバーズウォッチを着用するメリットは、そのファッション性の高さにあります。たとえば、視認性がとても高いインデックスのデザインは、着用者にとって見やすいだけでなく、腕元で存在感を発揮しファッションのアクセントとなってくれるでしょう。ビジネスシーンだけでなくカジュアルなシーンでも、腕元の粋なおしゃれを演出してくれます。また、回転ベゼルの鋭さも魅力です。ケース自体にも厚みがあるので、着用していると重厚感を出すことができます。ダイバーズウォッチを身に付けているだけで、信頼感がアップした印象を与えるのもメリットです。
0
続きを読む

20代男性必見!腕時計の選び方とおすすめ10選

社会人になりはじめの20代のころは、新生活に向けてさまざまなものを購入する時期でもあります。その中でも、20代の男性は社会人の身だしなみとして腕時計を購入する人もいるでしょう。社会人として、ビジネスにふさわしい腕時計を身に着けることは大人への第一歩です。しかし、どのような腕時計をすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。この記事では、20代の腕時計の選び方や注意点、各ブランドのおすすめモデルを紹介していきます。 20代腕時計の選びポイント 1)身の丈に合った腕時計を身に着ける 20代男性の腕時計の選び方として大切なのは、身の丈に合った腕時計を身に着けることです。特に20代という年齢では、誰も持っていないようなハイブランドの高額な腕時計を身に着けて、周りと差をつけたいという人も少なくありません。たしかに、社会人になり自分で働くようになれば、学生時代には手の届かなかった高額なものを身に着けたくなる気持ちは分かります。しかし、20代でハイブランドの高額な腕時計を身に着けるのは、自分ではセンスがあると思っていても、他の人たちからは身の丈に合っていないと思われてしまいかねません。 腕時計は公私ともに外出するとき、常に身に着けるアイテムなので、客観性も考慮して選ぶことをおすすめします。では、一般的に20代男性が身に着ける腕時計としてベストな価格帯はどの程度なのでしょうか。おすすめする価格帯の目安は、予算が数万円~10万円前後で購入できる腕時計です。なぜなら、数万円~10万円前後の腕時計であれば20代男性が身に着けていても違和感がなく、知名度の高い老舗ブランドの腕時計もたくさんあるからです。
0
続きを読む
per page
Set Ascending Direction
To Top