おすすめの記事
おすすめハミルトン時計ランキング (男女別)2018
おすすめハミルトン時計ランキング (男女別)2018
おすすめハミルトン時計ランキング (男女別)2018
おすすめハミルトン時計ランキング (男女別)2018

自分にピッタリのサイズを探そう!サイズ別に見る腕時計11選 !

2020年6月17日
自分にピッタリのサイズを探そう!サイズ別に見る腕時計11選 !

腕時計のケースの大きさは、上から見た手首の幅に対して6割~7割程度が良いといわれています。ケースサイズが良い腕時計は、存在感だけでなく時間も見やすいはずです。今回は、ケースサイズ別に人気のモデルを紹介していきます。自分の腕のサイズや利用するシーンに適した腕時計を選んでください。

  • ビックサイズ 45mm以上
  • スタンダードサイズ 40~44mm
  • ボーイズサイズ 32~36mm
  • レディースサイズ 26mm~35mm

【存在感は抜群!ビックサイズ(45mm以上)3選】

ケースの直径が45mm以上の腕時計は、ビックサイズと呼ばれています。文字盤に表示される内容が、見やすい時計でカジュアルな印象が強いです。軍用時計を多く製造してきたパネライは、1998年頃におきた「デカ厚」ブームの火付け役です。ここでは、力強い印象を与えるビックサイズのモデルを紹介していきます。

 

■パネライ ラジオミール 1940 3DAYS アッチャイオ PAM00572

Panerai PAM00572

パネライ ラジオミール 1940 3DAYS アッチャイオ PAM00572の仕様:

直径:45mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー P.4000)

パワーリザーブ:約72時間

防水:10気圧(100m)

 

パネライは、1860年にイタリアで創業しました。ラジオミールは、イタリア海軍の要望を受けて1936年から開発を始めています。パネライは、暗い所でも見やすいようにラジウムベースの夜光塗料が塗られています。プレートの上には、数字とインデックスの部分に切り込みを入れた文字盤を重ねました。

この腕時計は現在もサンドイッチ構造であることに変わりませんが、夜光塗料はルミノールが使われています。1940年になるとクッション型ケースとラグを一体化させて防水性を強化させました。「ラジオミール 1940」は、ヴィンテージ感あふれるデザインが特徴的なシリーズです。

 

■パネライ ルミノール サブマーシブル PAM00692

Panerai PAM00692

パネライ ルミノール サブマーシブル PAM00692の仕様:

直径:47mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー P.9010)

パワーリザーブ:約72時間

防水:30気圧(300m)

 

1860年にイタリアで創業したパネライは、1949年にルミノールを発表しました。ラジオミールと同じクッション型のケースに、ブリッジ型のリューズプロテクターがついています。ルミノール サブマーシブルは、1956年にパネライがエジプト海軍のために作ったダイバーズウォッチモデルです。潜水時間をはかるのに便利な逆回転防止ベゼルがついています。

PAM00692は、2017年に登場したモデルです。ケースに使われているのはBMG-TECHと呼ばれるパネライ独自の金属で、軽くて頑丈なバルク金属ガラスが基になっています。サブマーシブルは、元々ルミノールの派生モデルでした。その後2019年に独立シリーズになっています。「LUMINOR SUBMERSIBLE」と文字盤に印字されているモデルは、現在製造されていません。今後貴重な1本になることが予想できます。

 

■ハミルトン ジャズマスター マエストロ オートクロノ H32766513

Hamilton H32766513

ハミルトン ジャズマスター マエストロ オートクロノ H32766513の仕様:

直径:45mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー H-21)

パワーリザーブ:約60時間

防水:10気圧(100m)

 

ハミルトンは、1892年にアメリカで創業しました。音楽のジャズの世界観を再現したジャズマスターは、クラシカルなラウンドケースと豊富なデザインが魅力的です。1969年にハミルトンは、タグ・ホイヤーと共同で自動巻きクロノグラフを開発しました。自動巻きクロノグラフを搭載したジャズマスター オートクロノの中でも特に上位モデルになるのが、巨匠の意味を持つマエストロです。

