About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
The Watch Company 公式ツイッター フォローをお願いします!
The Watch Company 公式インスタスラム フォローお願いします!
モナコ キャリバー 11

タグ ホイヤー モナコ キャリバー 11 腕時計

タグ ホイヤーといえば、高級腕時計のメーカーの中でも常にトップレベルの人気で知られています。日本でも既に多くのユーザーに愛用されており、その数は増加中です。数多く存在する高級ブランドの中でもタグ ホイヤーが選ばれるのは、そのエレガントでスタイリッシュな出で立ちだけが理由ではありません。使う人を納得させるだけの機能性の素晴らしさにも起因しているといえるでしょう。各シリーズによっての違いもありますが、生活防水になっていることはもとより、対衝撃性にも優れています。たくさんの人気シリーズを世に送り出してきたタグ ホイヤーですが、モナコシリーズもその一つです。腕時計ファンならば知らない人はいないと言っても良いほどの知名度を誇ります。どことなくクラシカルな見た目でありながらも、文字盤やムーブメントにはトレンドを意識した製法が施されています。ケース本体はポリッシュ仕上げに加え、クリスタルにもサファイアが採用されるなど贅沢なつくりも特徴です。

Desc

5 Items

View as Grid List
per page
Desc

5 Items

View as Grid List
per page

モータースポーツで人気のタグホイヤーモナコはスクエア型でキャリバー12搭載

【モナコの歴史を紹介】
モータースポーツなどスポーツ業界で広く使用されているタグホイヤーでは、いろいろな腕時計のシリーズを展開しています。その中でも根強い人気を誇るのが、モナコです。モナコが誕生したのは1969年のことでした。モナコは発売当初から高い注目を集めました。というのもキャリバー11という史上初の自動巻きクロノグラフムーブメントが搭載されたモデルだったからです。自動巻きムーブメント開発から30年もの長きにわたって登場しなかったのは、大きさの問題だったといわれています。従来と比較して3倍近くのパーツが必要で、スペースの確保がなかなかできなかったからです。近年では最新鋭のキャリバー12を搭載したモデルも出てきています。

【スティーブ・マックイーンが身に着けたことで話題に】
タグホイヤーのモナコは、人気に火が付きました。その要因として、映画で俳優のスティーブ・マックイーンが身に着けたことが大きかったです。「栄光のル・マン」という有名な作品で使用されました。ちなみに彼は映画だけでなく、プライベートでもモナコを愛用していたといわれています。

【当時珍しかったスクエアタイプ】
腕時計のマニアの方ならお気づきかもしれませんが、アンティークの腕時計は基本的に円形のものが主流でした。しかしその中でもモナコは当時珍しかったスクエア型のスポーツウォッチでした。なぜスクエア型のスポーツウォッチが出てこなかったのか、それは防水に難があったためです。スクエア型の場合当時の技術では、防水性と防塵性の担保ができなかったからです。しかしモナコはそれを実現することに成功しました。

【デザインも画期的】
タグホイヤーのモナコはデザインも異彩を放つ存在でした。1970年代に入るとサイケデリックで個性的なファッションがトレンドになっていきました。1969年生まれのモナコは、それを予知しているかのようなアヴァンギャルドないでたちでした。当時のトレンドを押さえたこともあって、爆発的な人気を誇るようになりました。しかも40年以上たった現代でも、決して色あせた仕上がりではないです。時代を超えてもその時々のファッションになじむということで、今でも根強い人気があるわけです。

タグホイヤーのモナコは、このように当時画期的な技術や趣向がいくつも織り込まれていました。しかも有名俳優が映画で身に着けたモデルということで知名度も一気に高まり、タグホイヤーを代表するモデルになっていきました。スクエア型の腕時計は今でも珍しいですから、個性を出していきたい人もきっと満足できるはずです。





   
           

モータースポーツで人気のタグホイヤーモナコはスクエア型でキャリバー12搭載

【モナコの歴史を紹介】
モータースポーツなどスポーツ業界で広く使用されているタグホイヤーでは、いろいろな腕時計のシリーズを展開しています。その中でも根強い人気を誇るのが、モナコです。モナコが誕生したのは1969年のことでした。モナコは発売当初から高い注目を集めました。というのもキャリバー11という史上初の自動巻きクロノグラフムーブメントが搭載されたモデルだったからです。自動巻きムーブメント開発から30年もの長きにわたって登場しなかったのは、大きさの問題だったといわれています。従来と比較して3倍近くのパーツが必要で、スペースの確保がなかなかできなかったからです。近年では最新鋭のキャリバー12を搭載したモデルも出てきています。

【スティーブ・マックイーンが身に着けたことで話題に】
タグホイヤーのモナコは、人気に火が付きました。その要因として、映画で俳優のスティーブ・マックイーンが身に着けたことが大きかったです。「栄光のル・マン」という有名な作品で使用されました。ちなみに彼は映画だけでなく、プライベートでもモナコを愛用していたといわれています。

【当時珍しかったスクエアタイプ】
腕時計のマニアの方ならお気づきかもしれませんが、アンティークの腕時計は基本的に円形のものが主流でした。しかしその中でもモナコは当時珍しかったスクエア型のスポーツウォッチでした。なぜスクエア型のスポーツウォッチが出てこなかったのか、それは防水に難があったためです。スクエア型の場合当時の技術では、防水性と防塵性の担保ができなかったからです。しかしモナコはそれを実現することに成功しました。

【デザインも画期的】
タグホイヤーのモナコはデザインも異彩を放つ存在でした。1970年代に入るとサイケデリックで個性的なファッションがトレンドになっていきました。1969年生まれのモナコは、それを予知しているかのようなアヴァンギャルドないでたちでした。当時のトレンドを押さえたこともあって、爆発的な人気を誇るようになりました。しかも40年以上たった現代でも、決して色あせた仕上がりではないです。時代を超えてもその時々のファッションになじむということで、今でも根強い人気があるわけです。



タグホイヤーのモナコは、このように当時画期的な技術や趣向がいくつも織り込まれていました。しかも有名俳優が映画で身に着けたモデルということで知名度も一気に高まり、タグホイヤーを代表するモデルになっていきました。スクエア型の腕時計は今でも珍しいですから、個性を出していきたい人もきっと満足できるはずです。





タグホイヤーの豆知識

特許

1869年、懐中時計用の鍵なしリューズ巻き上げ機構である。

オリンピック

1920年アントワープ、1924年パリ、1928年アムステルダムと、オリンピックで採用された。

マイクロタイマー

世界初となる1/1,000秒の精度を誇る小型電子計時を発表した。

To Top