About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
シードゥエラー

ロレックス シードゥエラー 腕時計

高級腕時計としてとても有名なロレックスの中でもロレックスシードゥエラーは、価値ある一品ですよね。現行のモデルで1220mの防水性を誇っています。ここまで防水にこだわる必要があるのかと感じる人もいるかもしれませんが、これらロレックスのこだわりなのです。

さて、シードゥエラーは海の居住者という名称を持っていますが、過去を遡っていくと誕生したのが1967年になります。一番の魅力は防水性の高さでしょう。普段の生活の中では、ここまでの防水性は必要ないわけですが、深海ダイビングの時につけていても、全く問題ないのがこのシードゥエラーです。もちろん、深海ダイビングでは手放すことのできないアイテムですが、ビジネスシーンでも活躍しているのがシードゥエラーです。

とてもお洒落であり、重厚感のある腕時計ですから、ビジネスマンがこれを一本身に着けておくことで、周囲からはできる人間と思われても、全く不思議ではありません。一生に一度は身に着けておきたいものですね。

Desc

6 Items

View as Grid List
per page
Desc

6 Items

View as Grid List
per page

深海対応で機能的なロレックスシードゥエラー

【ロレックスシードゥエラーの歴史とは?】
ロレックスシードゥエラーの歴史は、1953年にまでさかのぼります。このモデルは世界初のダイバーズウォッチとして開発されたロレックスサブマリーナの上位機種のため、サブマリーナの後に開発が始まったと考える人は多いようです。しかし実際には、ロレックスシードゥエラーは独自の研究開発がすすめられてきた機種で、サブマリーナよりも高度な機能が多数搭載されています。 シードゥエラーの開発が始まった当時は、ロレックスは深海潜水艦との共同開発を行っており、深海における水圧にも耐えられるディープシー・スペシャルの研究開発を進めていました。その研究に成功したのちにロレックスがフランスの潜水専門会社のコメックス社と共同開発して誕生したのが、ロレックスシードゥエラー初代モデルとなるRef1665でした。

【優秀な機能を多数搭載しているロレックスシードゥエラーの特徴とは?】
ロレックスでは、シードゥエラー以外にもサブマリーナというダイバーズウォッチがラインナップされていますが、ロレックスシードゥエラーはサブマリーナの上位機種で、サブマリーナと機能面で大きな違いがあります。例えばシードゥエラーの方がより深度の深い水中にも対応しているという特徴があるほか、ケースサイドにヘリウムガスエスケープバルブが搭載されている点も注目したい部分でしょう。この機能を使うことによって、飽和潜水時には自動的にヘリウムガスを排出することができるという実用的な特徴を持っているのです。ロレックスシードゥエラーはモデルチェンジを繰り返しながら、これまでにたくさんのモデルが開発されてきました。その中にはレアなレイル文字盤や赤シード、COMEXなどのヴィンテージアイテムもあり、コレクターたちにとっては喉から手が出るほど欲しくてもなかなか手に入らないアイテムとして高額取引対象商品となっています。

【優秀な機能を多数搭載しているロレックスシードゥエラーの特徴とは?】
人気が高いRef16600モデルとRef126600モデル ロレックスシードゥエラーはこれまでにモデルチェンジをしながら進化してきましたが、その中でも特に人気が高いのは、1990年あたりに誕生して2008年まで生産されていたRef16600モデルと、現行モデルとなるRef126600モデルです。この2つのモデルは、どちらも安定性とメンテナンス性に優れているモデルで、細部までこだわりぬいている点が特徴となっています。また現行モデルとなるRef126600モデルでは、これまでよりもさらに深度をアップさせると同時に、操作性やデザイン性も高くなっています。

深海へのダイビングに挑戦するダイバーはもちろん、サブマリーナの上級機種としても人気のロレックスシードゥエラーは、日常ユースとしてもスタイリッシュな腕時計として人気があります。モデルの中には希少価値や人気が高く、コレクターズアイテムとしても価値がつきやすいという商品もあります。





ロレックス シードゥエラーについての豆知識

ロレックスのシードゥエラーは1967年にリリースされて以降不動の人気を誇るダイバーズウォッチです。圧倒的なボリューム感とハイスペックな機能が搭載されているのが大きな魅力で、プロ仕様の腕時計として知られています。このコラムでは、シードゥエラーの特徴や、同じダイバーズウォッチであるサブマリーナと何が違うのかなどを紹介します。

シードゥエラーとサブマリーナは見た目がほぼ同じ

ロレックスのダイバーズウォッチと言えばサブマリーナとイメージする人も少なくはありませんが、シードゥエラーはサブマリーナを超えたハイスペックモデルです。とは言え一見してシードゥエラーとサブマリーナの外観に違いは感じられません。なぜならシードゥエラーは元々サブマリーナを進化させたバリエーションモデルだからです。何が違うのかと言えば、深海へのダイビングにも適応した機能を搭載したシードゥエラーの特徴や魅力と言えます。

サブマリーナの風防が吹き飛んだ?事故がきっかけで作られたモデル

シードゥエラーが生産されるきっかけとなったのが、フランスの潜水専門会社で起きた潜水中のトラブルでした。この時、ダイバーはサブマリーナを装備していましたが飽和潜水の際に風防ガラスが外れたのです。ロレックスは深度圧をコントロールするためのヘリウムガスが水圧の変化で膨張するのを抑制するバルブを開発し、大深度潜水に耐えられるシードゥエラーを生産しました。

驚異的な水深に耐えられるシードゥエラー

シードゥエラーはケースの厚みがほかにはないボリューム感で、高防水を維持するために水圧が高くなる程に密封する力が強くなる機能を搭載しています。このため、アイテムそのものの重量が一般的な腕時計よりも重い傾向があり、見た目や使用感ともに日常使いには不向きです。誕生当時のシードゥエラーが持つ防水性能は610mでしたが、発売以降1220mや3900mまでの防水に対応するモデルがリリースされています。この防水性能は最低でもサブマリーナと4倍ほどの違いがあるのです。

進化が見られるシードゥエラーのモデル

デイト機能が搭載されたモデルはロレックスの腕時計で多く見られますが、シードゥエラーのカレンダーには見やすくするためのサイクロップレンズが搭載されていませんでした。レンズ部分に水圧がかかりやすいため風防ガラスが破損する可能性があったためです。しかし、Ref.126600の発売以降サイクロップレンズが搭載されています。また、2008年に生まれたシードゥエラー・ディープシーはサブマリーナと一線を画したモデルとして初登場しました。風防のデザインやケースのサイズが異なるなどデザイン面で差別化を図っています。スポーツウォッチの台頭でシードゥエラー人気は高まっていますが、近年ではビッグサイズの時計を好む通常ユーザーから多く支持されているのです。

To Top