腕時計豆知識

自分にピッタリのサイズを探そう!サイズ別に見る腕時計11選 !

自分にピッタリのサイズを探そう!サイズ別に見る腕時計11選 !
腕時計のケースの大きさは、上から見た手首の幅に対して6割~7割程度が良いといわれています。ケースサイズが良い腕時計は、存在感だけでなく時間も見やすいはずです。今回は、ケースサイズ別に人気のモデルを紹介していきます。自分の腕のサイズや利用するシーンに適した腕時計を選んでください。 ビックサイズ 45mm以上 スタンダードサイズ 40~44mm

腕時計の豆知識:クロノメーターとは?クロノメーター認定時計7選!

腕時計の豆知識:クロノメーターとは?クロノメーター認定時計7選!
高い精度が認められた時計にだけ「クロノメーター」の称号が与えられ、クロノメーターの時計は正確さを重視する世界中の多くの人に選ばれています。時計に興味がある方は一度は聞いたことがあるかもしれませんが、どんな時計がクロノメーターと呼ばれるのか、クロノメーターが時計の価値を語る上で欠かせない理由をご紹介します。これからの時計選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。   クロノメーターに関する知識のまとめ   認められた時計にだけに与えられる称号

腕時計の豆知識:クロノグラフとは?人気なクロノグラフモデル19選!

腕時計の豆知識:クロノグラフとは?人気なクロノグラフモデル19選!
腕時計にはクロノグラフを装備したものがあります。これはストップウォッチの役割があるものです。普通の腕時計と違い特殊な手順を踏むことで、クロノグラフを機能させることができます。またクロノグラフはいくつかの派生構造も作られています。ここではクロノグラフの操作方法から派生構造をいくつか紹介するので理解しておきましょう。 クロノグラフとは?   2つのボタンを使い操作できる クロノグラフはストップウォッチの役割を果たす機能です。これは使い方があるので知っておきましょう。使い方はシンプルでスタートとストップの他にリセットを操作するだけです。腕時計の本体2時の方向に専用のプッシュボタンが付属します。これを押すと時間の計測作業をスタートすることが可能です。さらにもう一度同じボタンを押すと計測がストップするシステムです。ストップ状態から再び計測をしたいときは同じボタンをもう一度押しましょう。基本的に2時の方向にあるボタン1つでスタートとストップを操作できます。

葬式の腕時計の4つのマナーと失礼の無いおすすめウォッチ4選

葬式の腕時計の4つのマナーと失礼の無いおすすめウォッチ4選
葬式の時に身につけていく腕時計に困ったことはありませんか?「葬式の時は装飾品を外さなければならない。」というのを聞いたことがある方も多いと思いますが、腕時計の場合はどうすればよいのでしょうか?今回は、そんな疑問を解消するため、葬式の時につけてもよい腕時計の種類とオススメの腕時計を紹介していきます。 知っておきたい葬式に腕時計をしていく時の4つのマナー 葬式の時には黒文字盤より白文字盤 黒い文字盤の腕時計は、クールでとても見栄えがよいのですが、同時に腕時計の種類によっては、少しくだけた印象を与えてしまうこともあります。 一方で、白い文字盤の腕時計は落ち着いた印象を与えるため、葬式ではNGだとされている装飾品のイメージにはつながりません。したがって、葬式では白い文字盤の腕時計が無難だと言えるでしょう。

ロレックス入門編:3大発明、パーツと文字盤を一挙紹介!

ロレックス入門編:3大発明、パーツと文字盤を一挙紹介!
「ロレックス」。時計と聞けば、誰もが思い浮かべる有名ブランドの一つですが、具体的にロレックスの何がそんなに特別なのかは知らないという人も多いです。ロレックスとは、ブランド名だけで売っているただの高級腕時計メーカーなのでしょうか。それとも歴史に裏づけされた、信頼できる性能がロレックスを世界的腕時計メーカーにしたのでしょうか。 今さら人に聞けない、ロレックスの凄さ ロレックスの三大発明とは? 最初に、ロレックスは1908年に創立者であるハンス・ウイルスドルフが、自社の時計販売会社に名付けた社名です。発音しやすく、記憶に残り、印字した時の美しさを考えて、ROLEXと名付けられました。腕時計の精度の高さをひたすら追求したウイルスドルフは、ここから歴史に名を残す様々な機能を開発する事になります。 腕時計が好きな人であれば「ロレックスの三大発明」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。その3つとは、オイスターケース、パーペチュアル、デイトジャストと呼ばれるものです。

時計初心者必見!有名なムーブメントメーカーを知ろう!

時計初心者必見!有名なムーブメントメーカーを知ろう!
時間を確認する必要な道具と言えば時計です。しかしそのようによく使う時計について詳しく知らない人は多いのではないでしょうか。当たり前のように身近に存在する道具だからこそ、しっかり理解しておきたいですよね。時計に触れる機械の多い人や、時計の知識に興味がある人に向けて、ムーブメントや製造会社について伝えていきます。   ムーブメントの知識まとめ   ムーブメントは大きく二つの種類に分けられる

機械式時計を取り扱う際に注意すべきポイントとは?

機械式時計を取り扱う際に注意すべきポイントとは?
機械式時計は一般的な時計と比較すると繊細な造りとなっていることが多く、その取扱いに関してもいくつかの注意点が挙げられていますよね。そのため注意点を知らずに取り扱っていると気づかないうちに壊れてしまったり、すぐに寿命になってしまうという事も少なくありません。そこで今回は、機械式時計の取扱で注意しなければいけないポイントを紹介します。 磁気を帯びているものを近くに置かない まず気を付けなければいけないポイントとして挙げられているのが、磁気を帯びたものの近くで機械式時計を保管・管理しないという点です。機械式時計を構成している部品のほとんどは金属でできているため、磁気を帯びやすいという特徴を持っています。このため磁気を帯びたものの近くに置いていると部品が磁気を帯びてしまい、誤作動を起こして正確な時間を刻むことができなくなってしまうのです。少し時間がずれてしまった場合は調整すればいいと思う人も少なくありませんが、一度帯びた磁気はなかなかとれないためどんなに調整しても誤作動を起こしやすくなることが考えられます。   本体の傷やヒビに注意する

時計はどうやって作るの?時計の歴史とその仕組みを学ぼう!

時計はどうやって作るの?時計の歴史とその仕組みを学ぼう!
昔から人間が時刻を把握するために使用してきた時計がどのような変遷を辿ってきたのか、その作り方、歴史と時計の仕組みを見ていきましょう。 日時計~人類初の時計~ 時刻を知るために最初に作られたものが日時計でした。紀元前3500年に作られたとされる日時計がエジプトで発見されていますが、日時計の起源はもっと前にあるだろうと言われています。日時計は太陽を利用しています。地面に棒を立て、太陽によってできた影の位置で時刻を把握したのが始まりでした。エジプトでは日時計から午前と午後のみならず、季節までも把握していたとされています。しかし日時計は雨や曇りなど太陽が出ない時は時刻を把握できないという欠点がありました。    
To Top