About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
ヘリテージ アドバイザー

チューダー ヘリテージ アドバイザー 腕時計

ロレックスの廉価版、ロレックスを普及させるために1930年代に生み出されたチュードルですが、現在では、ロレックスの廉価版という価値を超え、ひとつのブランドとして人気が高まりつつあります。イギリスの有名王族にあやかって名付けられたチュードルは、広くイギリスに普及し、親しまれています。チューダーローズと盾デザインを特徴として、様々なモデルシリーズを展開しており、数多くの人気モデルが誕生し、その復刻を望む時計ファンも多いです。その期待に応えて誕生したのが、チュードルのヘリテージアドバイザーです。

ヘリテージとは遺産という意味であり、文字通りチュードルの過去作品の中でも、特に人気が高かったモデルを、当時のデザインのまま現代の発展した技術を搭載させて、新たなモデルとして生まれ変わらせたものです。シンプルなデザインながら多彩な機能があり、ビジネスにも最適です。機能が多い分、価格も高くなってはいますが、ロレックスと比べれば安価で手を出しやすいといえるでしょう。

※2018年10月より替えベルトは付属いたしません。予めご了承くださいませ。

Desc

5 Items

View as Grid List
per page
Desc

5 Items

View as Grid List
per page

チューダー ヘリテージアドバイザーの魅力

【チューダーの復刻版モデル】
ロレックスの廉価ブランドとして設立されたチューダーは、「高級メンズ腕時計を一般庶民にも使ってもらえるように」と言うコンセプトの下に誕生しています。そのため、過去の有名モデルの復刻版のような、メンズ腕時計ファン垂涎のモデルが多くラインナップされているのが特徴です。

【チューダーヘリテージシリーズ「アドバイザー」79620TNの魅力】
ヘリテージアドバイザー79620TNもそんなモデルの一つです。ヘリテージは「遺産」と言う意味。文字通り、チューダーの過去のモデルの中でも特に人気の高かったモデルや、復刻を望む声の大きいモデルを、当時のデザインをそのまま、現代の技術を搭載した新たなモデルとして生まれ変わらせたものです。

【アラームを搭載したモデル】
ヘリテージアドバイザーは、1950年代に製造されたアドバイザーモデルがヘリテージシリーズから復刻版としてリリースされたものです。中央下に配置されたクロノグラフが特徴的ですが、これは実はアラーム針です。アドバイザーは、チューダーシリーズでは珍しいアラーム機能を搭載したモデルで、復刻版となるヘリテージシリーズにはアラームのオンオフインディケーターや、パワーリザーブが搭載されています。

【チューダーヘリテージアドバイザーの嬉しい仕様】
価格は50万円前後と、チューダーのモデルの中では若干高めに設定されていますが、もちろん本家ロレックスと比べれば、十分に手の届く価格帯。腕時計好きなら尚更でしょう。アドバイザーは、チューダーシリーズの中でも比較的シンプル且つ、シックなデザインとなっているモデルで、特徴的なイカ針などは採用されておらず、12時の刻印の下に小さく配置された盾マークが逆にチューダーとしての存在感をアピールしています。どちらかと言うとビジネス向けのモデルでしょうか。

チューダーはあくまで廉価ブランドということで、本家ロレックスと比較すると、当然及ばない点が多々あります。それでもチューダーには根強いファンが付いているのは、ロレックスとの比較ではなく、自社ムーブメントに代表されるように、1つのメンズ腕時計ブランドとしての性能が非常に優れていること、そして今なお多くの腕時計ファンを魅了する美しいデザインがその故です。そしてそのようなチューダーを代表するモデルこそがヘリテージモデルなのです。今回はアドバイザーをご紹介しましたが、他にも人気のブラックベイ、レンジャー、クロノグラフ等、個性的で素晴らしいラインナップが数多くリリースされています。2018年に日本代理店が出来たこともあり、チューダー人気はこれから大きく上がってくることでしょう。是非、実際に手に取って、その美しさをご覧になってください。





   
           

チューダー ヘリテージ アドバイザーについての豆知識

チューダーのヘリテージ アドバイザー のモデルについての詳細を順を追って紹介しています。元々のチューダー誕生の意図や進化を辿ることで、よりわかりやすくヘリテージ アドバイザー の魅力を感じられるようにしています。この機会にどんどん理解を深めてチューダーヘリテージ アドバイザー に注目されてみてはいかがでしょうか。

チューダー誕生の理由

チューダーは完全なるオリジナルブランドというよりは、「ロレックスの普及を狙った廉価版」という意図で誕生しました。それを体現するかのように1970年代あたりまで日本で正規流通していたチューダーは、以後80年代のロレックス登場の時期に伴って流通をストップしています。もっとも現在ではロレックスとは違う魅力とファンを確立しており、2018年には日本での流通が再開されています。チューダーがロレックスの影に隠れて消滅してしまうことなく、独自の進化を遂げてきた歴史をうかがうことができます。

ヘリテージ アドバイザー とは?

ヘリテージとは「遺産」を意味しています。チューダーヘリテージ アドバイザー は過去の人気モデルの機能やデザイン性を高めて復活させたモデルです。元々人気の高かったモデルをベースに作られているため、ヘリテージ アドバイザー は「思い切って購入してみたけれど後悔している」という状況にはなりにくいモデルと言えます。腕時計はブランド品を購入しようとすると決して安い買い物ではありませんので、リスクの少なさやコストパフォーマンスを優先させたい方にとっては、チューダーヘリテージ アドバイザー は最適な選択肢の一つになってくれるはずです。

もはやロレックスの廉価版ではないブランド

当初のチューダーの誕生理由はあくまでロレックスの普及目的でしたが、その後コストパフォーマンスやクオリティの高さの面などで人気が衰えることはなく、すっかり一つのブランドとして定着していきました。過去の人気モデルを進化させたヘリテージ アドバイザー は特に需要が高く、機能性も昔より格段に向上しているためビジネスシーンなどでも活躍しています。ファッション性も実用性も兼ね備えているからこそ、ロレックスの影を振り払い、独自のブランドとして成長することができたのです。

ヘリテージ アドバイザー の魅力

ロレックスほど敷居が高くない割にはデザインや高級感でも決して引けをとらないことが、チューダーヘリテージ アドバイザー の大きなアドバンテージであり魅力にもなっています。最近ではあらゆる分野でコストパフォーマンスを重視する流れができていますが、チューダーはその潮流の腕時計業界における先駆者という見方もできます。

To Top