About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
チューダー

チューダー 腕時計

メンズ腕時計として高い人気を誇るのがチュードルです。「チューダー」とも呼ばれています。チュードルは1930年代にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生しました。普及を目的に、知名度の向上や販売の拡大のために作られたのがチュードルなのです。チュードルの創立者はロレックスの創始者と同じハンス・ウィルスドルフです。

チューダーが世間一般に認められたことによって、ロレックスの認知度も高まりました。チュードルにはロレックスのパーツが使われているのですが、内部のパーツであるムーブメントに他社製のものを採用しているためロレックスよりもリーズナブルな価格で提供することができるのです。その一方でロレックスにはない人気モデルを続々と展開しており、2012年に発表されたヘリテージブラックベイはコストパフォーマンスの面でも優秀で人気モデルの中でも特に高い人気を誇っています。

※2018年10月より替えベルトは付属いたしません。予めご了承くださいませ。

Desc

1 Item

View as Grid List
per page
Desc

1 Item

View as Grid List
per page
チューダー のその他の商品

ロレックスの弟分 人気ブランド腕時計チュードル

【腕時計ブランド・チュードルの歴史】
ロレックスの兄弟ブランドとしても知られているチュードルは、1926年にイギリスで誕生しています。ロレックスの誕生は1905年ですので、その約20年後と言うことになります。チュードルという名称は、イギリスのチューダー家という名門から取っており、ロレックスをより幅広く普及させるための廉価版として誕生したという経緯があります。
そのため、文字盤など様々なパーツをロレックスから転用し、デザインまで酷似しているモデルを生み出し続けたのが20世紀までのチュードルの歴史と言うことができますが、21世紀に入って、独自の路線をスタートさせると、ヘリテージシリーズなどチュードルの個性を感じさせる人気モデルも登場してきています。

【チュードルの時計の特徴】
チュードルは、一般人でも手が届きやすい価格帯のロレックスというイメージが最大の特徴と言うことができます。
パーツやデザインでロレックスと類似しているというのが、チュードルの最大の強みですが、同時に、ロレックスにはないユニークなデザインのものがあるのも特徴です。
ロレックスは定番中の定番で、ブランドが確立しているがゆえに、チャレンジをしているデザインのものはあまりありませんが、チュードルでは、ロレックスの技術力で作られつつも、様々なデザインのものを楽しむことができます。この点は、チュードルならではのセールスポイントと言うことができるでしょう。

【チュードルの定番モデル】
・ヘリテージ ブラックベイ
シンプルでありながら精悍なデザインで人気が高いのが、ヘリテージ ブラックベイです。ロレックスにはないユニークなカラーリングのものもあるため、非常に高い人気を誇っています。
・クロノタイム
時計の実用性を重視しつつも、ユニークなデザインで人気が高いのがクロノタイムです。ゴルフのタイガーウッズとコラボしたモデルが登場したことでも話題になりました。
・サブマリーナ
ロレックスサブマリーナに酷似した雰囲気を味わえるのが、チュードルサブマリーナです。現行のモデルではありませんが、非常に人気が高く今でもファンが多いモデルとなっています。

チュードルはロレックスと縁が深いブランドですが、チュードルならではの路線を歩みつつあります。そのため、ロレックスが好きだけれど、一味違った雰囲気を楽しみたい人にとって、チュードルは最適なブランドと言うことができるでしょう。





チューダーについての豆知識

ロレックスのディフュージョンブランドとして誕生したのがチューダーです。そのためチューダーは各種パーツにロレックスのパーツが採用されているにもかかわらず、比較的安い価格で購入することができます。しかし近年では他のブランドとは違うチューダーならではの魅力を持つモデルを多数展開しているため、安いからではなくチューダーだから買うといったユーザーも増加しています。

ブランドの始まりは

チューダーは1930年代に誕生し、その名前はイギリス王家のひとつであるチューダー家からつけられています。これは誰もが知っている名称をブランドの名前とすることで、一般庶民に広く名前を覚えてもらうためです。1932年にオーストラリアでリリースされた初期のチューダーウォッチにはブランドの頭文字であるTの横棒が右に伸びたシンプルなロゴが刻まれています。しかしその後さまざまな流れを経てロゴは様々な形に変化していきました。

リーズナブルな価格で買える原因

例えばロレックスの場合はムーブメントはすべて自社製のものが採用されています。自社製ムーブメントはブランドとしての大きな魅力のひとつではありますが、製造には高いコストが伴うことが難点です。しかしチューダーの場合は汎用ムーブメントを採用しているため製造コストを削減することができ、その分リーズナブルな価格で商品を販売することが可能となっています。また汎用ムーブメントとはいっても決して品質が劣るということはなく、他の一流メーカーでも採用されるほど品質の高いものとなっているため安心して使用することができます。

チューダーのクロノグラフ

チューダーは1970年にロレックスのデイトナを参考にした「オイスターデイトクロノグラフ」を生み出しました。この「オイスタークロノグラフ」はかなり奇抜なデザインが特徴的で、そのことからもブランド独自の魅力を出そうという姿勢がうかがえます。その後も多種多様なデザインのクロノグラフを次々と作り出し、他のブランドとは違う独特なデザインのモデルが数多く発表され続けています。 チューダーはロレックスのディフュージョンブランドとして誕生し、汎用性のムーブメントを使用してきましたが、最近では自社製ムーブメントの開発にも積極的に取り組み、一つのブランドとしての地位を確立しています。

人気モデルであるブラックベイの魅力

チューダーでも特に高い人気を誇っているのが「ヘリテージブラックベイ」です。「ヘリテージブラックベイ」は2012年にリリースされ、70年代のサブマリーナモデルのデザインを復刻して作られました。人気を集める大きな理由にコストパフォーマンスが良いことと、強い個性を持つ独自のデザインのモデルが多数リリースされていることがあげられます。例えば独特なカラーリングのベゼルや、ブランドの象徴ともなっているイカ針、バラモチーフのロゴなどはチューダーの腕時計ならではのものとなっています。

To Top