クロノリス

オリス クロノリス 腕時計

オリスは1904年に創業された、100年以上の歴史を持つスイスの腕時計ブランドです。オリスの創設者はポール・カッティンとジョージ・クリスチャンであり、オリスという社名は創設時の工房の近くを流れていた小川の名前がその由来だとされています。

オリスの代表作であるクロノリスは、1000分の1秒を争うモータースポーツをモチーフとしたモデルです。クロノリスというモデル名はクロノグラフとオリスを組み合わせた造語であり、初代モデルは1970年に発売されました。厚みのある楕円形のケースを採用したことと、4時の位置にあるリューズで操作するインナーローテーティングベゼルを搭載したことが、初代モデルの特徴的なディテールです。文字盤はブラックを基調としたスポーティーな雰囲気で、文字盤の外周4分の3と秒針に採用されたオレンジがデザイン上のアクセントとなっています。

オリスはその後も、クロノリスの各種レプリカモデル(オリジナルのイメージに基づいたトリビュートモデル)を発売しています。特に人気が高いのは2005年モデルと2017年モデルで、2005年モデルはクロノグラフスタイルでインナーローテーティングベゼルを持たないことが、2017年モデルはグレーとオレンジを基調としたレトロクラシックなデザインを採用したことが、それぞれの特徴となっています。

Desc

5 Items

View as Grid List
per page

新品 オリス クロノリス 腕時計

オリス クロノリス

オリスの腕時計の特徴とクロノリスを紹介します

オリスは1904年に時計ブランドで有名なスイスで創業した、腕時計メーカーです。高品質でなおかつリーズナブルな腕時計を製造し続けています。創業当時から独自技術を持っていて、創業から10年経過した時点で従業員が300人以上になるほどの急成長を遂げ、いまでも世界的ブランドの1つに位置づけられています。この記事では、こうした歴史のあるオリスの腕時計の特徴や、代表的なシリーズにはどのようなものがあるのかについて書いていきます。

オリスの腕時計の特徴

オリスの腕時計の魅力の1つは機械式時計であることです。機械式時計に徹底的にこだわった、そのデザイン性はヨーロッパを中心にとても高い人気を誇ります。また、「アヴィエイション」、「モータースポーツ」、「カルチャー」、「ダイビング」という異なる世界観を反映した、バリエーション豊かなデザインもオリスの腕時計の大きな特徴です。たとえば、「カルチャー」コレクションのひとつであるアートリエはクラシカルな見た目で芸術的な美しさを持っています。あるいは、「ダイビング」コレクションに属するアクイスは、デザイン性はもちろんですが、1000m以上の防水性を備えた機能性が時計マニアの心をしっかりと掴んでいます。

クロノリスの特徴と代表的なモデル

オリスはこれまでさまざまなシリーズの腕時計を製造してきましたが、その1つにクロノリスがあります。クロノリス自体は1970年に発売されたものであり、オリス初のクロノグラフです。発売当初、そのレトロモダンでスポーティなフォルムがヒットしてその人気は今に至ります。このシリーズはそもそもモータースポーツからインスパイアされて設計されました。力強さと冒険心とともに遊び心も潜んだフォルムが男性から高い支持を受けています。その代表的なモデルはクロノリスデイトです。クロノリスの代名詞だったクロノグラフではなく、中3針デイトという点が非常にユニークです。ストラップもバリエーション豊富であり、ケース径は39mmで大きすぎず、小さすぎません。

クロノリスシリーズは人気があります

オリスは腕時計の世界的ブランドの1つです。そのユニークなデザイン性から昔から高い人気がありますが、その中でもクロノリスシリーズは近年非常に注目が集まっているシリーズです。そのレトロモダンでなおかつスポーティーなデザインが、とりわけ男性を中心に高い人気を集めています。サイズが全体的に小ぶりなので女性が着けても違和感はありません。2017年に発売されたクロノリスデイトは男女双方からとても高い人気があります。

To Top