About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
9S メカニカル

グランドセイコー 9S メカニカル 腕時計

グランドセイコーの9S メカニカルは、手巻き型の機械式ムーブメントとして、精度と耐久性を追求した製品です。一番のこだわりは、ゼンマイの動きを制御して規則正しい時を針に刻ませるエスケープメントにもたらされています。テンプに取り付けられたヒゲゼンマイは、時計の正確性を左右する重要な部品です。このパーツの形状を職人が微調整し、アートともいえる美しい波紋を作りだすので、確かな精度が期待できます。また、従来より硬い素材を用いて、衝撃や磁力に耐えうるものとなりました。 エスケープづくりには、半導体の製造技術を応用したMEMSというシステムを導入しました。このためにガンギ車やアンクルの軽量化が図られたとともに、部品製造における1μm単位での正確性が保たれました。これらは時計の使い心地や日差の短縮に役立っているだけでなく、部品どうしの連携をスムーズにすることで、時計を壊れにくくしています。

こうして最新の技術と職人の妥協ない技が詰め込まれた9S メカニカルシリーズの時計には、グランドセイコー独自のスペシャル規格が設けられています。これは世界の時計業界でトップクラスの規格で、国産腕時計の名にふさわしい精度であることを示します。

9S メカニカルを搭載した製品には、STGシリーズとSBGシリーズがあり、220の腕時計にこのムーブメントが採用されています。

Desc

3 Items

View as Grid List
per page
Desc

3 Items

View as Grid List
per page
グランドセイコー のその他の商品

世界トップクラスの腕時計グランドセイコー

日本のみならず世界で愛されているセイコーの腕時計。セイコーにはたくさんのブランドが誕生していますが、中でも最高級ブランドであるグランドセイコーは1960年に産声をあげました。厳しい規格をクリアするため、パーツ設計から組み立て、調整など全て国内で行っています。9Sメカニカルはシリーズに共通して、場所を選ばず付けやすいデザインとなっています。しかし見た目だけでないのがグランドセイコー。ここでは世界トップクラスの性能を紐解いていきましょう。

・厳しい規格「新GS規格」とは?
グランドセイコーの9Sメカニカルは、時計王国スイスの持つ規格より高い基準の「新GS規格」を採用しています。クロノメーター(Chronometre)という文字が文字盤に刻まれているのを見たことがありませんか。これはスイス公認クロノメーター検定協会が「この時計のムーブメント精度は信頼できます」と認定した商品につける称号です。厳しい基準をクリアした時計にしかつきませんので、Chronometreがあるだけでも大きな付加価値です。
では、その厳しい基準とは何でしょうか。まず15日間の試験期間を設け、時計を3つの温度下に置き、垂直・水平など5つの姿勢を取らせたうえで、日差がどれくらいかをテストします。日差とは日にどれくらい時刻がずれるかを意味します。クロノメーター規格ですと、日差は-4 ~ +6秒以内、姿勢は5つの姿勢、期間は15日間。この厳しい基準をクリアした商品にしかChronometreの称号は与えられません。一方、新GS規格は、日差が-3 ~ +5秒以内、6つの姿勢、期間は17日間と更に厳しい基準になっています。つまりグランドセイコーの9Sメカニカルはクロノメーター規格を上回る規格をクリアした腕時計なのです。

・グランドセイコー9Sメカニカルの魅力とは?
9Sメカニカル搭載のモデルを見てみましょう。例えばSBGH201は、スタイリッシュなシルバーにインパクトのあるブルーカラーの秒針が印象的です。背面は遊び心のあるシースルバック、裏蓋は勇気を与えてくれる獅子の紋章。場所を選ばないデザインで大人の雰囲気を演出してくれます。このモデルは10振動キャリバー9S85を搭載しています。 時計の精度を司る「てんぷ」は1秒間に10回振動します。1時間に換算すると36000回。実はこの数が驚異的で、一般的なムーブメントは21600回(6振動/秒)などです。てんぷは規則正しく往復運動をしており、これにより歯車などの速度を一定に保っています。そして振動数が多ければ多いほど、制御系を乱そうとする外的作用からの影響が少なく済みます。すなわち10振動を誇るキャリバー9S85搭載のSBGH201は超高精度と言っても過言ではありません。他にも9S85を進化させた9S86を搭載したSBGJ211などがあります。

・デザインと精度の融合
日本の腕時計は世界的に見ても高性能で知られていますが、高級感においてはスイスやドイツにやや遅れをとっていました。その長年の悩みを打ち破る起爆剤となったのがグランドセイコーです。そして、さらに精度が加わったのがグランドセイコー9Sメカニカル。時計王国スイスをも上回る厳しい基準を自ら設け、技術の神髄を極めた芸術と機能が融合した作品。内部まで芸術的であるパーツは、日本の工房で職人が丹念に制作したものです。1年間に制作できる数は限られていることからも、グランドセイコー9Sメカニカルがいかに高精度であるかが伺えます。







To Top