トゥルー シンライン

ラドー トゥルー シンライン 腕時計

新品 ラドー トゥルー シンライン 腕時計

ラドーのトゥルー シンライン腕時計の魅力とは

一生ものの時計として愛用している人が数多く存在

ラドーという名前を知っているでしょうか。腕時計に関心の高い人なら一度は目や耳にしたことがあるかもしれませんが、スイスのベルン・レングナウに本社を構える腕時計メーカーとして、世界中にその名を知られています。前身は1917年に創業された腕時計用のムーブメントを製造する会社であり、1957年になると社名にラドーが入りました。そして、ムーブメントだけではなく腕時計本体を製造するメーカーとなったのです。その後1983年には、現在のスウォッチ・グループの傘下となりました。 時計に高級感を求める人は多く、見た目の美しさのみならず耐久性に優れている点から、一生ものの時計として愛用している人が数多く存在しています。

ブランドの顔ともいえるのが、トゥルー シンライン

美しさと耐久性の両方を実現させている背景には、先見的な見通しによる最先端の研究とマテリアルテクノロジーという伝統が隠されているといえるのです。材料も厳選されたものを使用しており、アレルギー体質の人でも安心して使用することができるよう、低アレルギー性の材料を多用している点でも高く評価されています。 ラドーには様々なラインの腕時計が取り揃えられていますが、それらの中でも特にブランドの顔ともいえるのが、トゥルー シンラインだといっても過言ではありません。トゥルー シンラインはブランドの究極のタイムピースと言い換えることができ、2011年に初めてコレクションに仲間入りしました。ラドーの中でも最薄、かつ画期的なモノブロックケースを採用した最初のモデルであり、完全ハイテクセラミックス製として話題を集めたのです。軽量性にも耐久性にも優れており、快適な着用感には自信を持っています。

ラドーの長年にわたる熱心な研究は、トゥルー シンライン

最薄の腕時計であるトゥルー シンラインは、クォーツモデルのケースはわずか4.9mmとなっています。一般的には信じられないほど薄いムーブメントで作動しており、2011年に新商品として発表された際には質の高いメカニズムだと業界内外から驚かされたほどなのです。その薄さゆえにデリケートに見えるかもしれませんが、耐久性と耐傷性は他の腕時計と比較しても決して劣るということはありません。 ラドーの長年にわたる熱心な研究は、トゥルー シンラインの画期的なモノブロックセラミックスケースができたことが最高点といえます。また、このモノブロックセラミックスケースの発明により極度の軽量性や超薄型がもたらされただけではなく、腕時計の今後の可能性が広がったともいえるのです。

To Top