About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
ロンジン エヴィデンツァ

ロンジン ロンジン エヴィデンツァ 腕時計

Desc

5 Items

View as Grid List
per page
Desc

5 Items

View as Grid List
per page

老舗ブランドの時計を愛する方々に大人気のロンジン

ロンジンは、オーギュスト・アガシが時計部品の流通業者で勤務した経験を生かし、1832年に創業しました。1862年にオーギュストの甥っ子であるアーネストが経営者になり、生産体制を劇的に変更しました。1867年には、ロンジンは腕時計のシリアルナンバーをデータベース化するシステムを確立しています。アフターサービスを充実させることによって、年代物のアイテムの所有者、ブランドの愛好家から高く評価されています。そこで今回は、ロンジンのコレクションに着目し、エヴィデンツァの情報を厳選しました。

・1920年代のヨーロッパの歴史を象徴するコレクション
1920年代、ロンジンの経営陣は、時代の背景と時計市場の動向を綿密に調査し始めました。膨大なデータに基づいて、新規コレクションとしてロンジンエヴィデンツァを誕生させました。その当時のヨーロッパ諸国では、クリエイティブな才能を持った人物が数多く活躍し、多種多様な文化が生まれています。この歴史に敬意を表しているロンジンエヴィデンツァは、スマートなシルエットが印象的です。ケースが長方形に酷似しており、ベルトと一体化しています。アール・デコ様式を採用している点が好評を博し、瞬く間に愛用者が急増しています。

・独自性が高いアイテムの数々
ロンジンでは、パーツの製造から組み立てに至るまで全ての工程を自社工場で行っています。マニュファクチュールの生産体制を整えることによって、独自性に富んだコレクションの数々を生み出してきました。ロンジンエヴィデンツァは、ムーブメントやケースなど1つ1つのパーツにクラフトマンのこだわりが凝縮されています。風防ガラスに特殊な加工を施しているため、どの角度からも文字盤が煌めく様子を楽しめます。文字盤は、数字が規則正しく記されており、視認性が良好です。数字と同系色の短針・長針・秒針を採用しており、針が指し示す時刻を把握しやすいです。実用性と共に、クラシカルな雰囲気と優れた芸術性が高く評価されています。特に、文字盤の両側にダイヤモンドをあしらった豪華な仕様、ステンレス製のベルトを採用した高品位のアイテムは幅広い年代から絶大な支持を得ています。

・トップアスリートも愛用
スイスに活動拠点を置くロンジンは、エレガンスと伝統をテーマに掲げて、時計の製造に尽力してきました。その一方では、多種多様な競技大会の開催に協力しています。スポーツの振興に貢献していることから、内村航平選手など名だたるアスリートがアンバサダーを務めています。トップアスリートの中には、ロンジンのコレクションを愛用している方々が少なくありません。数ある人気アイテムの中でも、高級感があるロンジンエヴィデンツァは所有・装着する喜びを実感できる逸品です。







To Top