サントス ドゥ カルティエ

カルティエ サントス ドゥ カルティエ 腕時計

腕時計のブランドは数多く存在していますが、カルティエは世界で初めて腕時計を生み出したメーカーとされており、タンクやサントス、パシャなど様々な名作の腕時計があります。サントスドゥカルティエは、カルティエの腕時計の中でも時計好事家からも人気の高いアイテムであり、紳士のステータスが懐中時計から腕時計に移行したきっかけにもなっています。ジュエリーやレザーが有名で印象的ですが、名門時計メーカーとしても人気であり歴史深くなっています。スタンダードなものではなく洗練されたデザインとなっているのも特徴であり、芸術的で見た目に美しく消費者に媚びずに新たなものを生み出していくスタイルとなっていると言えます。従来は性別を超えて身に付けることができるという点もカルティエの特徴の一つとなっていましたが、近年ではそれだけではなく男性や女性専用のモデルも販売しており、選択肢もより豊富になり時計のデザイン性を楽しめるようになっています。

Desc

17 Items

View as Grid List
per page

新品 カルティエ サントス ドゥ カルティエ 腕時計

Desc

17 Items

View as Grid List
per page

カルティエ最古のアイコンウォッチ「サントス ドゥ カルティエ」

歴史

カルティエが発表している4つのアイコンウォッチの中でも最古のものが「サントス ドゥ カルティエ」です。世界初の男性用腕時計とも言われ、名作中の名作といっても過言ではありません。その歴史は非常に古く、1904年にさかのぼります。そもそものきっかけは世界的な飛行家であったアルベルト・サントス=デュモンから飛行中に懐中時計で時間を確認するのが難しいと相談したことだったようです。そこでカルティエの三代目当主であったルイ・カルティエが彼のために作った、腕につけるためのデザインを有した時計が「サントス ドゥ カルティエ」だったのです。

特徴

サントス ドゥ カルティエのもっとも大きな特徴はそのフォルムにあります。それまでの時計が主に懐中時計であり丸い形をしていた一方で、サントス ドゥ カルティエはパリの街並みからヒントを得た四角い形をしています。もちろんそのデザインは120年以上経過した現在まで継承されており、正方形のケースに革や金属のストラップというのが一般的なモデルとなっています。2018年にはジュネーブサロンで最新作が発表され、これまでの人気のデザインを引き継ぎながら新たな機能が追加されました。例えばブレスレットを簡単に着脱できる「クイックスイッチ」やブレスレットのコマを簡単に増減させられる「スマートリンク」などが魅力の一つとなっています。

代表的な時計~クロノグラフ~

クロノグラフは2018年に発表されたものでも3つのモデルがあります。どのモデルも見た目には重厚感がありますが、決してごついわけではなくエレガントさが大きな魅力です。サントス ドゥ カルティエはもともと飛行家のために作られているため、クイックスイッチによってブレスレットをラバーにするとスポーティーさも加わってさらにおしゃれになります。

代表的な時計~サントス ドゥ カルティエWSSA0013~

このサントス ドゥ カルティエは2019年に発表された最新モデルですが、文字盤が非常に渋い色合いとなっており、大人の雰囲気を纏っています。サントス ドゥ カルティエができるきっかけになったアルベルト・サントス=デュモンが飛んだ空をイメージして濃い青の文字盤になりました。

代表的な時計~スケルトン~

カルティエのサントス ドゥ カルティエ スケルトンは名称の通り文字盤がスケルトンになっており、サントス ドゥ カルティエらしい高級感の中に遊び心が感じられる一品です。

To Top