About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
ビッグ  バン

ウブロ ビッグ バン 腕時計

ウブロはスイスの高級時計メーカーで社名の由来はフランス語の舷窓を意味しており、ビスで留めたベゼルが特徴です。1979年にイタリアの時計・宝石メーカー 一族のカルロ・クロッコにより創立され、1980年には従来はなかった金とステンレスのケースと天然ゴムのラバーベルトとを組み合わせた「クラシック」を発表しました。当時クラシックはスイスの時計業界からは異端の扱いを受けていましたが、後にイタリアのファッション業界に認められたことをきっかけにヨーロッパ中に支持されるようになりました。

そのウブロの中で特に人気のモデル「ビッグ バン」は2005年に発売されました。ビッグ バンの特徴はその構造で、ステンレスやゴールドという素材とセラミックやタンタルなどあまり時計業界では一般的でなかった素材を両方持ったフュージョンと呼ばれる外装構造をビッグ バンでは採用しています。現在では有名ブランドとのコラボやスポーツ選手とのパートナーシップなど多くの著名人、有名人に愛用されています。

Desc

Items 1-24 of 50

View as Grid List
per page
Desc

Items 1-24 of 50

View as Grid List
per page

ウニコブラックマジックにキングゴールド・ウブロ ビッグバンがトレンドに

【独創的なデザインが魅力のウブロ】
高級腕時計ブランドの中でも近年注目を集めているのが、ウブロです。ほかにはない独特のデザインセンスと現代のトレンドを押さえた高級腕時計で、芸能人やスポーツ選手などが身に着けることも珍しくありません。このため「成功者の腕時計」と呼ばれることも多いです。このウブロが世界的な知名度を得るきっかけになったのが、ウブロ ビッグバンです。

【ファッショントレンドをうまくつかんだウブロ ビッグバン ウニコ ブラックマジック】
現在のファッショントレンドとして注目されているのが、ブラックです。ブラックを基調としたデザインはモダンでシックと、性別関係なく支持を集めています。腕時計の世界にもこのトレンドは波及しつつあります。ウブロもそのトレンドを意識して、2016年に投入したのがこのビッグバン ウニコ ブラックマジックです。その名の通り、黒を前面に押し出したデザインが特徴的です。男前な腕時計を求めている人には特におすすめです。

【ゴージャスなものが好きならウブロ ビッグバン ウニコ キングゴールド セラミック】
ゴージャスなテイストの腕時計を求めているのなら、おすすめはビッグバン ウニコ キングゴールド セラミックです。ゴールドがきらびやかで手元を華やかに演出してくれるからです。しかもただのゴールドではなく、キングゴールドである点に注目しましょう。ゴールドに銅とプラチナを含有させたことで、単独では不十分な強度をアップさせることに成功しました。ゴールドの場合、経年変色がどうしても起こります。しかしビッグバン ウニコ キングゴールド セラミックの場合、経年変色が起こりにくくいつまでも新品に近い輝きを保持できます。

【ウブロのコンセプトがすべて詰まったビッグバン ウニコ チタン×セラミック】
ウブロの中でも最も高い人気を誇るのが、ビッグバン ウニコ チタン×セラミックです。ケースとしてチタンとブラックセラミックを使っているところがミソです。大きくて存在感がある半面、見た目ほどの重さを感じさせません。しかも耐久性に強く多少の衝撃では傷がつきにくいですから、長く愛用できるところも特色の一つです。

【まとめ】
ウブロは他メーカーとは一線を画したオリジナリティあふれるデザインをしているところが大きな特徴です。華やかな感じは、ほかのブランドにはなかなかないです。スーツなどの袖元から少し出ただけでも、何か違うということを周囲に認識させるだけの存在感のあるブランドです。





モテるメンズ腕時計として注目のスピリット オブ ビッグバン

【ビッグバンシリーズで一線を画す存在】
日本でも徐々に人気になっている腕時計ブランドの中の一つに、ウブロがあります。ウブロの中でも人気がビッグバンシリーズです。ビッグバンシリーズの中でも特異な存在といわれているのが、スピリット オブビッグバンです。ビッグバンシリーズは従来、ケースは丸形でした。ところがスピリット オブ ビッグバンでは樽型のケースが採用されています。シリーズでも初の試みとして注目を集めています。

