人気が高まっているチューダー時計の魅力は?

2019年11月27日
人気が高まっているチューダー時計の魅力は?

チューダー (チュードル )は、創業当初にロレックスと同じパーツを使用していました。他社のムーブメントを使うことでコストを抑えていたようです。1990年代からチューダーは、自社ムーブメントの使用とロレックスにはない技術の導入を取り入れて独自ブランドとして開発と販売をするようになります。

今回は、チューダーが生産した独自ブランドに注目します。チューダーの人気腕時計を厳選して紹介していきます。

チューダー

チューダーの時計はデザインに大きな特徴がある

チューダーは、1930年代にロレックスがイギリスの一般市民向けに創業したブランドです。従って、当時のチューダーは、ロレックスの廉価ブランドとして扱われていました。基本的にロレックスと同じパーツを使用しているので、ロレックスと似ているデザインの腕時計が多くなります。

チューダーも少しずつ独自性を発揮するようになると、独自ブランドとして発展していきました。チューダーの独自デザインは、2つのデザインをあげることができます。

チューダーのダイバーズウォッチは針に特徴あり

チューダー最大の特徴は、針になります。チューダーのダイバーズウォッチの短針と秒針の先端には、1969年から正方形がつけられるようになりました。

この特徴的なデザインは、「スノーフレーク」「イカ針」などと呼ばれています。

チューダー

 

リューズに刻印されたデザインは2種類

リューズに刻印されたロゴは、シリーズによって異なります。盾の形をしたエンブレムは、1970年代頃からチューダーが取り入れ始めたロゴです。今回紹介する「ペラゴス」というシリーズには、「盾型」のロゴが使用されています。ちなみに1970年以前のモデルは、バラの形をしたロゴが使われていました。チューダー

チューターチューダーというブランド名は、イギリス王家の一つの「チューダー家」からきています。チューダー家の家紋にバラが使われていたことから、チューダーでは当初ロゴとしてバラのマークを使用していました。「ヘリテージブラックベイ」の中には、チューダーが発売した初代ダイバーズウォッチを参考にして作られているものが多くあります。

初代モデルに敬意を表すために今でもバラのマークが用いられています。

 

独自の進化を遂げたダイバーズウォッチ ペラゴス

チューダー

ペラゴスは、チューダーが独自に開発したダイバーズウォッチです。ケース、ベゼル、ブレスレットは、全部チタン製です。チタンというのは、丈夫で金属アレルギーによる反応も低い素材になっています。さらに、チタンは、非常に軽い素材で、それでいて充分な強度を備えています。そのため、チタン製の腕時計は長時間装着していても疲れにくいことが特徴です。

また、ブレスレットはチューダーの独自技術により水圧に応じて自動的に伸縮します。バックル付きのラバーストラップも伸縮性を備えています。

ここからは、チューダーの中でも人気の高いペラゴスから、TWCオススメの腕時計をいくつか紹介していきます。

 

ぺラゴス M25600TN-0001

View this post on Instagram

Tudor Pelagos M25600TN #tudor #tudorpelagos #m25600tn #pelagos #hovisepät

A post shared by Kellohullu – Riku Kaminen (@kellohullu) on Sep 24, 2018 at 10:04pm PDT

ぺラゴス M25600TN-0001の仕様

直径:42mm

ムーブメント:自動巻き式(MT5612)

パワーリザーブ:約70時間

防水:500m

M25600TN-0001の文字盤は、セラミック製のブラックです。逆回転防止ベゼルのインデックスと文字盤のインデックスや針は白いので、暗くなると光り輝きます。逆回転防止ベゼルは、ダイバーが潜水時間を測定するために使う機能です。誤作動を防ぐために、一方向しか回転できないようになっています。

ダイバーズウォッチの逆回転防止ベゼルは、暗くなるとゼロの部分だけ輝きます。インデックス部分は、光らないものが多くなっています。ペラゴスシリーズは、逆回転防止ベゼルにふられた数字やインデックスがすべて光ります。暗い中でも潜水時間が、把握しやすくなっています。

腕時計の中には、秒針が光らないものも多いのですが、ペラゴスは秒針も光ります。M25600TN-0001には、3時の位置についている日付表示窓で日付確認も可能です。

セラミック製のケースは、3時の位置にリューズが、9時の位置にはヘリウム排出バルブがついています。

 

ぺラゴス LHD 25610TNL-0001

25610TNL

ぺラゴス LHD 25610TNL-0001の仕様

直径:42mm

ムーブメント:自動巻き式(キャリバー MT5612-LHD)

