About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
スカイドゥエラー

ロレックス スカイドゥエラー 腕時計

ロレックスは1905年に創業した、スイスの時計メーカーです。現代に生きる多くの人ならば何度も耳にしたことがある、有名な時計ブランドでしょう。そんなロレックスは、2012年に洗練されたデザインと優れた機能を搭載する、スカイドゥエラーというモデルを発表しています。腕時計の性能向上に多大な功績を遺したロレックスの技術力は、スカイドゥエラーにも活用されています。この時計は一般の人が装着することを目的としたものではなく、世界をまたいで活動する会社員や、様々な国を訪れる旅行者のために作られたものです。最大の特徴は、第2時刻を示すGMT機能を備えた24時間表示ディスクでしょう。ホームタイムやローカルタイム、複数の時間帯を表示できるため、装着者が各国の時間のずれに悩まされる事が少なくなるというメリットがあります。また時計にはカレンダー機能が搭載されているため、月日の確認も簡単に行えるところが魅力です。時計の外装には、高い防水性と耐久性を誇るオイスターケースが採用されているので、様々な環境で身につけていても長持ちします。

Desc

24 Items

View as Grid List
per page
Desc

24 Items

View as Grid List
per page
ロレックス ランキング
集計期間:

ステンレスが魅力の「ロレックススカイドゥエラー」複雑時計でも使い方はシンプル!

【ロレックススカイドゥエラーの歴史】
古代ギリシャの天文現象にインスピレーションを受けて開発されたロレックススカイドゥエラーは、2012年に初代モデルが誕生しました。他のモデルと比較すると、歴史的にはそれほど長くはないものの、2014年には3つの新しいモデルが加わり、多種多様なラインナップとなりました。ロレックスのラインの中には、ステンレス製や金、プラチナとステンレスのコンビなど素材面で実用性が高いものからゴージャス感の高いものまで幅広くありますが、ロレックススカイドゥエラーにおいてはステンレス製などがあったものの、2018年現在では金無垢モデルのみとなっています。

【複雑なデザインが魅力のステンレスモデル】
ロレックススカイドゥエラーの特徴の一つに、サロスシステムと呼ばれている年次カレンダーが搭載されている点があります。これはロレックスが独自に開発した機能で、カレンダーという複雑極まりないと予想される機能をシンプルにまとめ上げているのが魅力です。こうした複雑な機能を持つ腕時計は他のブランドからもラインナップされていますが、ロレックスのように複雑な構造を持ちながらも高いメンテナンス性や堅牢性を維持しているブランドはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。
ロレックススカイドゥエラーのように複雑な構造をしている時計だと、使い方が分からないと不安になってしまうユーザーは少なくありません。しかし、使い方はいたってシンプルで、ベゼルディスクとリューズ、そして歯車の連動によって日付や時刻、タイムゾーンの変更ができる仕組みとなっています。また、インデックス外周の小窓の色によって月が表されていて、スタイリッシュで洗練されたデザインの中にもたくさんの情報が詰まっている点が魅力と言えます。

【14の特許技術が搭載 でも使い方は簡単】
ロレックススカイドゥエラーには、ロレックスが取得した14の特許技術が使われているという特徴があります。複雑時計という分野を時計業界に切り開いたロレックスは、完全自社開発を目指していて、その過程においてはこれまでに多種多様な特許を取得してきました。それらをふんだんに取り入れたのが、ロレックススカイドゥエラーなのです。

ヨットマスターライン以来のシリーズとなったロレックススカイドゥエラーは、当店でも数多く取り扱っております。ぜひ一度当店までお越しくださいませ!





ロレックス スカイドゥエラーについての豆知識

ロレックスのスカイドゥエラーについて詳しく知りたいという人に向けて、様々な情報を紹介します。スカイドゥエラーのメリットや、ロレックスの中でどんな扱いになっているのかを伝えていくので、興味がある人は参考にしてください。高級時計の思わぬ一面や、豆知識なども知る事ができます。スカイドゥエラーを愛用している人や、購入を検討している人なども、目を通してみてはどうでしょうか。

スカイドゥエラーの登場

スカイドゥエラーは2012年にロレックスから登場した、スポーツモデルの時計です。これまでになかった、複雑機構が搭載された時計の発表という事で、登場時は多くの人の注目を集めました。2007年のスポーツモデルから5年を経てからの同じモデルの登場や、複雑機構が搭載された時計が登場という事で、大きく話題になりました。

スカイドゥエラーはロレックスの中は珍しい時計

ロレックスでの時計の製造は、実用性の高い時計がほとんどであり、複雑機構のついた時計が生産される事はあまりありませんでした。複雑機構の時計は、使いこなすためには一定の知識が必要となりますし、利用する環境も限られてきます。しかし、そのような機能が搭載されたスカイドゥエラーという時計が登場したため、ロレックス時計の中では異例となり、人目を集める事に繋がったのです。

スカイドゥエラーの機能

大注目の中で世の中に出る事になったスカイドゥエラーですが、主な機能はGMT機能とアニュアルカレンダー機能の二つとなります。GMT機能は二つの地域の時刻が分かるものであり、今いる場所の時間と離れた場所の時間を同時に知りたいという人に、便利な機能となります。アニュアルカレンダー機能は、日付のズレを最小限におさえる事が出来るカレンダーの機能で、今日が何月何日なのかを確認したいという人に便利な機能でしょう。どちらも世界中を旅行する人や、様々な国でビジネスをする人には、重宝される機能となります。

スカイドゥエラーの良さ

その他のロレックス時計から見れば、スカイドゥエラーは実用面で一歩劣っていると言われる事が多いです。というのは、複雑機構を多数搭載している時計は、機能性が低いと考えられている点が原因となります。普段の生活で使用する分には、GMT機能やカレンダー機能などは必要とされない事がほとんどであるためでしょう。その他、複雑機構搭載の時計には、視認性が下がりやすいと言うデメリットもあります。しかし、スカイドゥエラーの時計は工夫され、文字盤の視認性が損なわれにくくなっています。文字盤上にある窓の数は最低限であり、多数のな数字が存在していることがないため、ぱっと見た時に時計本来の役割を発揮しやすくなっています。他の複雑機構搭載の時計と比べて見やすさが損なわれていない所が、スカイドゥエラーの重要なメリットとなります。

To Top