About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
デファイ

ゼニス デファイ 腕時計

1865年創業のスイス発マニュファクチュール・ゼニスが新たなステージに入ったことを示すコレクションが、デファイです。老舗高級時計メーカーでありながら日本ではそこまで有名とは言えませんでしたが、デファイの誕生により、多くの人から注目を浴びるようになりました。

その魅力は大胆なデザインで、内部機構をことごとく見せたダイヤルは、小宇宙を思わせます。星をシンボルにしたゼニスならではのデザインと言えます。素材はチタンや硬質セラミック、アルミニウム複合材などを用いており、大変軽量、さらに丈夫さも折り紙付きです。

シンプルなダイアルが好みの人はフルオープンでなく、ノーマルタイプを選ぶといいでしょう。サテン仕上げのブルーダイアルが美しいデファイ・クラシックは、より洗練されたデザインを求める人におすすめです。

アリゲーターやラバーストラップへのチェンジも可能なので、季節に合わせて付け替えも楽しめます。バックルが星を象った特別仕様なのも、デファイならではです。

検索結果はありません。

ゼニスデファイについての豆知識

ゼニスデファイは「Defy」と書きます。腕時計好きの方ならご存知かも知れませんが、1960年代にデフィーという呼び名で親しまれ絶大な人気を誇ったゼニスの腕時計も「Defy」と書くのです。つまり、今回発売されたデファイは1960年に人気を博したデフィーの復刻版のようなものということになります。しかし様々な新しく革新的な技術を搭載するなど進化を遂げているので、ただの復刻版と呼ぶのはふさわしくないかも知れません。あくまでデフィーに発想を得た、これまでのゼニスの腕時計とは全く異なる腕時計であるという認識を持った方が良いでしょう。

チタンケース

ゼニスデファイはチタンケースを利用していることの何が魅力なのかと思われるかも知れませんが、実はチタンケースというのは一般的な腕時計に利用されているステンレスよりも軽く、1日中つけていても一般的な腕時計と比べて疲れにくくなっています。また、チタンは錆びないということもチタンケースの特徴でもあります。一般的なステンレスの腕時計の場合だと、汗をかくことなどによって錆びてしまうということが多々あります。しかしチタンケースならそのようなことがないので、汗をたくさんかくような日であっても錆を気にすることなくつけておくことができるのです。

フルスケルト

フルスケルトンとは、内部構造が丸見えになっているような腕時計のデザインのことを言います。一般的な腕時計は、文字盤を置くことによって腕時計内部の複雑な構造を見えないようにしているのですが、ゼニスデファイは文字盤をくり抜くことでわざと複雑な腕時計内部の構造を丸出しにしています。これだけを聞くと、「内部構造が丸出しになっていて大丈夫なのか」と不安に思う方もいるかも知れませんが、内部構造が丸出しになっていても腕時計の性能には何ら問題はないので安心してください。ゼニスフルスケルトンというデザインを採用されていることで、いつでも腕時計を見るたびにその美しい機械美を堪能することができます。

1/100クロノグラフ

クロノグラフというのは、特定の経過時間を測定するために腕時計に備わっている機能であり、よりわかりやすくいうならばストップウォッチ機能のことです。そしてデファイでは、クロノグラフ針を1秒で1周させることで、1/100秒台の計測を可能にしました。これまでの腕時計には1/100秒台まで正確に計測することのできるクロノグラフというものはなく、1/100クロノグラフの採用は世界屈指の技術力を誇り、世界で初めて1/10秒台の計測を可能にしたクロノグラフ付きの腕時計を開発したゼニスならではであると言えます。

機械美

ゼニスデファイの魅力の1つには、文字盤が取り払われていることによって見ることのできる内部構造の機械美があると言いましたが、その機械美がどれほどのものなのかということはやはり文字で読んでいるだけではわかりにくく、実物を見てみなければわかりません。ぜひ自分の目でデファイの機械美を確かめてみましょう。

スケルトンでエル・プリメロ21が搭載された定番モデルのメンズ腕時計・デファイ

【知名度はまだ低いものの…】
ゼニス デファイは腕時計に関する専門知識を持っていないと、名前も知らないという人もいるかもしれません。しかし今後メンズ腕時計の定番モデルとして人気が出るのではないかと一部マニアの間で注目されています。日本のマーケットではまだあまり多く出回っていませんが、これから活発に取引される可能性も十分あります。

【フルスケルトンのデザイン】
ゼニス デファイの特徴は、おそらく一目見ただけでだれもが気づくでしょう。フルスケルトン仕様になっていて、中のムーブメントが認識できるところが魅力です。しかもゼニスで使われているムーブメントは後で詳しく見ていきますが、複雑な仕組みになっています。それが表から見えるわけで、そこに芸術性を感じる方も多いのではないでしょうか。近年フルスケルトンは腕時計業界ではトレンドの一つではあります。しかしその中でもゼニス デファイは、繊細な美しさを感じさせてくれます。

【チタンケースを採用】
ゼニス デファイではチタンケースを使っているところも特徴の一つです。チタンにはいくつか独特の性質があって、軽量であること、耐アレルギーに優れている点があります。金属アレルギーの方でもチタンケースであれば、手がかゆくなるなどの症状は出にくいでしょう。また軽量のため、長時間装着しても腕が疲れるような心配もありません。しかもデザイン面では、ヘアライン仕上げにしている点にも着目しましょう。荒々しさが出ることで、鏡面仕上げとのコントラストがより明確になりメリハリのある印象にまとまりました。

【正確なクロノグラフを導入】
ゼニス デファイでは自社モデルのクロノグラフであるエル・プリメロ21を採用しています。量産型のクロノグラフの中でもエル・プリメロ21はトップクラスの品質と高く評価されています。こちらのクロノグラフは、1/100を採用しています。測定するにあたって、針は1秒で1周する計算です。つまりコンマ何秒まで計測が可能なわけです。先ほどムーブメントの作りが複雑と紹介しました。それはこのようなち密さが大きく関係しています。

【まとめ】
現在はまだ知名度のあまり高くないメンズ腕時計のゼニス デファイですが、かなり魅力的であることはお分かりになったでしょうか?インターネットなどで調べると、モデルの画像がアップされています。機能とデザインが巧妙なバランスの中で成り立っていることがきっとわかるはずです。工芸品の領域に達しているといっても過言ではありません。





   
           
To Top