ジャケ・ドロー

ジャケ・ドロー 腕時計

ジャケ・ドローは、1721年にピエール・ジャケ・ドローという時計職人によって作られたブランドです。時計の歴史の中では黎明期にあたり、一般の人にとってはあまり馴染みがないブランドですが、時計の歴史を語る上では欠かせない存在です。ピエール・ジャケ・ドローは高いエナメル技術を使った時計を製作するなど、当時最高レベルの技術を有していた人物です。オートマタと呼ばれるからくり人形技師としても有名だった事もあり、精密な機構は当時評判となっていました。ジャケ・ドローの特徴はエナメルの文字盤とオートマタギミックであり、電気を用いる事無く複雑な機構によって時を刻んでおり、芸術性と精密な機構という二つの魅力を持ち合わせているのです。

ジャケ・ドローというブランドは現在に至るまで数奇な運命を辿ってきました。19世紀半ばには戦争によって製造工場を閉鎖せざるを得なくなり、長い間休眠状態を余儀なくされています。ブランドとしての復興が始まったのが1996年。フランソワ・ボデの力添えによって再建されました。数々の有名な時計メーカーを傘下にしているスウォッチグループに加入し、ようやく本格的に動き出す事になります。復興してまだ日が浅くはありますが、当時の設計思想に基づいたクオリティーの高い新作をリリースし、再びその名をと轟かせています。

Desc

17 Items

per page

新品 ジャケ・ドロー 腕時計

Desc

17 Items

per page

ジャケ・ドローについて

ジャケ・ドローについて

ジャケ・ドローとはどこから生まれ、他の時計職人と異なる点について解説をします。何故、時計造りの技術力の高さを宣伝する手法として自動人形作りを選んだのかについても解説をします。またその上で何故、ジャケ・ドローの時計工房は閉鎖に向かってしまい、復活を果たしたのかについても解説をします。ジャケ・ドローの時計がほかの時計と異なる点について、より精巧さを求めた結果がジャケ・ドローの時計のすべてであるということを説明します。

ジャケ・ドローの歴史

ジャケ・ドローは1721年に生まれた時計職人でスイス生まれの職人です。1752年からスイス郊外にて時計工房を営み高い技術力を見せつけるため、機械式のオートマタ開発を手掛けています。このオートマタ開発の知識が時計作りにも生かされ後に時計のギミックとして採用され、時間の表現をするギミックとして機能するようになります。しかしながらヨーロッパの戦争の他正統なる後継者が生まれなかったことによる後継者となる候補を育て上げることが出来ず時計工房の閉鎖に追い込まれましたが、大半の株式をDKSHジャパンが買い上げることにより再び復活を果たした時計工房です。

ジャケ・ドローの特徴

ジャケ・ドローの特徴は、より自然を意識した時計造りであることです。これは、自動式機械人形、オートマタ開発における分野でも意識された、より機械を自然に見せると言った取り組みで時計内の文字盤に自然を表現する仕組みを取り入れた時計であるということです。文字盤を回転させ四季の移り変わりを表現するなどの他に時間の経過を表現するといった自然と一体となるギミックを取り入れた時計造りがジャケ・ドローの特徴です。この技術はオート又技術を応用することで可能とし、オートマタ技術では当時コンピューターなどの演算装置を使用せず歯車などのギミックのみで自動式機械人形を構成していたため、それを時計に応用することで複雑な表現を可能としたのです。

ジャケ・ドローの定番モデル

ジャケ・ドローの定番モデルは、グランセコンドというモデルでクラシックな外見ですが機能性を重視し、自動巻きの機能など細かなギミックや装飾が施されているモデルが定番です。その他にもプティ・ウールミニットシリーズも定番として挙げられており、文字盤に彩色を施し躍動感のある動物を描いているモデルもあります。

ジャケ・ドローとは

ジャケ・ドローとは高い技術力を持つ時計職人が生み出したブランドの一つで、当時珍しいとされていた機械式人形の技術を鵜要することでより複雑なギミックを時計に搭載したのがジャケ・ドローです。しかしながら、ヨーローッパは当時戦争により戦火が広がった影響もありジャケ・ドローは時計工房の閉鎖を余儀なくされたのです。しかし、高い技術力に目を付けたDKSHジャパンが株式を買い上げることにより、無事時計工房として再出発をしたのがこのジャケ・ドローになり、技術力があるが故倒産し技術が埋もれてしまうことから逃れた時計ブランドでもあります。

To Top