About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
The Watch Company 公式ツイッター フォローをお願いします!
The Watch Company 公式インスタスラム フォローお願いします!
ルミノール

パネライ ルミノール 腕時計

パネライは、世界中に愛用者がいる高級時計ブランドとして有名です。その人気を支えているのは、シーンを選ぶことなく使える外装の良さもさることながら、耐水性や耐衝撃性などの面にも優れている点が挙げられます。そもそも、パネライの歴史は、1936年にイタリア海軍向けに作られたということから始まります。当時の製品については、現在のパネライ製品とは全く異なるものとなりますが、重厚感やゴージャス感といった一面を持ち合わせていました。それ以来、試行錯誤を重ねてヒットシリーズを出し続けてきたのも、パネライブランドの強みといえるでしょう。ルミノールシリーズは、パネライブランドでもトップレベルの人気を誇ります。人気の秘密は、腕時計本来の役目も果たしながら、ファッションアイテムとしても申し分ない点です。カジュアルからフォーマルまで、ありとあらゆるファッションにマッチすると評判を集めます。性別や年代を問うことなく愛され続けることにも納得できます。

Desc

7 Items

View as Grid List
per page
パネライ ルミノール Manual-winding Dial Watch PAM00005

パネライ

ルミノール

PAM00005
再入荷
¥481,991 (税込)

ルミノール マリーナ PAM00005 Ø44mm

  • 中古
パネライ ルミノール 自動巻き Dial Watch PAM00104
  • 中古
パネライ ルミノール 自動巻き Dial Watch PAM00088

パネライ

ルミノール

PAM00088
再入荷
¥545,001 (税込)

PAM00088

  • 中古
Desc

7 Items

View as Grid List
per page
パネライ のその他の商品

パネライルミノールについての豆知識

抜群の存在感と力強いデザインで目を引くパネライの腕時計。第二次世界大戦中にイタリアの特殊潜水部隊のために開発された腕時計で、その重厚感から人気を集めています。パネライの腕時計にはラジオミールとルミノールの2種があり、特にルミノールには豊富な種類があるのが特徴です。そこでパネライの腕時計であるルミノールの基本情報や魅力について解説します。

普段使いが出来る腕時計として開発された腕時計

パネライは創業当時から実用性の高い腕時計作りに取り組んできましたが、より生活にフィットするようにと開発されたのがルミノールです。様々な人の立場になって物事を考え、市場調査などをして色々な人達に買って貰えるように計算されています。出来るだけシンプルなデザインにし、使い込むうちに味が出るように考えられているのは他の腕時計と違うところです。

ケース素材

パネライルミノールのケース素材が選べるのも魅力で、ステンレスやブラックケース、チタンやゴールドケースから好きなものが選べます。ステンレスは腕時計のケース素材の定番で、価格も安いです。ブラックケースはスタイリッシュ印象になり、チタンは軽量で腕に負担を掛けません。ゴールドケースは華やかな印象になり、高級感が出ます。

左利き用の商品が充実

高級ブランドの腕時計には珍しい、パネライの左利き用の商品が充実しているのも魅力です。腕時計は基本的に右利き用に開発されるのが一般的ですが、パネライルミノールシリーズは左利き用にリューズが逆に装着されています。快適にリューズの操作ができ、仕事などの作業をするときにも邪魔にならないです。また生産量も少ないので希少価値が高く、コレクターにも人気があるので、付けているとちょっとした自慢になるかもしれません。

サイズ感にも注目

パネライルミノールを選ぶときには、サイズ感をチェックすることも大切です。パネライルミノールシリーズは基本的にサイズが大きめで、40ミリから47ミリまであります。スタンダードなサイズは44ミリですが、自分の体格や身長に合わせて選ぶのがポイントです。細身の人は小さいサイズのものを、身長があるなら大きめのサイズにするなど腕時計と体型のバランスを見て選ぶことがポイントです。

パネライ ルミノールについて

【パネライ ルミノールの歴史】
1936年、イタリア海軍から依頼されてラジオミールが試作されました。その後、原材料をトリチウムとした化合物を発光文字盤の塗料として開発しました。それが特許を取った「ルミノール」という塗料です。1950年にはその塗料の名前をとり「ルミノール」のモデルが誕生しました。第二次世界大戦後も、パネライは時計の技術開発を続け現在に至っています。

【パネライ ルミノールの特徴】
「ラジオミール」と比較されることが多いのですが、見た目でわかる大きな違いがあります。「ルミノール」にはリューズにロックレバー式プロテクターが採用されていることです。ベルトも「ラジオミール」が革のみのモデルに対して、「ルミノール」は革・ラバー・メタルブレスレットが採用されています。 2つを比べるとルミノールはよりモダンなイメージがします。サイズも小さな40mm、42mm、44mmのケースのモデルもあり、女性でも使用しやすく人気があります。またダイバーズウォッチなど派生シリーズが豊富なのも特徴です。

【定番モデル】
「ルミノールマリーナ」は9時位置にスモールセコンドを配置してあるのが最大の特徴です。44mmと40mmのケースはアリゲーターストラップとメタルブレスレットがあり、気分に合わせての付け替えが手軽にできます。
「ルミノールクロノ」はスポーツ用のクロノグラフです。3つのカウンターを搭載しているので、文字盤も特徴的です。現行のモデルはないため、購入は中古のみとなってしまいます。
「ルミノールサブマーシブル」は、プロ仕様のデイバーズウォッチです。9時位置にスモールセコンド、特大のケース、潜水の経過時間が読み取れるドットのマーカーなどはとても個性的なデザインです。過酷な状況での耐久性テストをクリアした防水性能・耐磁性能も抜群のモデルです。

【メンズ時計としての魅力】
ルミノールは40mmのケースが各シリーズで豊富なため女性でも使用可能ですが、メンズ時計としての存在感は健在です。特にスポーツ系のダイバーズウォッチは見た目にもかっこよく、防水機能や耐磁性能など機能的にも優れていています。

【パネライの中心的存在】
「ルミノール」は種類やサイズも豊富でパネライの中では中心的存在です。ハイエンドモデルのルミノール1950シリーズを除いては、金額的にも40万~80万位で比較的お求めやすくなっています。中古品も品数が多いので、試しやすいモデルです。





パネライについての豆知識

ラジオミール

イタリア海軍の納入業者だったパネライは、発光する夜光塗料を開発する。これが『ラジオミール』の由来である。

民間向け時計

1860年”スイス時計店”としてその歴史をスタートさせたパネライだが、意外にも初めて民間向けに時計をリリースしたのは1993年。理由は軍事専門の精密機器メーカーであったパネライが、東西冷戦の終結により業績が悪化した為である。

刻印

1950ケースの”REG.T.M.”は特許の意味。

幻のクロノグラフ

1943年、イタリア海軍向けに開発されたが製品化される事はなかったが、1990年代後半にその復刻版としてPAM00006、PAM00007、PAM00008が発売された。

To Top