About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC -  Youtube TWC - BLOG Fake Warning
ロイヤルオーク

オーデマピゲ ロイヤルオーク 腕時計

オーデマピゲとは、1875年にスイスに誕生した高級時計メーカーのひとつです。高級時計と宝飾品も展開しており、美しいデザインの時計が数多くオーデマピゲから誕生しています。オーデマピゲは、世界三大時計メーカーのひとつとも数えられており、その特徴は、高い技術力にあります。数多くある時計メーカーより優れた技術力を有し、腕時計の小型化・薄型化技術を高め、腕時計開発の可能性を大いに広げていくことに役立ちました。そのようなオーデマピゲからは、様々なモデルが展開していますが、そのひとつとしてロイヤルオークがあげられます。

ロイヤルオークは、1972年に発表されたスポーティーな味わいを持っているデザインの時計であり、有名デザイナーが手掛けています。当時の時計に見られるデザインの定番を外れ、ステンレススチールの素材や大型のケース、八角形のベゼルのデザインなど、画期的でした。武骨で重量感の感じられるモデルで、多くの人々に愛されています。なお、イギリスの装甲艦ロイヤル・オークが名称の由来です。

Desc

23 Items

View as Grid List
per page
Desc

23 Items

View as Grid List
per page

オーデマピゲ ロイヤルオークについて

【オーデマピゲ ロイヤルオークの歴史】
オーデマピゲは、創業は1875年と歴史は古く、スイスに拠点を置く老舗の時計メーカーです。ジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲが創業者と言われています。1972年に発表された代表モデルの“ロイヤル オーク”は、当時、時計の素材は金とされていた中、ステンレススチールのラグジュアリー・スポーツ・ウオッチという新たな価値を生み出しました。当初はそのデザインがすぐには受け入れてもらえなかったのですが、その素晴らしさに次第に人気が高まりました。

【オーデマピゲ ロイヤルオーク時計の特徴】
8角形(オクタゴン)のケースを採用していて、潜水用のヘルメットの窓をイメージしています。六角形のネジはデザイン性だけでなく、ベゼルからケースバックまで到達していて、ネジでケースをしっかりと固定しています。このネジを使用して結合する技術は、オーデマピゲだけの特許技術です。

【定番モデル】
「15400ST.OO.1220ST.02」は、2012年に発売され、ケースのサイズをこれまでの39mmから41mmに広くしたモデルとなります。サイズアップはしたものの厚みは10mmにも満たないため、重さは感じられず非常にスタイリッシュです。文字盤はシンプルなシルバーですが、同じモデルで番号01ブラック・03ブルーのバリエーションを持ちます。ムーブメントはCal.3120で、裏蓋はシースルーなのでその美しさと動きを鑑賞することができます。
「26331OR.OO.D821CR.01」は、こちらはオフショアではない、ロイヤルオークのクロノグラフモデルです。厚すぎず大きすぎないケースがスタイリッシュです。リューズガードが小さめになっていることと、ケースが上品なピンクゴールドなので、スポーティーな印象も持ちつつもエレガントさも感じるモデルです。文字盤のブラウンとブルーのバリエーションがあります。

【ロイヤルオーク買取価格高騰】
「ロイヤルオーク」は最近人気が高まってきたこと、出回っている数が少ないことから、買取価格が高くなっています。定価と同じ位で買い取ることもモデルによってはあるのです。

【オーデマピゲの作業場】
ジュウ渓谷の山あいにある小さな村、ル・ブラッシュです。天然資源の森、水、鉄鉱石を含んだ岩が豊富なことから時計産業が発展したということです。メンズ時計のデザインや、商品開発にも女性の登用が目立っていて、プロダクトチームの半分は女性で構成しています。





To Top