About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
セイコー

セイコー 腕時計

1881年、服部金太郎氏は輸入時計の販売と時計修理を中心におこなう服部時計店を創業します。創業から11年で日本一の掛け時計を量産する工場を有するまでに成長を遂げました。

1924年にはブランド名をSEIKOへと変更し、世界時計ブランドへ進出していきます。1969年には世界で初めてのクォーツ腕時計を発表し、現在では国内最高の時計として知られるグランドセイコー、世界初のGPSソーラーウォッチアストロン、プロスペックス、プレザージュなどを生み出しています。

メンズ腕時計として高い人気を誇っているのですが、やはりセイコーを選ぶ方というのは機能性を重視している傾向にあります。もちろん、デザイン性にも優れているのですが、派手さはなく、シンプルでどのようなシーンにも合わせやすい仕上がりとなっているものが目立ちます。それでいて丈夫で長持ちして、壊れにくい……シンプルで使いやすい腕時計であるという部分がセイコーの特徴であり、魅力にもなっているのではないでしょうか?クールな大人の男を演出してくれる腕時計でもあります。

Desc

Items 25-48 of 208

View as Grid List
per page
Desc

Items 25-48 of 208

View as Grid List
per page

高精度な機械式腕時計の入り口に最適「セイコー」

【腕時計ブランド・セイコーの歴史】
日本が世界に誇る腕時計ブランドセイコーは、1881年に服部金太郎によって設立されました。当初は、時計を中古で買い取り、それを修理して販売するという形態をとっていましたが、1892年には自社で時計工場を作り、生産・販売を行うようになっていきました。
1969年に世界で初めてのクォーツ式腕時計を発表や、スプリングドライブの開発、自動巻き化の実現など、腕時計業界の歴史に大きな影響を与えているメーカーと一つと言うことができます。

【セイコーの時計の特徴】
セイコーの時計はシンプルなデザインのものが多いため、スーツによく合う時計ということができます。セイコーの時計は、手ごろな価格帯のモデルもたくさんあるため、有名ブランドの時計の中では、かなり身近な存在と言うことができるでしょう。
高級腕時計というとスイスのイメージが強いですが、セイコーは開発から生産まですべて国内で行っているメーカーですので、そういった点で、日本人によく合う時計メーカーとも言えます。
セイコーというとクオーツ式時計の代名詞的存在でもありますが、機械式時計が勢力を盛り返してきた情勢に対応するため、機械式とクォーツを合わせたスプリングドライブを開発したという経緯もあります。技術力の高さには定評があるメーカーですので、日本のみならず世界の腕時計愛好家から注目されているメーカーの一つでもあります。

【セイコーの定番モデル】
メカニカル
最先端の技術を活用して製造されたパーツが多数使われているのがメカニカルです。従来の腕時計に比べて、倍の耐衝撃性能を持っており、耐久性の高さと精度の安定性が売りとなっている定番モデルです。シルバーメインの落ち着いたデザインは、長く身に着けていても飽きが来ません。
プレサージュ
シンプルで落ち着いたデザインの多いセイコーの時計の中でも、さりげないおしゃれを演出できるのがプレサージュです。プレサージュは台湾や中国などアジアの地域をベースにしつつ、海外でも大きな支持を集めています。セイコーを代表する定番モデルの一つと言うことができるでしょう。

セイコーは日本人にとって非常になじみの深い時計ブランドと言うことができ、比較的、手の届きやすい有名ブランドです。グランドセイコーのようにかなりの値段のものから、数万円で買えるようなものまで、幅広く存在していますので、はじめて本格的な腕時計を購入する時に、一番向いているブランドの一つといってよいでしょう。





セイコーについての豆知識

1881創業

国産腕時計として日本国内はもちろん、日本の職人が持つ技術力に魅了された海外の愛好家からも人気が高いのが1881年に誕生したセイコーです。 知名度が高い腕時計のブランドが誕生するのはスイスが多いですが、スイスを発祥地として誕生したブランドの多くが1900年代初頭に誕生しているものの、セイコーは1881年の時点で既に創業していたため世界的に見てもいかに歴史が古い腕時計メーカーであるのかがわかります。

SEIKO5

早い段階から優れた設計とデザインが施されていたため1911年にスイスに市場を拡大させたところ、スイスをはじめとする世界各国で大ヒットを連発し特にSEIKO5というモデルはコンクールで栄誉ある賞を総なめにしたり、ブランドの存在感を確固たるものにするきっかけになりました。

世界初クォーツ式の腕時計

元来腕時計は使用前などに手でゼンマイを巻き上げて腕に装着する手動巻きの製品のみでしたが、今日では主流になっている電池を使用して駆動させるクォーツ式の腕時計を初めて販売したのもセイコーの偉業です。長い年月にわたり第一線を走ってきた国産腕時計ブランドのセイコーの中で、世界に最も大きな驚きを与えたモデルが1969年に世界で初めて発売されたクォーツ式のアストロンです。クォーツ式の場合5秒から8秒間が誤差として扱われていましたが、アストロンは1ヶ月間で僅か3秒しか誤差が生じないという著しい正確性を有していました。その後、オリンピックでアスリートの記録を計測するためのタイムキーパーとして採用されたり、ブランドが有している技術力を全て結集して作られたグランドセイコーを旗揚げするなど、腕時計を愛する愛好家達にとって憧れの存在となって歩みを続けています。

優れたデザイン

腕に着用した際にどのような場所に訪れても溶け込む事ができるデザイン性の中に、実直に製品開発に向き合って生み出されたムーブメントが搭載されているという物づくりへの姿勢に対して多くの方々が尊敬の念を抱いていますし、数多くの高級腕時計ブランドを排出しているスイスからも直々に認められています。

世界で初めてGPS機能とソーラー機能

実用性とデザイン性を意識しつつ、最先端の技術と仕組みを用いながら製品開発を進めていく様子は今日においても変わっておらず、世界で初めてGPS機能とソーラー機能を搭載させたモデルを発表したり、ゼンマイで駆動しているもののクォーツ式の腕時計と変わらぬ正確性を有しているモデルがあります。

To Top