About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
The Watch Company 公式ツイッター フォローをお願いします!
The Watch Company 公式インスタスラム フォローお願いします!
パネライ

パネライ 腕時計

1860年にジョヴァンニ・パネライがフィレンツェに”オフィチーネ・パネライ”を設立すると共に初の時計学校を誕生させます。もともとはイタリア海軍のための時計メーカーとしてスタートし、軍事用のダイバーズウォッチを作っていました。代表的なモデルはルミノール,サブマーシブル,ラジオミール,ルミノール1950などがあります。

パネライは言うまでもなく高級腕時計であり、メンズ腕時計としてもかなり高い人気を誇っています。イタリア海軍の特殊潜水部隊「フロッグマン」の装備品となり、数々のミッションを成功させたとも言われています。こういったエピソードもパネライの魅力につながっているのでしょう。特に、男性にとってはたまらないエピソードです。パネライと言えば、一目でわかるクッションフォルムも魅力のひとつとなっています。優秀さをうかがわせるエピソードに可愛らしいフォルムというそのギャップに惹かれるという方も多いでしょう。現在でも「デカ厚」を好む方は多いでしょうが、その「デカ厚」ブームを作り出したのもパネライだと言われています。

Desc

9 Items

View as Grid List
per page
Desc

9 Items

View as Grid List
per page
パネライ のその他の商品

元海軍向け腕時計のパネライ

【腕時計ブランド・パネライの歴史】
腕時計ブランド・パネライは、1860年にイタリアのフィレンツェで、ジョヴァンニ・パネライによって設立されます。イタリア海軍とのパイプがあったパネライは、主にイタリア海軍向けに様々な精密機器や腕時計の開発を行っていくことになります。
海軍と関係の深かったメーカーのため、長らく門外不出となっていたものの、90年代前半に米ソの冷戦が終結したことをきっかけに、一般市場に向けても腕時計を発売するようになっていきます。

【パネライの時計の特徴】
パネライの時計は、元々、海軍向けに開発されていたため、精度の高さと頑丈さが最大の売りとなっています。高い耐久性を持ちながらも、その内部構造は非常に緻密に作られている点が、パネライが評価されている要因の一つと言うことができます。
パネライの時計は視認性の高さを重視しているため、余計な装飾がついておらず、非常に見やすいデザインとなっています。文字盤の部分が非常にシンプルで、とても見やすく作られています。
パネライの時計は実用性を第一に作られているため、デザインはシンプルでやや無骨さを感じさせるものが多いのも特徴です。サイズも40mmを切った38mmのものが登場していますが、基本的には、大きめのものが主流です。華やかなデザインが多いブランド時計の中でも、硬派な印象を強く受けるデザインが多いのが、パネライの特徴の一つと言えるでしょう。

【パネライの定番モデル】
パネライには、ラジオミールとルミノールという2つの定番モデルが存在します。ルミノールは、マリーナやサブマーシブル、ルミノール1950など定番のラインナップがいくつかありますが、ラジオミールとの大きな違いは、リューズプロテクターがついているかどうかです。
時間調整のリューズをガードするリューズプロテクターがついているルミノールは、デザイン的にややカジュアルな場面に適しており、逆に、ラジオミールはややフォーマルな場面にあったモデルと言うことができるでしょう。

パネライは、実用性を重視した硬派なブランドですので、人によって合う合わないがハッキリと別れるブランドと言うことができます。
人気モデルであるルミノールやラジオミール以外にもいろいろなラインナップがありますが、定番はこの2つのモデルですので、パネライの時計を選ぶなら、ルミノールとラジオミールのデザインが自分に合うかどうかで決めると良いでしょう。





パネライについての豆知識

ラジオミール

イタリア海軍の納入業者だったパネライは、発光する夜光塗料を開発する。これが『ラジオミール』の由来である。

民間向け時計

1860年”スイス時計店”としてその歴史をスタートさせたパネライだが、意外にも初めて民間向けに時計をリリースしたのは1993年。理由は軍事専門の精密機器メーカーであったパネライが、東西冷戦の終結により業績が悪化した為である。

刻印

1950ケースの”REG.T.M.”は特許の意味。

幻のクロノグラフ

1943年、イタリア海軍向けに開発されたが製品化される事はなかったが、1990年代後半にその復刻版としてPAM00006、PAM00007、PAM00008が発売された。

To Top