About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
ミルガウス

ロレックス ミルガウス 腕時計

ロレックスは1905年に創業した世界的に有名な腕時計メーカーです。腕時計に興味がない方でも一度は名前を聞いたことがあり、多くの人々に長年愛され続けている腕時計メーカーの一つです。防水機能が施された腕時計を世界で初めて発売していますし、様々な環境に対応できるような腕時計の開発を、常に試みているメーカーです。

そんなロレックスが開発した腕時計の中に、「ミルガウス」というものがあります。この腕時計の特徴として挙げられるのが、1000ガウスもの耐磁性が備わっているというところです。ガウスとはフランス語で「磁束密度」の事を意味し、これに1000を表す「ミル」という二つの言葉が合わさる事によってミルガウスという名前が出来ました。強力な磁場が発生する場所での使用を想定しており、放射線などを取り扱う研究者や医師、また発電所などで働く方達に向けて作られています。

値段は60~80万の価格の物がほとんどですが、磁場が発生する場所で働く人にとって役に立つ腕時計にきっとなるはずです。

Desc

3 Items

View as Grid List
per page
Desc

3 Items

View as Grid List
per page
ロレックス ピックアップモデル
更新日:

耐磁機能がすごい!白・黒・ブルーも?人気のgvロレックスミルガウス

【1950年代のニーズにこたえたロレックスミルガウス】
ロレックスミルガウスと言えば、ロレックスラインの中でも耐磁機能に優れたgvロレックスとして知られていますが、その歴史はロレックスミルガウスの誕生となる1950年代まで遡ります。当時は、人類未踏の地を冒険する冒険家や、極地へ赴く医師などにとって、耐磁機能を持つ時計のニーズが高まっていて、それを受けてロレックスが開発したのが、このロレックスミルガウスモデルでした。当時では革新的なモデルですが、実はロレックスミルガウスのモデルとなっているのは、ロレックスの中でも定番モデルのエクスプローラーと言われています。

【特殊なスペックが人気のgvロレックス】
ロレックスミルガウスの特徴は、日常ユースではなく特殊な環境でのみニーズが発生すると言われるレベルのスペックを搭載している点ではないでしょうか。防磁機能に関しては、現在でも実現することが難しいと言われている1000エルステッドを実現していて、地球上の自然界には存在しないような特殊な環境においても使用可能な腕時計という立場を確立しています。つまり、ロレックスミルガウスは特殊なニーズが必要な職業の人のために開発された、特殊なスペックを持つラインと言っても過言ではありません。
ロレックスのラインには、複数のラインで同じパーツが使われていることが多いものです。しかしロレックスミルガウスの場合には、各パーツが耐磁機能を持つミルガウス専用のものが搭載されているという特徴があります。ムーブメントや肉厚ケース、ブレスなどもすべて、耐磁機能に優れたロレックスミルガウス専用のものとなっています。

【現行モデルは白・黒のダイヤルから選択可能 ブルーは?】
ロレックスミルガウスの現行モデルは、ダイヤル部分が白と黒の2カラーがラインナップされています。2007年あたりのモデルの中には、イナズマ針がオレンジ色になったり、ディスク部分がブルーになったりとバリエーションが豊富な時期があったものの、現在ではスポーツテイストを混ぜながら都会的でスタイリッシュなデザインにまとめられている点が特徴です。素材はステンレススチールですが、スペックがプロ仕様のため、価格面では少し高めの設定になっている点が特徴です。

シンプルなスタイルからは想像できないほど特殊なプロ仕様の機能を搭載しているロレックスミルガウスは、より本格的な耐磁機能を持つ1本が欲しいユーザーにおすすめです。





ロレックスミルガウスについての豆知識

高級時計ブランドの代名詞的存在として名高いロレックスですが、よく見かけるデイトジャストの他にもミルガウスというモデルなども販売されています。今回はこのミルガウスというモデルの特徴や魅力を紹介していきます。一般的なデザインにはない個性を追求したいという方には、もしかするとミルガウスはドハマリするかもしれません。

ミルガウスとは?

9ロレックスはウォッチメーカーの名称でありながら、あまりにも高いブランド力がすっかり浸透しているため、「ロレックス持ってるよ」というような使われ方をされることもよくあることですよね。そんなときにイメージされるのは当然よく見かける一般的なデザインのものです。具体的にはデイトジャストなどがそれに当てはまります。 対してミルガウスはロレックスのモデルの中でも変化球気味の個性を持っています。というのも初登場が1956年にまでさかのぼるのですが、そのときのモデルコンセプトは医師や科学者を対象としたものだったのです。ミルガウスは耐磁時計として世に送り出されました。

ミルガウスの歴史

耐磁時計というちょっと変わったモデルコンセプトを持っているミルガウスでしたが、登場してからおよそ30年後の1988年あたりにいったん生産は中止されます。しかし逆にそれがレアウォッチとして注目を集める結果となり、生産が中止されている間はヴィンテージマニアの間で高値で取引されていました。そのような時期を経て2007年に復活を果たし、その後もモデルチェンジを重ねながら独自の人気を獲得し続けています。

デイトジャストとの違いは?

ロレックスイコールデイトジャストというくらいにイメージが浸透していますが、逆にそれがミルガウスを引き立たせてくれる要因にもなっています。両モデルはデザイン面も明らかに違っていて、デイトジャストが王道シンプル路線であるならばミルガウスは個性的なヴィンテージ風路線といった具合でしょう。もちろんミルガウスは耐磁時計ですから「磁力にさらされても耐えられる範囲が大きい」という少し変わった機能性も備えています。

ミルガウスの魅力

ミルガウスの大きな魅力は「同じロレックスなのか?」と思ってしまうほどの個性を、長年の歴史の中で失うことなく保ち続けてきた点ではないでしょうか。時計愛好家としては一般的に人気の高いモデルよりも、自分の感性にマッチしたオリジナリティの強いモデルに惹かれることでしょう。そんな愛好家の心もくすぐってくれるのがまさにミルガウスです。初めて知ったという方もそうでない方も、改めてミルガウスの持つ魅力に注目されてみてはどうでしょう。

To Top