Fake Warning
The Watch Company 公式ツイッター フォローをお願いします!
The Watch Company 公式インスタスラム フォローお願いします!
シードゥエラー

シードゥエラーディープシーは最高レベルとなる3900mもの防水性能を対応。ロレックスの中ではハイテクダイバーズウォッチとも言われております。

Desc

6 Items

View as Grid List
per page
Desc

6 Items

View as Grid List
per page

深海対応で機能的なロレックスシードゥエラー

【ロレックスシードゥエラーの歴史とは?】
ロレックスシードゥエラーの歴史は、1953年にまでさかのぼります。このモデルは世界初のダイバーズウォッチとして開発されたロレックスサブマリーナの上位機種のため、サブマリーナの後に開発が始まったと考える人は多いようです。しかし実際には、ロレックスシードゥエラーは独自の研究開発がすすめられてきた機種で、サブマリーナよりも高度な機能が多数搭載されています。 シードゥエラーの開発が始まった当時は、ロレックスは深海潜水艦との共同開発を行っており、深海における水圧にも耐えられるディープシー・スペシャルの研究開発を進めていました。その研究に成功したのちにロレックスがフランスの潜水専門会社のコメックス社と共同開発して誕生したのが、ロレックスシードゥエラー初代モデルとなるRef1665でした。

【優秀な機能を多数搭載しているロレックスシードゥエラーの特徴とは?】
ロレックスでは、シードゥエラー以外にもサブマリーナというダイバーズウォッチがラインナップされていますが、ロレックスシードゥエラーはサブマリーナの上位機種で、サブマリーナと機能面で大きな違いがあります。例えばシードゥエラーの方がより深度の深い水中にも対応しているという特徴があるほか、ケースサイドにヘリウムガスエスケープバルブが搭載されている点も注目したい部分でしょう。この機能を使うことによって、飽和潜水時には自動的にヘリウムガスを排出することができるという実用的な特徴を持っているのです。ロレックスシードゥエラーはモデルチェンジを繰り返しながら、これまでにたくさんのモデルが開発されてきました。その中にはレアなレイル文字盤や赤シード、COMEXなどのヴィンテージアイテムもあり、コレクターたちにとっては喉から手が出るほど欲しくてもなかなか手に入らないアイテムとして高額取引対象商品となっています。

【優秀な機能を多数搭載しているロレックスシードゥエラーの特徴とは?】
人気が高いRef16600モデルとRef126600モデル ロレックスシードゥエラーはこれまでにモデルチェンジをしながら進化してきましたが、その中でも特に人気が高いのは、1990年あたりに誕生して2008年まで生産されていたRef16600モデルと、現行モデルとなるRef126600モデルです。この2つのモデルは、どちらも安定性とメンテナンス性に優れているモデルで、細部までこだわりぬいている点が特徴となっています。また現行モデルとなるRef126600モデルでは、これまでよりもさらに深度をアップさせると同時に、操作性やデザイン性も高くなっています。

深海へのダイビングに挑戦するダイバーはもちろん、サブマリーナの上級機種としても人気のロレックスシードゥエラーは、日常ユースとしてもスタイリッシュな腕時計として人気があります。モデルの中には希少価値や人気が高く、コレクターズアイテムとしても価値がつきやすいという商品もあります。





ロレックスについての豆知識

ロレックスは、1908年の創業以来、腕時計業界に様々な画期的な技術的な革命をもたらし、今なお進化を続けています。 日本においても機械式時計として人気の高いロレックスは、熟練の技術者たちの高い技術力に支えられた機能美や信頼性は、 他のブランドにはない、価値があります。

ステンレススチール

904L stainless steel

ムーブメント供給

他社には一切部品やムーブメントを提供しないロレックスです。唯一ムーブメントを供給していたブランドが、パネライです。

王冠マーク

ロレックスの象徴となっている王冠マークの意味は時計職人の手とも言われています。

ROLEXの語源

ROLEXの公式見解は発表されないのでいまだに特定はできません。

To Top