H32766513は、ホワイトの文字盤にゴールドの針とインデックスを組み合わせています。文字盤上にある機能の配置は以下のようになります。12時の位置に30分計で、6時の位置に12時間計が搭載されています。日付と曜日が表示されているのは3時の位置です。

 

【定番で使いやすい!スタンダードサイズ(40~44mm)4選】

116500LN

ケースの直径が40~44mmの腕時計は、スタンダードサイズと呼ばれています。日本でも普及しているタイプで、スーツにあわせやすいはずです。スタンダードサイズは、手首周りが20cm程度の人に向いています。ここでは、スタンダードサイズの中でもスポーティな印象が強いモデルを紹介していきます。

 

■ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN

Rolex 116500LN

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LNの仕様:

直径:40mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー 4130)

パワーリザーブ:約72時間

防水:10気圧(100m)

 

ロレックスは、1905年にスイスで創業しました。1963年に誕生したコスモグラフ デイトナは、プロのレーサーに向けて作られたシリーズです。クロノグラフ機能は、8分の1秒単位で計測できます。30分計は3時の位置にあり、12時間計は9時の位置にあります。

クロノグラフ機能の「スタート」「ストップ」「リセット」に必要なプッシャーはケースにねじ込まれていますが、押すと「カチッ」と良い音が響きます。速度計測に便利なタキメーターは、ブラックのセラクロム製です。

 

■ベル&ロス インストゥルメント BR0394-BL-CE

Bell&Ross BR0394-BL-CE

ベル&ロス インストゥルメント BR0394-BL-CEの仕様:

直径:42mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー BR-CAL.301)

パワーリザーブ:約42時間

防水:10気圧

 

ベル&ロスは、1991年にパリで創業しました。「パイロット」「ダイバー」「宇宙飛行士」「地雷除去隊員」といったプロフェッショナルの意見を参考に時計が制作されています。

BR0394-BL-CEに搭載されている機能は、日付表示機能とクロノグラフ機能です。搭載されているムーブメントは、ETA社の汎用ムーブメントETA294-2がベースになっています。3時の位置はスモールセコンドで、9時の位置は30分計です。文字盤の一番外側のインナーベゼルには、タキメーターが搭載されています。クッション型のケースは、マットブラックセラミック製です。ストラップは、汗に強いラバーを使用しています。

 

■タグ・ホイヤー アクアレーサー WAY101A.BA0746

TAG Heuer WAY101A.BA0746

タグ・ホイヤー アクアレーサー WAY101A.BA0746の仕様:

直径:43mm

ムーブメント:クォーツ

防水:30気圧(300m)

 

タグ・ホイヤーは1860年に創業しました。1969年には世界初の角型防水時計モナコを発表しています。

アクアレーサーは、2003年に登場したダイバーズウォッチです。潜水時間をはかるのに便利な逆回転防止ベゼルは、12面カットになっています。ケースとブレスレットは、ステンレススチール製です。ブレスレットは、手袋を着けたままでも装着しやすくなっています。

 

■ブライトリング スーパーオーシャン A13341C3/C893

Breitling A13341C3:C893

ブライトリング スーパーオーシャン A13341C3/C893の仕様:

直径:44mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー B13)

パワーリザーブ:約42時間

防水:50気圧(500m)

 

ブライトリングは、1884年にスイスで創業しました。創業当初からクロノグラフ機能に力を入れています。2時の位置には、スタートとストップボタンがあります。4時の位置にリセットのプッシュボタンを備えたのは、ブライトリングが初だといわれています。スーパーオーシャンは、1957年に特殊部隊のために作られたダイバーズウォッチです。1959年には、クロノグラフ機能を搭載したモデルが登場しています。

A13341C3/C893は、4分の1秒単位で計測できるクロノグラフ機能を搭載したモデルです。12時の位置は30分計、6時の位置は12時間積算計、9時の位置はスモールセコンドになっています。

 

