About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
リンク

タグ ホイヤー リンク 腕時計

タグ ホイヤーの人気モデル「リンク」を語る上で、「セル」シリーズは欠かすことのできない存在です。スポーツのSとエレガンスのEとLに由来する「セル」は、まさにタグ ホイヤーの理念を具現化しています。ひとつひとつのコマが「S型」をしている、特徴的なブレス部分は「セル」と共に誕生し「リンク」へと受け継がれることになりました。

タグ ホイヤー「リンク」シリーズの魅力は、やはりブレスにあります。軽やかな着け心地は、人間工学に基づいて設計されているため、腕時計の存在を良い意味で忘れさせるほどの快適さです。

また、余計なものを削ぎ落としたケースや落ち着いた文字盤であるため、さまざまなシーンにしっくりと馴染みます。見た目の美しさはもちろんのこと、メンズのキャリバーでは裏側からムーブメントの動きを楽しむこともできます。一方のレディースには、ベゼルやインデックスにダイヤが使用されているモデルもあり、上品さを演出できます。他にもシェルを使った文字盤は光の当たり具合で表情を変え、ファッションの一部として取り入れたい人にもおススメです。このように自分自身との一体感を感じさせてくれる「リンク」シリーズは、タグ ホイヤーの歴史と魅力を詰め込んだ一品なのです。

Desc

14 Items

View as Grid List
per page
Desc

14 Items

View as Grid List
per page

リンククォーツやリンククロノグラフなどメンズ腕時計で人気のタグホイヤーのリンクシリーズ

【コレクションの後継モデルとして】
タグホイヤーでは、1887年からコレクションと呼ばれるモデルを販売して大ヒットを記録しました。この後継モデルにあたるのが、リンクシリーズです。メンズ腕時計として高い人気があります。ビジネスからカジュアルまで、幅広いシチュエーションで活用できるところが魅力です。リンクの特徴はケースやブレスの独特のデザインにあります。この形状はデザイン性だけでなく、人間工学を意識して設計されています。よって長時間装着しても、腕が疲れるようなこともないです。

【リンクの中でも様々なモデルが】
リンクシリーズの特徴として、その中でもいくつかのモデルをラインナップされている点も見逃せないところです。ベースは一緒でも、それぞれに少しずつ異なる特徴を持たせています。その中でも特に人気のモデルがリンククォーツやリンククロノグラフです。

【エレガントさを感じさせるリンククォーツ】
リンククォーツはS字型のブレスレットに代表されるようにリンクシリーズの基本はしっかり踏襲されています。リンククォーツは、縦縞のギョーシェ加工がなされていてシンプルなデザインです。一方でインデックスは立体感がありダイナミックです。シンプルとダイナミックさが絶妙のバランスであしらわれているので、何とも言えないエレガントさを感じさせてくれます。人間工学に基づいているため、どのような体型の方でも腕にしっかりフィットできます。

【洗練されたデザインのリンククロノグラフ】
リンククロノグラフもS字のブレスレットを採用していて、ほかのリンクシリーズと一緒のデザインを踏襲しています。しかしリンクシリーズの中では、スポーティなテイストが強いです。タグホイヤーの腕時計というのが見た目にも伝わってきます。しかし一方でリンクシリーズ全般に見られるエレガントさも失われていません。激しい運動をしているときや冒険をしているときでも、どことなく余裕や懐の深さを漂わせてくれます。手軽にエレガントさを出したい人におすすめの腕時計といえます。

リンクシリーズは洗練されたデザインが大きな特徴です。個性的というより、比較的シンプルなデザインが魅力です。しかしさりげなくおしゃれに手元を演出できるところが、男女問わず安定した人気のある理由です。また人間工学に基づいたブレスレットも注目ポイントといえます。腕にフィットするため、腕時計をしていることを忘れてしまうくらいしっくりくるでしょう。





   
           