【高精度のゼニス社製を使用】
メンズ腕時計はデザインももちろん大事ですが、時計本来の機能である時間の正確さも無視できないところです。スピリット オブ ビッグバンでは、ゼニス社のムーブメントを採用しています。ゼニス社はロレックスの旧型デイトナのムーブメントを製作するなど、その正確さには定評があります。ビッグバンシリーズの中でもゼニス社製のムーブメントを導入したのは、スピリット オブ ビッグバンが初めてのことです。いつでも正確な時を刻んでくれて、デザイン面だけでなく実用面でも高い評価を受けています。

【くり抜き加工のカレンダー】
ビッグバンシリーズではカレンダーがついているのですが、文字盤含め数字はプリントされたものが使われてきました。しかしスピリット オブ ビッグバンの登場以降、数字のくり抜き加工がなされています。数字をくり抜く場合、職人さんの精巧な技術力が要求されます。コストや時間もかかりますが、一方でプリント物にはない気品を漂わせています。

【ベルトにはラバー素材を使っている】
ウブロの腕時計を見てみると、革のベルトのものがこれまで主流でした。革のベルトの場合、時間が経過するとカビなどの劣化もどうしても進みやすいです。金属ベルトの方が耐久性に優れていますが、高級感を出すとなるとやはり革のベルトの方が一日の長があります。スピリット オブ ビッグバンの場合、革だけでなくラバーも使っています。高級感を損ねることなく、耐久性もアップさせたのでベルトを交換することなく長く使用できます。

【まとめ】
ウブロはモテるメンズ腕時計として、有名人やアスリートなどがしばしば着用しています。それが一種の広告塔になって、一般でも購入を希望する人が増えています。ウブロの中でもビッグバンシリーズは高い人気があります。しかしビッグバンの中でも個性を出していきたいと思っている人は、ほかのモデルと一味違うスピリット オブ ビッグバンを身に着けてみてもいいでしょう。





   
           

ウブロビッグ バンについての豆知識

スイスの高級時計メーカーであるウブロを知っている方も多いでしょう。ウブロにはさまざまな時計があり人気の商品も多いです。そのなかでもビッグバンは、ラバーバンドやセラミックなどの新しい素材を取り入れています。高級時計のなかでも珍しく、世界中のさまざまな方から注目されているのでしょう。ここでは、そんな注目のウブロのビッグバンについてご紹介したいと思います。

ウブロの始まり

ウブロは1979年にイタリア人のカルロ・クロッコによって創設された高級時計メーカーです。当時はスイスを拠点として、珍しい時計を発表してたこともあり、周りから注目される機会も多かったようです。ウブロは良くも悪くも異端児扱いされることがあり、時計業界からも注目されているメーカーでした。それが功を奏したのか、イタリアのファッション界だけでなくヨーロッパの王族を中心に注目を浴びるようになり、徐々に知名度も浸透していくのです。

ビッグバンの生みの親

2004年にはジャン・クロード・ビーバーがCEOに就任し、ウブロは大きく飛躍していきます。このジャン・クロード・ビーバーはブランパンという低迷状態にあったスイス時計ブランドを、現在の有名メーカーオメガとして回復させたという実績があります。このCEOによってウブロのなかでも代名詞といってもよいほど有名なモデル、ビッグバンが誕生します。ウブロはこれらさまざまな人気モデルを生み出し、さらに市場規模も拡大し、現在では世界中から愛される高級時計メーカーへと発展を遂げているのです。

ビッグバンはウブロにとっても貴重なモデル

ウブロのなかでも知名度が高いビッグバンは、今でもなお人気の商品です。このビッグバンなしにウブロの成功はありませんでした。ウブロにとっては、それくらい貴重なモデルなのです。ビッグバンは当時にはない発想で、ラバーバンドやセラミックの素材を使用しています。なかにはカジュアルすぎるのではと心配する方もいますが、ウブロの高級感は損なわれていません。そのため、実用的なシーンだけでなくラグジュアリーなシーンでも利用することができるのです。

ビッグバンは現代と伝統の融合

ビッグバンはラバーバンドやセラミックだけでなくダイヤや金属を融合するため、より高級感が引き立ち美しい仕上がりとなっています。マットな素材でありながら、高級感を味わえるビッグバンモデルは、他の時計ブランドにはない珍しいモデルです。高級時計にありがちなベゼル上のメーターもついていません。あえて、他とは違う新しいデザインを取り入れているのです。ビッグバンはこのような新しい発想だけでなく、ストラップやビス止めには伝統的な技法が盛り込まれています。このように現代と伝統の融合はウブロのビッグバンならではと言えるものです。

To Top