About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
セラミカ

Rado セラミカ 腕時計

スイスは数多くの有名な時計メーカーを排出していますが、そんな時計メーカーの中でも素材開発という分野において他を圧倒してきた歴史を持つ時計メーカーがラドーです。その前身となるシュラップ・アンド・カンパニーは1917年に小さな時計ムーブメント工場でしたが、現在では高い技術力と優れたデザイン性を併せ持つ時計メーカーとして人気となっています。 そんなラドーが1990にリリースした腕時計がセラミカです。

ラドーの時計を語る上では欠かせない存在であるセラミカは名前からもわかるように従来の腕時計とは違ってセラミックをその素材としています。ケースを含めて全てをハイセラミックで作られたセラミカはラドーの持つ技術力の高さがわかる腕時計でもあります。 素材開発に力を入れるラドーらしい腕時計として、1990年代のラドーを代表する腕時計となっています。

ラドーセラミカはとてもスタイリッシュでシンプルなデザインとなっており、実用性も高いラドーらしい腕時計です。ケースとブレスレットが一体となったデザインはとてもスマートで、セラミックを素材としていることもあって軽い上に耐久性も高く傷付きにくいために様々なシーンで使うことが出来る腕時計となっています。

Desc

3 Items

View as Grid List
per page
Desc

3 Items

View as Grid List
per page

セラミカラドーの特徴はどのようなものか

【日本で言えば大正時代に創業している会社】
時計も様々な商品があります。日本製のものも多いですが、伝統的にスイス製のものは日本人に好まれている傾向があるでしょう。スイス製の時計の中でも、セラミカラドーと呼ばれる時計は日本でひそかに注目されている時計の一つになります。この時計を製造している会社がラドーと呼ばれており1917年にはすでに創業しているのが特徴です。日本で言えば大正時代に創業している会社ですが、現在までに生き残って時計を販売しているのはやはりその価値を認めている人が多いからといえます。
日本に本格的に入ってきたのは戦後になってからですが、大ブレークするわけではないもののマニアにとっては非常に価値のある時計として存在してきました。時計好きの人にとってはぜひ手に取っておきたい商品の一つです。

【100年以上にもわたり会社が継続しこのように人気が高い】
なぜ、100年以上にもわたり会社が継続しこのように人気が高い商品を継続して発売できるかといえば、デザインの素晴らしさもさることながら使っている素材にこだわりがあるからです。かつては、ダイヤマスターと呼ばれる超合金を利用していました。この超合金の特徴は、傷がつきにくいように頑丈な素材にしてあることです。腕時計は腕にはめるものですのでふとした瞬間にぶつけてしまい傷が付いてしまい、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。また、昔の統計は少しの衝撃を与えただけで壊れるようなこともありました。そこで、より頑丈な素材にしようと超合金を用いた流れになっています。
その後、素材の変更を行っていますがダイヤマスターよりもより頑丈とされているセラミックを利用するに至りました。

【1989年の段階で時計にセラミックを使う発想はラドー以外にはなかった】
セラミックを利用したのは1989年のことになります。当時、スペースシャトルの素材として注目を集めていたセラミックは非常に高価で、なかなか手に入るものではありませんでした。ただ、その半面鉄などよりもより頑丈になっておりしかも素材が軽いことから以上に多くの人が注目されています。2010年を超えてからセラミックを利用している時計は増えてきましたが、1989年の段階で時計にセラミックを使う発想はラドー以外にはなかったといえるでしょう。
金属を利用しないことにより、金属アレルギーの人にとっても非常に魅力的な商品の一つになります。今まで時計を利用できなかった人でも、セラミックを用いた時計ならばアレルギーを起こさず快適に使用することができます。
それ以外では、プラズマ加工技術と呼ばれる手法も開発されており、セラミックでありながらより輝きの増すような手法が採用されているのが特徴です。





To Top