リンククォーツやリンククロノグラフなどメンズ腕時計で人気のタグホイヤーのリンクシリーズ

【コレクションの後継モデルとして】
タグホイヤーでは、1887年からコレクションと呼ばれるモデルを販売して大ヒットを記録しました。この後継モデルにあたるのが、リンクシリーズです。メンズ腕時計として高い人気があります。ビジネスからカジュアルまで、幅広いシチュエーションで活用できるところが魅力です。リンクの特徴はケースやブレスの独特のデザインにあります。この形状はデザイン性だけでなく、人間工学を意識して設計されています。よって長時間装着しても、腕が疲れるようなこともないです。

【リンクの中でも様々なモデルが】
リンクシリーズの特徴として、その中でもいくつかのモデルをラインナップされている点も見逃せないところです。ベースは一緒でも、それぞれに少しずつ異なる特徴を持たせています。その中でも特に人気のモデルがリンククォーツやリンククロノグラフです。

【エレガントさを感じさせるリンククォーツ】
リンククォーツはS字型のブレスレットに代表されるようにリンクシリーズの基本はしっかり踏襲されています。リンククォーツは、縦縞のギョーシェ加工がなされていてシンプルなデザインです。一方でインデックスは立体感がありダイナミックです。シンプルとダイナミックさが絶妙のバランスであしらわれているので、何とも言えないエレガントさを感じさせてくれます。人間工学に基づいているため、どのような体型の方でも腕にしっかりフィットできます。

【洗練されたデザインのリンククロノグラフ】
リンククロノグラフもS字のブレスレットを採用していて、ほかのリンクシリーズと一緒のデザインを踏襲しています。しかしリンクシリーズの中では、スポーティなテイストが強いです。タグホイヤーの腕時計というのが見た目にも伝わってきます。しかし一方でリンクシリーズ全般に見られるエレガントさも失われていません。激しい運動をしているときや冒険をしているときでも、どことなく余裕や懐の深さを漂わせてくれます。手軽にエレガントさを出したい人におすすめの腕時計といえます

【まとめ】
リンクシリーズは洗練されたデザインが大きな特徴です。個性的というより、比較的シンプルなデザインが魅力です。しかしさりげなくおしゃれに手元を演出できるところが、男女問わず安定した人気のある理由です。また人間工学に基づいたブレスレットも注目ポイントといえます。腕にフィットするため、腕時計をしていることを忘れてしまうくらいしっくりくるでしょう。





タグホイヤーの豆知識

タグ ホイヤーの中でも、エレガントでありながらスポーティーな印象をもつシリーズの一つがリンクです。カレラやモナコほど有名ではないものの、根強いファンも多いのが特徴といえるでしょう。

1987年誕生したリンク

1987年に、リンクのもととなる時計が誕生しています。リンクの前身となるものがセルと呼ばれるシリーズであり、これが発売されたのが1987年のことです。当時はSSブレスを採用し、先駆的なフルメタルウォッチとしても非常に有名なものでした。高級感ただようデザインで、防水機能など実用的な機能が兼ね備えられていて、注目度も抜群となっていました。

1990年代大ブレイク

このセルシリーズは、有名なF1レーサーであったアイルトンセナも愛用するモデルとして、大ブレイクを果たしたのが1990年代です。スポーティー&エレガンスをコンセプトに、アイルトンセナのイメージにもぴったりということがわかるでしょう。このようなイメージを持つセルを欲しがる人たちが世界中に存在し、大きな人気を集めていました。このセルのシリーズは、1999年にリンクという名前に大きくリニューアルされました。この年は西暦が変わった時代でもあり、発表された名前にはつなぐという意味合いがあり、新世紀につなぐという意味合いが込められています。タグ ホイヤーの哲学のなかには、伝統と革新を過去から未来へつなぐという意味も込められていることから、この名前はぴったりと言えるでしょう。

世界初逆回転防止ベゼル

2007年には再度リニューアルがなされ、現行のシリーズとなりました。それ以前からあったスポーティーでありながらエレガントなイメージは壊さずに、現在人気を集めている直径42ミリの大型サイズに変わり、自動巻きにおいては世界で初めて逆回転防止ベゼルを装備しました。

To Top