プロダイバー

オリス プロダイバー 腕時計

オリス プロダイバーとは、1904年ポール・カッティンとジョージ・クリスチャンによってスイスで創設されスイスの老舗時計メーカー、オリスの定番のダイバーズシリーズです。「オリス ダイブ コントロール リミテッドエディション」「ORIS PRODIVER クロノグラフ」「ORIS PRODIVER GMT」の3種類の商品が展開されています。

多彩なモデルを展開しているオリスの中でもプロダイバーシリーズは人気があり、プロフェッショナルなダイビングに耐えうる十分な耐水性、読みやすい文字盤と針、堅牢で正確な計時機能などダイビングに必要な機能を搭載したプロ仕様のダイバーズウォッチです。ダイビング中にベゼルを固定する、オリスが特許取得しているRSSベゼルロックシステムや100気圧/1000m防水等を備えています。オリスは歴史のある時計ブランドですが価格帯は抑えられており、コストの面でも高いパフォーマンスを発揮しています。

プロ仕様のダイバーズウォッチであり機能面はさることながら、シンプルなデザインはどこか都会的でモダンな雰囲気が漂う一本です。ケースサイズはビッグフェイスに部類される49mm~51mmが採用されており、力強く腕元で存在感を発揮してくれます。シンプルなデザインは場所を選ばずに使用できるため、普段使い用の腕時計をお探しの方にもおすすめです。

Desc

2 Items

View as Grid List
per page

新品 オリス プロダイバー 腕時計

オリス プロダイバー

オリスの歴史や魅力について

オリスは1904年にポール・カッティンとジョージ・クリスチャンによって創設された腕時計ブランドです。オリスは機械式時計に関して強いこだわりがあるため、自動巻きのローターを赤色にする事でオリスのトレードマークとしても注目を集めました。また、カジュアル、ビジネスシーン問わず使いやすいデザインである事も魅力の1つです。スイス生まれのオリスの歴史を紐解き、今もなお多くの方から愛され続けているのかなど、これから時計の購入を検討されている方の参考になる情報を伝えます。

オリスの歴史

オリスは1904に創業され、名前の由来は、近くを流れる小川に由来するとされています。1939年の第二次大戦中に、アラームを搭載した置き時計うぃ販売した事で一躍その名前をスイスに轟かせます。そして1952年には、オリス初となる自動巻き時計の販売を開始し、1969年には年間生産本数が120万を超え、約800人の従業員を抱える大企業へと成長します。1980年代にクオーツにムーブメントを搭載したアラーム時計を販売しました。その後現在に至るまでスポーツウォッチやダイバーズウォッチなど数多くの人気モデルを販売し、今もなお多くの支持を集めています。

オリスのダイバーズウォッチについて

ダイバーズウォッチは2015年に初期バージョンが発表され、以後様々なデザインの時計が販売されました。ダイバーズウォッチにはプロダイバーデイトやアクイスなどが定番の人気モデルとなっています。オリスは機械式の腕時計にこだわり続けているブランドであり、オリスが販売している腕時計のほとんどはオリスの看板デザインであるレッドローターが刻まれています。

オリスのプロダイバーデイトの魅力

オリスの定番モデルの中でも特に人気を集めているのが、プロダイバーデイトです。ダイバーズ向けの性能はもちろん、頑丈なフォルムに大きなボディが特徴です。また、1000mの耐水機能や、自動ヘリウム排出バルブなども標準採用されています。そして、逆回転防止機能をさらに進化させたローテーションセーフティーシステムにより、さらに使いやすくなっています。そして、ケースやブレスレットはチタン製を採用している事も人気の1つです。

オリスのプロダイバーは機能的

オリスは機械式時計に強いこだわりがあり、中でもプロダイバーデイトは多くの時計ファンから支持を集めています。高級感溢れるチタン製のデザインに重厚感があるボディは一際存在感を高めています。また、自動巻きを使い続けていると、ローターなどの逆回転によりムーブメントの故障の原因になるものを独自のシステムにより軽減しているため、長く着用できます。そのため愛着が湧き、世界に自分だけの時計として使い続けていく事ができます。

To Top