About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
The Watch Company 公式ツイッター フォローをお願いします!
The Watch Company 公式インスタスラム フォローお願いします!
Hウォッチ

エルメス Hウォッチ 腕時計

1837年、フランスの馬具工房から始まったエルメスは、ケリーバッグやバーキンなどの高級皮革製品で知られるファッションブランドです。そのエルメスが展開する腕時計の中で、定番的なモデルと言えるのがエルメスHウォッチです。エルメスのHウォッチは、四角いフェイスとレザーストラップのシンプルなデザインの腕時計ですが、そのフェイスはエルメスの頭文字である「H」の文字を大胆に型どり、ベルトのバックルのような大きな「H」モチーフは、ひと目でエルメスと分かる存在感とエレガントさを醸し出しています。高級感がありながらも、文字盤も見やすく機能性・実用性に優れているので、ビジネスシーンやデイリーユーズにも重用されています。

ベルトはステンレスとレザーがあり、交換可能なレザーベルトはバッグ同様、メゾンの職人が丁寧に仕上げた上質なものです。レザーベルトは色・素材・ステッチ使いなどバリエーションも豊富で、二重巻きになったものもあります。エルメスHウォッチのサイズは大きく分けると2種類で、男性にも人気の高いユニセックスサイズのTGM(ケースサイズ32.2mm×32.2mm)と、ブレスレットのようにアクセサリー感覚で着用できるレディースサイズのPM(ケースサイズ21.2mm×21.2mm)があります。

Desc

1 Item

View as Grid List
per page
Desc

1 Item

View as Grid List
per page
エルメス のその他の商品

エルメスのHウォッチの特徴や種類

バッグやスカーフ、洋服など数々の定番商品や名品を生み出しているエルメス。そんなエルメスの中でも名品として呼び声高いのが、エルメスのHウォッチです。エルメスの「H」の文字を取り入れた腕時計で、1996年にフィリップ・ムケがデザインしています。エルメスらしいエレガントさを兼ね備えながら、機能性が高い腕時計としても人気を集めているのです。そこでエルメスの定番商品の一つであるエルメスのHウォッチについて解説します。

・ エルメスHウォッチの特徴は?
エルメスHウォッチはデザイン性が高いものはもちろんのこと、美しいものは機能性も優れているべきだというエルメスの考えから生まれた腕時計です。エルメスの頭文字をモチーフとして採用することで、一目でエルメスの時計だと分かるのも特徴です。
文字盤の部分は正方形で、アラビア数字が文字盤を囲むようなデザインになっています。Hの文字を取り入れた大胆なデザインになっていますがその中にも繊細さがあり、フォーマルな場所だけでなくカジュアルな場所でも着けられるのも魅力です。

・エルメスHウォッチの種類
Hウォッチには「Hウォッチ TPM」や「Hウォッチ PM」、「Hウォッチ TGM」や「Hウォッチ HH1.110」などがあります。「Hウォッチ TPM」はHウォッチシリーズの中でも小さなサイズのもので、ドレスウォッチという位置付けです。二連の革ベルトになっていて、タキシードやドレスなどのフォーマルな服装にもマッチします。
「Hウォッチ PM」はコンパクトなサイズになっていて、軽くて使いやすいのが良いところです。女性でも使いやすいサイズで、男女共に普段使いにも向いています。クォーツムーブメントも搭載されているので時間の誤差がほとんどなく、耐衝撃性にも優れています。「Hウォッチ TGM」は手首にきれいに沿うようなデザインで、肌にしっくり馴染むような形です。文字盤の部分にインパクトがあるデザインなので、時計部分を引き立たせるためにベルト部分をシンプルな一連のベルトにすればシックなイメージになります。 「Hウォッチ HH1.110」は他のHに比べて縦が長く、文字盤にはアラビアアンインデックスで数字が書かれています。シルバーのケースと革ベルトの組み合わせなので、錆びにくいのがメリットです。

・ ベルト部分が選べる
エルメスHウォッチのもう一つの特徴は、ベルト部分を交換することが出来ることです。自分のファッションに合わせて色を変えたり、着ける場所に合わせて使えます。簡単に交換することができ、自分好みにカスタマイズ出来るのもHウォッチならではです。定番色である黒や茶色、ベージュの他にもピンクやレッドなどがあり、ビビットなカラーを合わせればいつもと違った表情を見せてくれます。好きなベルトが販売されていない場合は、オーダーすることも可能です。







To Top