About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
ノーチラス

パテックフィリップ ノーチラス 腕時計

パテックフィリップは、1839年にスイスで創業した高級時計メーカーです。日本の時計メーカーであるセイコーが、1969年にクォーツ式腕時計の開発に成功しました。電池で稼働するクォーツ式腕時計の誕生により、スイスの機械式時計業界は、未曽有の危機に直面します。後にクォーツショックと呼ばれる出来事です。クォーツ式時計の精度は、機械式時計を遥かに上回っていました。クォーツ式時計は低価格だったこともあり、多くの機械式時計メーカーが倒産しました。パテックフィリップの「ノーチラス」は、機械式時計を救うべく誕生した記念碑的モデルだったのです。1976年に製造されたパテックフィリップの「ノーチラス」は、スポーツエレガンスの象徴として誕生しました。 「ノーチラス」のトータルデザインは薄型ですが、立体感があります。ケースデザインのモチーフは、ノーチラス号という潜水艦の舷窓です。八角形のベゼルはふっくらとしており、1976年以来、カジュアルエレガンスの象徴であり続けています。ステンレススチールやローズゴールド、ホワイトゴールドなどの紳士用・婦人用モデルがあります。

Desc

1 Item

View as Grid List
per page
Desc

1 Item

View as Grid List
per page
パテックフィリップ のその他の商品

パテックフィリップノーチラスについての豆知識

有名人も愛用する名門時計ブランド「パテック・フィリップ」から販売されているスポーツウォッチ「ノーチラス」を知っていますか?高い防水性能を持ちながら、フォーマルな場面においても身に付けられる上品さを持った「ノーチラス」は非常に高い人気があります。ここでは多くの人を惹きつけるパテックフィリップ「ノーチラス」が持つ魅力について迫っていきます。

8角形型のベゼル

パテックフィリップノーチラスのデザインは、他の腕時計ではあまり見かけない丸みをおびた8角形型のベゼルが特徴です。エレガンスさを演出するためにベゼルの表面にはサテン仕上げ、8角形の縁にあたる部分には鏡面仕上げを施し磨き上げています。この異なる2種類の仕上げ方がベゼルに立体感を与え美しいフォルムをさらに際立たせることに成功しています。また、パテックブルーと呼ばれる品のある文字盤もノーチラスにおける大きな特徴と言えるでしょう。パテックフィリップノーチラスではいくつかの色の文字盤が採用されていますが、その中でも最も人気があるのがこのパテックブルーのもので、光り輝くベゼルやケースとは対照的にマッドな質感を持った深みのあるブルーが特徴となっています。

文字盤

水平にエンボス模様が入った文字盤にもデザイナーのジェラルド・ジェンタによる意匠が感じられます。針とインデックスにはシンプルなデザインを取り入れ視認性を上げ、夜光塗装をすることで水中のような暗所でも時刻の確認が出来るようになっていることも特徴と言えます。ドレスウォッチとしてだけではなく、マリンスポーツにも対応するスポーツウォッチとして非常に細かな配慮のもとデザインされたことが感じられるでしょう。

ノーチラスの防水性能の秘密

デザイナーのジェラルド・ジェンタは、当時の汽船で多く採用されていた船窓の開閉構造を参考にし、画期的な腕時計の製造方法を考案しました。その方法とは、ベゼル部分と、ケースと裏蓋を一体化させた部分の2つのパーツに分けて製造し、それらの両サイドにヒンジを設け、そのヒンジをビスで固定するという方法でした。ケースの外にヒンジをつけることで隙間から浸水することはなくなり、また、2パーツになったことでケースの薄さも保ったまま防水性能の高い腕時計を製造することが可能になったのです。このヒンジはノーチラスの伝統的なデザインとなり後継モデルにも引き継がれ、最新モデルにおいてもチャームポイントとしてデザインに取り入れられています。

シーンを選ばない高級腕時計

過去から現代に至るまで、数々の愛用者を持つブランド「パテック・フィリップ」。その中でも人気が高いノーチラスは、薄型デザインでありながら非常に優れた防水性能を持ち合わせたスポーツウォッチです。スポーツからビジネスまで、幅広いシーンにぴったりな高級腕時計ノーチラス。その計算された美しさを味わうために、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

パテックフィリップ ノーチラスについて

【パテックフィリップ ノーチラスの歴史】
1976年、本格的スポーツウォッチとして「ノーチラス」は誕生しました。薄型ですが立体感があり、ケースは潜水艦「ノーチラス号」の窓をモチーフに制作されました。
2006年には特徴である八角形の形を保ちつつ、左右のヒンジ部は丸みを帯びました。ブレスレットの加工精度も上がりしなやかなものになり、文字盤の質や見易さなども改善が加えられています。裏蓋はこの年より全てシースルーバックになり、美しいムーブメントが見れるようになりました。

【パテックフィリップ ノーチラス腕時計の特徴】
特徴としては「耳」と呼ばれるケースの両脇の突起部分があることです。この「耳」は今ではノーチラスのシンボルになっていますが、ただのデザインではなく「防水性」を高めるためという構造的な理由があります。
厚みがでやすい自動巻きムーブメントであるにも関わらず、約7.5mmというケースの薄さを実現し、装着感が抜群になっています。その一方で防水は120メートルを実現しています。薄さと防水性の両方のクオリティが高いのは驚異的です。

【定番モデル】
「7118/1A-001」はレディースモデルで、ブレスバンドの自動巻き時計です。文字盤は濃い青色で水平エンボスが独特です。12だけ数字で他のところはシンプルなバーインデックスになっています。針も非常にシンプルなデザインです。
「5711/1A-010」は「7118/1A-001」のメンズモデルとなります。違いは大きさと防水性能が7118/1Aは60mですが、5711/1Aが120mになっています。すべてバーインデックスで更にシンプルなイメージです。スーツスタイルにもスポーツシーンにも合うオールマイティなモデルです。

【メンズ時計だけではなくレディースも充実】
高級腕時計ではメンズ時計がメインになってしまうブランドが多いのですが、パテックフィリップの中でもノーチラスはレディースも充実しています。ゴージャスなモデルはもちろん、スポーツウォッチとして誕生したノーライスは気取らずカジュアルにも使用できるステンレススチールのモデルもあるのが人気の秘密です。

【パテックフィリップのノーチラス】
パテック フィリップの中にはノーチラスを優に超える資産価値の高い腕時計は多く存在します。ただスポーツウォッチ限定でかつ日常使いの良いモデルというとノーチラスに限られます。ノーチラスは、バリエーションも豊富で、素材やブレスレットの形状など絶え間ない進化を続けています。





To Top