オリエント クラシック

オリエント オリエント クラシック 腕時計

多摩計器株式会社が腕時計の製造を開始したのは、1950年のことでした。翌年の1951年、オリエント時計株式会社という社名に変更し、輝く星をイメージしたオリエントスターが誕生しました。オリエントスターは、1951年に誕生した国産腕時計です。1970年代から80年代にかけて、クォーツ時計全盛期の時代だったと言われています。機械式時計の人気が低迷した時代でもありました。オリエント時計は絶えることなく、機械式時計の製造を続けてきました。

オリエント時計には、1950年代から機械式時計を海外に輸出してきた歴史があります。クォーツ時計に欠かせない電池の入手が困難な国や地域を選び、1950年代から時計の海外輸出に力を注いできました。スイスの時計メーカーに対抗するため、高品質でリーズナブルな価格、それぞれの地域に見合ったデザインを模索し、輸出を続けてきました。故障が少ないクオリティーの高さや、個性的なデザインが認められ、海外市場で信頼を得ることに成功します。

オリエントスターの心臓部と言われているのが、1971年に誕生した46系と称されるムーブメントです。心臓部が透けて見えるようになっており、精度と耐久性を向上させることに成功しています。時代に合った要素を加えることができるため、様々なモデルにムーブメントが活用されてきました。オリエントスターのモデルは、オリエントスタースケルトンやオリエントスターチタン、オリエントスターメカニカルムーンフェイズなどです。

Desc

2 Items

View as Grid List
per page

新品 オリエント オリエント クラシック 腕時計

オリエント オリエント クラシック

オリエントの歴史と魅力について

オリエントはビジネスシーンやカジュアルシーン問わず幅広いスタイルに合わせて身につける事ができる時計です。また、購入しやすい価格帯でありながら、精密な機械式も販売されている事が魅力の1つとなっています。オリエントは19世紀に創業された伝統ある時計であり、多くの人から愛され続けているブランドです。そのオリエントの歴史を紐解き、多くの人から今もなお愛され続けている理由やその魅力についてを解説していきます。

オリエントの歴史

オリエントは1901年に創業され、当時は輸入時計の販売を中心とした吉田時計店という名前から始まります。そして、1920年には東洋時計製作所に社名を変更し、置き時計の販売をスタートされます。1951年に、オリエントの販売を開始した年にオリエント時計株式会社へと社名を変更します。1976年、この年代ではまだ珍しい、LEDテクノロジーが搭載しされた腕時計である、タッチトロンを発表した事により、一躍脚光を浴びます。その後、国産三大時計ブランドとして多くのファンを獲得しました。

オリエントの魅力

オリエントの魅力は良質な材質と高い加工技術です。また、クラシック時計の原点ともされているロイヤルオリエントは最上位モデルでもあり、シンプルなデザインでありながらも、上品である事から、販売当時から人気を集めていました。さらに、オリエントの魅力はシンプルでありながら、個性的なデザインのモデルも多くあり、年代やシーンを問わず多くのファンを獲得している事も魅力の1つです。また、精巧に作られた機械式であるにもかかわらず、非常に購入しやすい価格帯であるのも魅力となっています。

オリエントクラシック

オリエントのクラシックモデルは。とても上品であり、シンプルなデザインが特徴です。また、価格帯もハイブランの時計とは異なり、数万円で購入できるにもかかわらず、機械式時計としての高い性能が魅力となっています。また、クラシックはビジネスシーンに最適なモデルとなっており、身につける事で上品で品のある大人の魅力を感じされてくれます。

オリエントの中でも高い人気を誇るモデル

オリエントは上品でシンプルなデザインが多く、中でもクラシックや多くの人から愛され続けているモデルです。クラシカルなデザインであるため、ビジネスシーンでも着用でき、ムーブメントの性能の良さも人気と理由となっています。機械式であるため、手巻き自動巻きの時計となっていますが、高い技術に裏付けされた性能は多くの時計ファンから絶大な支持を集めています。また、コレクション性も高い事が魅力の1つです。購入しやすい価格帯であるため、一本は持っておきたい時計です。

To Top