About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
フォーミュラー 1

タグ ホイヤー フォーミュラー 1 腕時計

実は映画『栄光のル・マン』の中で主人公を演じるスティーブ・マックイーンの着けていた腕時計こそ、タグ ホイヤーなのです。タグ ホイヤーは1860年に創業されて以来一貫して、スポーツ分野で活躍する時計の開発を続けてきました。そして1970年代からはF1チームと公式契約を結び、シビアなレースの世界とともに技術を進化させてきました。フォーミュラー1シリーズはプロの世界で培われた最先端技術をフィードバックしたモデルです。タフなスポーツシーンでの使用に応える機能性や視認性の高さは、F1の世界チャンピオンが着けていることからもうかがえます。

もちろん実用性だけでなく、デザインにも力が注がれています。ボディはF1カーを彷彿させる美しい流線形を描いていて、色使いはカラフルであることが特徴です。またフォーミュラー1は用途に合わせて3針ウォッチとクロノグラフの2つのタイプから選べるようになっています。3針ウォッチはスマートなデザインになるので、日常的な使いやすさがあります。スポーツなどのアクティブなシーンで使いたい人はクロノグラフを選ぶことができます。駆動方式も2つのタイプがあり、一般的なクォーツ式のほかに自動巻き式のキャリバー5というシリーズがあります。

このようにフォーミュラー1では高い技術とデザインを備えているだけでなく、ラインナップも豊富に用意されているのであなたのお好みの1本がきっと見つかるはずです。

Desc

Items 1-24 of 58

View as Grid List
per page
Desc

Items 1-24 of 58

View as Grid List
per page

F1限定モデル多数!タグ・ホイヤーフォーミュラー1

【タグ・ホイヤーフォーミュラー1とは】
タグ・ホイヤーフォーミュラー1とは、スイスの時計ブランドであるタグ・ホイヤーが手掛けるコレクションのことです。タグ・ホイヤーはもともとスイスの高級時計ブランドの中ではリーズナブルな価格設定のブランドとして知られていますが、フォーミュラー1はそのタグ・ホイヤーの中でも安価なコレクションとなっています。
フォーミュラ1はいわゆるレース競技のF1のことで、そのテクノロジーからアイディアを得て誕生したのがタグ・ホイヤーフォーミュラー1です。タグ・ホイヤーは古くからF1やオリンピック、インディカーレースと、様々な競技において公式時計に選ばれており、モータースポーツとの関わりも深いため、フォーミュラー1というシリーズの誕生も必然といえます。

【フォーミュラー1のモデル】
フォーミュラー1のモデルには、たとえば「キャリバー5」があります。その名の通り、キャリバー5という自動巻き式のムーブメントを採用したもので、クラシックなデザインと中央に刻印されたロゴが特徴です。
それから「セナ」というモデルがあります。F1レーサーのアイルトン・セナの功績をたたえて誕生したモデルで、初優勝の30周年を記念し、当時3つのモデルがリリースされました。そのうち2つがフォーミュラー1(1つはカレラのモデル)で、黒と赤の対比が際立つステンレススティールのケースが特徴です。なおタグ・ホイヤーは以降も定期的にセナ関連のモデルをリリースしています。
他にも「レッドブル」というモデルがあります。レッドブルはオーストリアのエナジードリンクを手掛けるメーカーとして有名ですが、レーシングチームも保有しています。そのレーシングチームとタグ・ホイヤーがパートナーシップを結んでいるため、レッドブルモデルの腕時計もラインナップにあるわけです。エナジードリンクのレッドブルは青と赤のデザインが印象的ですが、タグ・ホイヤーのレッドブルモデルも同じく青と赤を組み合わせたデザインになっています。

タグ・ホイヤーフォーミュラー1は、スイスの時計ブランドであるタグ・ホイヤーが手掛けるコレクションです。もともと高級時計ブランドとしてはリーズナブルなタグ・ホイヤーのコレクションの中でも安価な特徴があります。名前の通り、F1とゆかりのあるコレクションで、アイルトン・セナ限定モデル、レッドブルモデルといったものがリリースされています。





タグホイヤーフォーミュラー 1についての豆知識

タグ ホイヤーという言葉を耳にして連想するスポーツは若い世代であればサッカーですが40代以降の方たちは、やはりF1を思い浮かべる人が少なくありません。F1とタグ ホイヤーの関係は1970年代にまで遡り、1971年から2003年に至るまでF1のオフィシャルタイマーを務めたのです。1980年代から1990年代までは、F1が日本でも非常に人気があり少年に人気がある企業は挙ってスポンサーになりたがりました。当時はF1レーサーの対決が熾烈で、非常に熱いレースが展開されていたのです。

1986年に発売された

1986年に発売されたフォーミュラー 1は、グラスファイバーとスチールが融合しているモデルでカラーバリエーションも豊富で、とても人気が集まっていました。フォーミュラー 1は本当に支持されていて、今でも修理や電池交換を依頼するオーナーさんがたくさんいます。

エントリーモデル

現在、フォーミュラー 1のブランドシリーズは初心者向けのエントリーモデルとして取り扱われているのです。エントリーモデルということもあって、値段も10万円代のものから取り揃えられていて手に入れやすい価格設定になっています。ただし、勘違いしている人も少なくありませんが安いからといって品質が良くない訳ではありません。価格を安く抑える目的で簡略化している部分などもあるのですが、使い心地に配慮した場合に実用性を高めるために無駄を省くということがあります。

優れたコーティング技術

フォーミュラー 1シリーズは風防に直射日光が反射するのを防止するコーティングをしていません。このコーティングをすると直射日光が反射するのを抑制するため、光が当たり文字盤が反射して見えないと言ったことを防ぐことが可能です。どの角度からでも文字盤を見ることが出来るので、そのような意味合いではコーティングを施しておいた方が良いように感じますが風防が擦れたりぶつかったりするとコーティングが傷付く場合があります。

To Top