About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
パールマスター

ロレックス パールマスター 腕時計

腕時計のトップブランドとして知られるロレックスの中で、1992年に発表されたパールマスターは最高級のジュエリーウォッチとして女性ファンから熱烈な支持を集めています。ブレスレットタイプの腕時計で、イエローゴールドやエバーローズゴールド、ホワイトゴールドの金無垢素材にダイヤモンドをはじめエメラルドやサファイア、ルビーなどの宝石を贅沢にセッティングした逸品です。また、素材の豪華さばかりではなくエレガントな曲線を描く卓越したデザイン性、見る者の目を釘付けにするインパクトも大きな魅力です。

パールマスターは優れたプロポーションやきらびやかな貴金属の美しさだけではなく、ロレックスが培ってきた技術の粋が込められていますので、実用性や機能面から見ても安心して長く使い続けることができます。中古市場でもほとんど値段が下がらず、資産価値が持続するのもロレックスの大きな特徴です。パールマスターも中古市場では高値で売買されています。

検索結果はありません。

ロレックス パールマスターの歴史

ロレックスはスポーツマンや冒険者の特別集団向けに時計をデザインして制作することで知られています。一例 このタイプの時計は、ロレックスGMTマスターの腕時計です。飛行産業が1940年代から1950年代にかけて飛躍を始めたとき、パイロットは長距離飛行を開始しました。もともとPan Am Airwaysと共同で設計されたRolex GMTマスターは、Pan AMのために最初に作成され、長距離飛行で乗組員に発行されました。時計の重要な特徴は、着用者が異なる時間を同時に指示できることであった。

オリジナルのGMTマスターウォッチは、標準の12時間針と同じタイムゾーンに直接リンクして表示する24時間表示の第4手の合併症を有しています。 GMTハンドを使用すると、着用者はGMTまたは他のタイムゾーンの時間をメインタイムビューに設定し、回転可能な24時間スケールのベゼルを第2のタイムゾーンに設定できます。 GMTという名前はグリニッジ標準時から派生したものです。グリニッジ標準時は、協定世界時とも呼ばれ、航空計画、天気予報、スケジュールに必要なタイムゾーンです。

最初のGMTマスターモデルはrefを出しました。 6542であり、通常のTurn-O-Graph refであった。それは1954-1959年に製造されたもので、最大50メートル(165フィート)までの耐圧性がありました。最初のバージョンのref。 6542は、光るベークライトベゼル挿入部を有していた。しかし、このベゼルはすぐにひどくひび割れたので、容認できないとすぐに証明されました。最初のGMTマスターは、1964年にJames BondのGoldfingerの映画「Pussy Galore」(女優のHonor Blackman)が愛用していたように、「Pussy Galore」という愛称で呼ばれています。

GMTマスター1675は1959年に導入され、1980年まで生産されました。1964年までは口径1575のキャリバー1565を採用しました。1971年にハッキングが侵入しました。 1675は50メートル(165フィート)までの圧力に対する抵抗を約束しました。しかし、元のモデルとは異なり、新しいモデルはクラウンガードと新しいダイヤル刻印を特色にしていました。 "Superlative Chronometer Official Certified"と呼ばれていました。また、1675年には革、牡蠣、ジュビリーブレスレットスチールとゴールドバージョン、またオイスターやジュビリーのブレスレットが特徴です。

新しいバージョン、ref。 16750は、1981年から1988年に導入され、生産されました。新しいキャリバー3075、ハッキングオプション、クイックセットが特徴です。前任者とは違って、ref。 16750は耐圧性を高め、100m(330フィート)までの耐圧を保証します。新モデルでは、非常にまれなホワイトゴールドのインデックスなしのマット仕上げと、ホワイトゴールドのインデックス付きの光沢のあるバージョンを含む、ダイヤルの2種類のバリエーションも提供しました。サービス中、多くのマットダイヤルが光沢のあるダイヤルに置き換えられ、その希少性につながりました。