【小柄な人や女性も着けやすい ボーイズサイズ(32mm~36mm)とレディースサイズ(26mm~35mm) 】

ロレックス ヨットマスター

ケースの直径が32~36mmの腕時計は、ボーイズサイズと呼ばれています。ケースの直径が26mm~35mmの腕時計は、女性向けに作られたレディースサイズです。ボーイズサイズは、手首が細い男性もピッタリ合います。レディースサイズだと使いにくい女性が、ボーイズサイズを使うことも多くなっています。

ここでは、ボーイズサイズとレディースサイズのモデルを2種類ずつ紹介していきます。華やかなモデルも多いので、使うシーンに合わせて選ぶことをオススメします。

 

■ロレックス ターノグラフ116261-SSO

Rolex 116261-SSO

ロレックス ターノグラフ116261-SSOの仕様:

直径:36mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー 3135)

パワーリザーブ:約48時間

防水:10気圧(100m)

 

1905年に創業したロレックスは、1945年に窓表示のカレンダー機能を開発しました。ターノグラフは、2004年から2013年頃まで作られていました。ターノグラフは「TURN-O-GRAPH」(ゼロに戻る)という意味が込められています。両方向回転ベゼルと日付表示機能が搭載されているのが最大の特徴です。

116261-SSOのケースとストラップは、ステンレススチールと18Kピンクゴールドを組み合わせた素材を使用しています。フルーテッドベゼルは、華やかな印象が強いです。

 

■チューダー ヘリテージ ブラックベイ M79500-0004

出典:tudorwatch.com

 

チューダー ヘリテージ ブラックベイ M79500-0004の仕様:

直径:36mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー 2824)

パワーリザーブ:約38時間

防水:15気圧(150m)

 

チューダーは、1930年代にロレックスのディフュージョンブランド(廉価ブランド)として誕生しました。スノーフレーク針(イカ針)が最大の特徴です。2012年に誕生したヘリテージブラックベイは、1970年代のサブマリーナモデルの復刻版です。M79500-0004は、スムースベゼルにブルーの文字盤を組み合わせたシンプルなデザインになっています。

 

■ティソ フラミンゴ T094.210.16.111.00

Tissot T094.210.16.111.00

ティソ フラミンゴ T094.210.16.111.00の仕様:

直径:30mm

ムーブメント:クォーツ(キャリバー ETA F03.111)

 

ティソは、1853年にスイスで創業しました。ETA社の汎用ムーブメントを採用しているので、価格が抑えられています。フラミンゴは、鳥のフラミンゴにインスピレーションを受けたシリーズです。ケースとストラップをつなぐ部分は、細く優雅な雰囲気を生み出しています。

T094.210.16.111.00の文字盤は、ホワイトのマザーオブパールです。日付は6時の位置に表示されて、細いバータイプの針とインデックスは落ち着いた印象を与えます。

 

■フランク ミュラー ハートトゥハート 5002 S QZ

Franck Muller 5002 S QZ

フランク ミュラー ハートトゥハート 5002 S QZの仕様:

ケースサイズ:31mm×26mm

ムーブメント:クォーツ

 

天才時計技師のフランク ミュラーは、1992年に自ら会社を立ち上げました。ビサン数字やエナメルの文字盤が特徴になります。ハートトゥハートは、トノー(樽)型のケースとギョーシェ彫りされた文字盤が特徴的なシリーズです。デザインにハートが取り入れられていて、可愛らしいデザインになっています。デザインは、ビサン数字のインデックスの一部がハートになっているタイプと文字盤の背景がハート柄になっているタイプの2種類です。グレーとホワイトを組み合わせたデザインは、落ち着いた印象を与えます。

 

【まとめ】

今回はケースの直径別に腕時計を紹介しました。大きな腕時計は、視認性の高さと存在感が魅力のひとつです。腕時計を選ぶときは、自分の手首周りに合わせて選ぶことをオススメします。自分にピッタリのサイズを把握して使いやすい腕時計を探してください。

コメントをする
To Top