機械式時計の取り扱い

皆さんこんにちは!

前回までは時計の豆知識や歴史、様々な機能についてお伝えしました。

今回は、既にお持ちの時計やまだこれから手にする機械式時計の取り扱いについてお伝えしていきたいと思います。

これを身につけておけば、お気に入りの大切な一本も一生大切にお使い頂けるのではないでしょうか?

 

今回は2つのポイントにまとめていきましたので、最後までお読みいただければ幸いです😊

高級時計の取扱点

やっと手に入れることができた大切な時計。

やはり丁寧に扱わないと、修理やメンテナンスにコストがかかってしまう…。しかし大切に使っているつもりでも、普段の日常生活での何気ない行動や行為で時計に負担をかけてしまっている可能性もあります。そこで、今回知っていると特をする、初心者がやってしまいがちな故障の原因を2つ紹介していきたいと思います。

時計に詳しい方も忘れてしまっている可能性もあるので、再認識していただければ幸いです。

 

 

磁気ダメージ

 

磁気ダメージとは、身の回りにある磁気を持った物の影響で時計に異常が発生してしまう事です。

今の私たちの生活では磁気を持ったもので溢れていて、スマートフォンやパソコン、スピーカーやバッグについているマグネットなども磁気を発生しています。

こういった製品の近くに時計を放置してしまうと、制度異常で時計が動かなくなる現象が発生します。

この対策としては、やはり長時間の磁気をもつ製品の近くには保管しない事、または5cm以上は離れた場所に置くことを心がける事で、磁気ダメージを防ぐことが可能です。

 

例えば、身近にある磁気を持つものを紹介したいと思います。

 

磁気を含むもの

 

ヘアドライヤー

電気毛布

テレビ

電話機

電動カミソリ

電気調理器具

パソコン

スマートフォン

大型スピーカー

磁気ブレスレット

磁気枕etc.

 

磁化してしまったら?

もしも、すでに磁化してしまった場合の対処方法もお伝えしていきたいと思います。

例えば、磁気不良かな?と思った場合、コンパス(方位磁石)にかざしてみましょう。

もしも、コンパスの時計がぐるぐると回転してしまうようであれば磁気不良と判断してください。

これはもう自分では修理不可能なので、お近くの店や購入先に修理をお願いしてください。

磁気不良の場合、修理はごく短時間で済むのがほとんどですが、

症状によっては高額な費用になる場合もあるそうです。

例えば、修理に出した場合

脱磁器と呼ばれる機械で修理を行います。

 

 脱磁器

上記の機械が脱磁器です。こちらの機械に乗せてボタンを押すだけで磁気不良を直す事が可能です。

 

注意すべきポイント

カレンダーがついている高級時計の場合NG時間と呼ばれる時間があり時刻を変更してはいけない時間ががあるんです。細かくいうと20pmから4amまでの時間は内部の設定が日付表示を変更する体制に入っている為無理にリューズを回してしまうと壊れます。時刻を反時計回りにすると部品の劣化や欠けてしまう恐れがあります。少しくらいなら大丈夫と気持ちで行ってしまうと故障の原因なる場合がありますので、なるべく行わないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

まだ他にも注意すべき点はありますが、また次回、紹介して行ければと思います。

大切な時計を守るために大切ことを知っておくと、長く使える事ができますよね😊

苦労して手に入れた気持ちをいつまでも忘れずに大切にして頂きたいと思います!

次回は、初心者でも分かるロレックスの選び方についてお伝えしていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます😊

 

コメントをする