1983年に、ロレックスGMTマスターII ref。 16760がリリースされました。この新しいモデルにもかかわらず、元のGMTマスター(変更あり)の生産は1990年代後半まで続いた。外では、GMTマスターの2つのバージョンはほぼ同じに見えます。しかし、彼らの最大の違いはその中にあります。新しいGMTマスターIIは、秒針を止めたり、分針や24時間GMT手を邪魔したりすることなく、現地時間に調整できる独立して調整可能なクイックセット時針の追加機能を備えた動きを利用しています。 GMTマスターIIの新バージョンには回転式ベゼル機能も含まれているため、着用者は簡単に3番目のタイムゾーン参照を追加できます。元のGMTマスターIIは、そのケースが元のGMTマスターよりも厚いため、「ファット・レディ」という愛称で呼ばれています。大規模なケースにもかかわらず、GMTマスターIIは非常に審美的に魅力的です。ホワイトゴールドの境界線とサファイアクリスタルを特徴とする最初のGMTです。スチール製のみで、ベゼルにさまざまな色調を提供し、新しい赤色と黒色の組み合わせが特徴です。

GMTマスターIIのリリースにもかかわらず、元のGMTマスターの新しいモデルの生産は続けられました。 1988年から1999年まで、GMTマスター16700を作製した。 ref。 16700がrefを置き換えました。 GMTマスターの新しいモデルは、キャリバー3175を搭載しており、非独立型の時針を維持しています。

2005年、ロレックスは、ロレックスGMTマスターIIの最新バージョンをリリースしました。新しいモデルには、いくつかの技術的な変更があります。ロレックスは、他のデザインの技術を駆使して、もともとダイバーズウォッチに登場したトリプロックの大きなクラウンを追加しました。ロレックスは特許を取得したParachromのヘアスプリングを利用していました。審美的に、新しいモデルは少し変わった。より大きなケースと手と時間マーカーの新しいデザインが特徴で、GMTマスターIIには新鮮で新しい外観が与えられました。新しいベゼルは、非常に硬いセラミック材料で作られており、より傷つきにくく、色あせにくいように設計されています。ブレスレットのスタイルも変わり、ステンレススチールと貴金属を組み合わせました。





ロレックスパールマスターについての豆知識

ロレックスは1905年に設立された高級時計メーカーです。創業地はイギリスでしたがのちに拠点をスイスに移しました。防水性に優れたオイスターケースや自動巻き機構など現在の時計でも使われている技術を次々と開発し世界の時計メーカーに大きな影響を与えました。パールマスターはロレックスの中でも最高級のジュエリーウォッチであり、その美しさは多くの人を魅了してきました。

ロレックスパールマスターの魅力に迫る

ロレックスパールマスターは性能面で見ても優れていますが、一番の魅力はなんといってもその輝きにあります。使われている素材がイエローゴールド、エバーローズゴールド、ホワイトゴールドという金素材を使っており、時計というよりもブレスレットと呼ぶにふさわしい輝きを放ちます。一般的に金は柔らかいため腕時計の素材に用いることは稀ですが、ロレックスの技術がそれを可能にしました。パールマスターが初めて発表されたのは1992年で宝石を豪華にあしらったデザインはそれまでにないものでした。

パールマスターの手入れ方法

パールマスターをいつまでも輝かせるためには毎日の手入れが欠かせません。特にパールマスターに使われている宝石類にとって皮脂汚れは天敵です。放っておくと宝石の輝きがくすむだけではなく時計本体に腐食が進んでしまう場合もあります。とはいえ、メンテナンス方法は簡単で使用した後に汚れをふき取る程度です。その際に使うクロスはセーム皮製のものや専用のものを選ぶようにしましょう。普通のタオルを使ってしまうと繊維がケースの突起部分に引っかかり、最悪宝石が外れてしまう可能性もあります。

シリアルナンバーを確認しよう

ロレックスの時計にはシリアルナンバーが刻まれていることはご存じでしょうか?同型の時計に付与されている形式番号とは違いシリアルナンバーは時計ごとに違う世界で一つだけの番号です。この番号を覚えておくと万が一盗難などの被害にあったときに自分の時計であることを証明することが出来るので覚えておくと良いでしょう。シリアルナンバーは時計のブレスレットを外したときにあらわれるカバーの側面部分に刻まれていることが多いです。時計によって細かな違いがあるので説明書などで確認しておきましょう。

気を付けたい操作方法

ロレックスパールマスターにも搭載されているカレンダー機能ですがこの機能を操作する場合には知っておきたいタブーがあります。それは決まった時間帯での操作は厳禁ということです。時計のカレンダーは午後9時ごろから午前4時ごろにかけて日送り車という歯車を作動させて変わっていきます。この時間帯にカレンダーを操作しようとすると歯車に負担がかかってしまって故障の原因になる可能性があるので避けたほうが無難です。もしその時間帯に操作がしたい場合は、一度時計の時刻をずらしカレンダーの操作が終わった後で時刻を合わせる方法を選びましょう。

To Top