About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
チュードル 1926

チューダー チュードル 1926 腕時計

1926年創業という歴史あるスイスの時計ブランドの一つがチューダーです。高品質な時計を作り出すことで有名なスイスのブランドということもあり、チューダーは高い技術力と洗練されたデザイン力を持つブランドとなっています。 長らく日本上陸を待ち望まれてきたチューダーが2018年に日本上陸と共にリリースしたモデルがチューダー1926です。

チューダー1926はチューダーが創業した年が名前に使われているように、チューダーにとっても特別な腕時計となっています。非常にシンプルなデザインのこの腕時計は本来時計に必要とされる機能だけを残して余計なものを一切排除することで優れたデザインを獲得しています。 そのシンプルなデザインに合わせてカラーリングもシルバーとブラックのみとなっており、実用性のとても高い時計として人気となっています。

シンプルで実用的なデザインが特徴的なチューダー1926ですが、文字盤もシンプルなアラビア文字の中にトレードマークである盾マークが小さくあるだけで視認性がとても良いのが特徴的です。そのシンプルさに合わせて針も細身のものが使われていて実用性が損なわれないようになっています。 高級時計ということもあって手が出しにくいイメージがあるチューダーの中でもチューダー1926は原点回帰という意味もあり、比較的手頃な価格であることも特徴となっています。

※2018年10月より替えベルトは付属いたしません。予めご了承くださいませ。

Desc

15 Items

View as Grid List
per page
Desc

15 Items

View as Grid List
per page

シンプルで飽きの来ないデザイン チューダー1926シリーズ

【チューダーの魅力】
1930年、ロレックスの創業者であるハンス=ウィルスドルフ氏によってイギリスでのロレックス市場拡大を目的に、ロレックスの廉価ブランドであるチューダーが誕生しました。当時、ロレックスの人気に歯止めをかけていたのがその価格。今でもその感覚は変わらないかもしれませんが、やはりロレックスは一般庶民には手の届かない価格帯の高級メンズ腕時計だったのです。チューダーはその部分を見事にクリアしました。ロレックスの品質はそのままに、価格を大きく下げることに成功したのです。

【チューダー1926シリーズ】
そして2018年、チューダーが日本に上陸したこの年に新たに製品ラインナップに加わったのが1926シリーズです。1926年は、「The Tudor」が商標登録された年、つまりチューダーの歴史が始まった記念すべき年なのです。そんな記念の年を名前とした1926シリーズは、非常にシンプルで洗練されたデザインとなっています。本来の腕時計に必要な機能だけを残し、カラーリングもシルバーとブラックのみに統一したデザインは、フォーマル・カジュアルどちらにも対応できる、非常に使い勝手の良いモデルとなっています。

【その仕様は?】
文字盤はトレードマークの盾マークが控えめに配置されているのみで、シンプルなアラビア数字と細身の針がとてもクールです。また、1926シリーズはケースサイズも41mm、39mm、36mm、28mmと揃っているので、男性はもちろん、女性向けモデルとして使っていただくことが出来ます。

【廉価版ブランドならではの嬉しい価格設定】
最近のチューダーと言うと、ヘリテージシリーズに力を入れており、その卓越した技術力によって復刻された過去の名器を手に入れることのできるブランドというイメージも強くありますが、1926はそういったコンセプトからはかけ離れたモデル。創業当時のブランドイメージへの回帰といった意味もあるのでしょうか。価格は何と15万円前後の物から準備されています。このあたりも、廉価ブランドとして創立した当時のチューダーブランドが意識されているのかもしれませんね。文字盤の中にダイヤモンドをあしらった高級モデルでも30万円前後で購入が可能です。

チューダーファンはもちろん、今までチューダーを持っていなかった腕時計ファンの方、そして普段はあまり腕時計にこだわりない方まで、1926シリーズはお手頃価格で高級時計を手に入れることができるモデルになっています。シンプルなデザインですので、飽きてしまったり、年齢を重ねることで付けられなくなったりの心配もありません。実力のあるブランドだからこそできるシンプルな腕時計を一度体験してみてはいかがでしょうか。





   
           

チューダー チューダー 1926についての豆知識

チューダーは1926年にロレックスの創始者であるハンス・ウィルスドルフが設立した時計会社です。当時、ロレックスは質の良い高級時計を作っていましたが高級すぎたために一般層にまで知名度が浸透していませんでした。そこでハンス・ウィルスドルフはロレックスの普及版としてチューダーを設立しました。結果、チューダーの時計は人気になり、兄弟会社であるロレックスも知名度が広まりました。

チューダー 1926の魅力

チューダーにとって特別なナンバーである1926がつけられたこの時計はチューダーの技術がこれでもかと盛り込まれています。クラシカルでシンプルなデザインは時計本来の機能美を追及した結果であり、ビジネスシーンやプライベートシーン問わず身に着けることが出来ます。高級時計の部類に入る1926ですがチューダー設立時のスピリッツを体現しており、比較的手の届きやすい価格帯であることも大きな魅力です。

チューダー 1926がリーズナブルな理由

チューダーの時計が他の高級時計と比べて低価格なのには理由があります。それは、時計に使われるパーツの大部分を他の時計会社から調達しているためです。自社開発をする必要がないのでその分コストが抑えられ低価格での販売が可能になりました。他所からのパーツというとクオリティーが気になるところですが、使われているパーツはロレックスから調達しているためその心配はありません。むしろ、他の時計メーカーよりも優れているといっても過言ではありません。

自動巻き腕時計を知っていますか?

チューダー 1926は他の高級時計と同じく自動巻きを採用しています。これは時計の内部に組み込まれた半円形の錘が時計が振られると回転し、ゼンマイを巻き上げてくれるというものです。身に着けているだけで動力が確保できるので手巻き式のように巻き忘れるという心配がありません。クォーツ式に比べると精度や価格で大きく水をあけられがちな機械式ですが高級時計で採用されるには理由があります。それは、長年使えるということ。機械式はメンテナンスをしっかりとしておけば何十年でも使用することが可能です。長年使い続けたい高級時計には欠かせないムーブメントと言えるでしょう。

正規品と並行輸入品どちらがおすすめ?

チューダー 1926を手に入れるには正規品と並行輸入品、二つの選択肢があります。チューダーの時計は日本に代理店がなかったため並行輸入品しか選択肢はありませんでした。しかし、2018年に日本にも正規店が誕生したことにより、国内でも購入することが容易になりました。正規品を購入するメリットは確実に本物が手に入るということ、対して、並行輸入品のメリットは正規品よりも安く購入できる可能性があるということです。しかし、説明書や保証書が日本語で書かれていないので本物かどうか見抜く知識と目が必要になります。

To Top