パワーリザーブ:約70時間

防水:500m

 

25610TNL-0001の文字盤はブラックで、3時の位置には日付が表示されています。日付は、奇数月が赤で偶数月が黒になっています。文字盤と逆回転防止ベゼルには、ベージュで目盛りがふられているので、暗くなると青緑色に輝きます。25610TNL-0001の最大の特徴は、ケースになります。

ペラゴスのケース側面には、リューズとヘリウム排出バルブがついています。リューズとは、時間の調整やゼンマイを巻くときに使うパーツのことです。ヘリウム排出バルブがあることで、時計内部にたまった空気を放出することができます。腕時計の多くは、リューズが3時の位置についていることが多くなっています。

ペラゴスも型番の多くは、リューズが3時の位置にあって、ヘリウム排出バルブが9時の位置についています。ペラゴスLHDは、左利き用に作られた腕時計です。リューズが9時の位置で、ケース側面の左側についています。左利きの方は、腕時計を右手にすることが多いのが主な理由です。

右手に腕時計を装着したときに、左手でリューズが操作しやすいように、左側にリューズがついています。ヘリウム排出バルブは、3時の位置です。

 

敬意と最先端技術の融合 ヘリテージブラックベイ

ヘリテージブラックベイは、1970年代に発売されたダイバーズウォッチのサブマリーナ復刻版です。サブマリーナというモデル名は、ロレックスにも存在します。チューダーが発売したサブマリーナは、独特のカラーリングや「スノーフレーク」「バラモチーフのロゴ」などロレックスにはないデザインもあります。

ヘリテージブラックベイは、シリーズによって、搭載されている機能やカラーリングも異なります。ヘリテージブラックペイの中でも特徴のある型番を紹介します。

 

ヘリテージブラックベイ GMT 79830RB-0001

79830RB-0001

ヘリテージブラックベイ GMT 79830RB-0001の仕様

直径:41mm

ムーブメント:自動巻き式(キャリバー MT5652)

パワーリザーブ:約70時間

防水:200m

 

79830RB-0001は、ベゼルにGMT機能が搭載されたモデルになります。GMTとは、現地以外の時間帯を表示する機能のことです。79830RB-0001の場合、現地の時間はブラックの文字盤に刻印された白いインデックスで確認します。現地の日付は、3時の位置にある日付表示窓で確認可能です。

ベゼルには、24個の目盛りがついています。ベゼルは丈夫なスチール製で、上半分がブルーで下半分はマットバーガンディ(赤っぽい色)です。文字盤には、短針・長針・秒針の他に赤い針がついています。赤い針を動かすと、別の場所の時間帯を同時に確認することができます。

ブレスレットは、スチール製ブレスレット(金属製)・ブラウンのレザーストラップ(革製)・ブラックのファブリックストラップ(布製)の3種類あります。金属製・革製・布製は、それぞれの特徴があるので、自分に適したタイプを選択することをオススメします。

 

ヘリテージブラックベイ フィフティ―エイト M79030N-0001

View this post on Instagram

Reminiscent of a time when TUDOR divers' watches were first being made, the Black Bay Fifty-Eight is adorned with gold finishing touches applied to the hour markers, hands and minute track of the black and steel bezel.

A post shared by Nymans Ur 1851 (@nymansur1851) on Aug 10, 2018 at 11:15am PDT

ヘリテージブラックベイ フィフティ―エイト M79030N-0001の仕様

直径:39mm

ムーブメント:自動巻き式(MT5402)

パワーリザーブ:約70時間

防水:200m

 

チューダーは、1958年に初めてダイバーズウォッチを発売しました。初めて発売されたダイバーズウォッチに敬意を表すために、M7930N-0001はフィフティーエイトという名前がつけられています。ケースの直径は、39mmmなので、他の型番に比べると少し小さめです。文字盤と逆回転防止ベゼルは、ブラックが使用されています。

インデックスと針は、ゴールドで縁取られています。白い部分は、暗くなると光る構造になっています。

逆回転防止ベゼルの目盛り部分は光りませんが、金色に縁取られたゼロマーカーは、暗くなると光りだします。ゼロマーカーには、赤い三角形が印字されているのも特徴のひとつです。

ブレスレットは、スチール製ブレスレット(金属製)・ブラウンのレザーストラップ(革製)・ブラックのファブリックストラップ(布製)の3種類から選べます。

ブラックのファブリックブレスレットには、ゴールドのラインが入っているのが、M79030N-0001の特徴です。

 

ヘリテージブラックベイ ブロンズ M79250BA-0001

View this post on Instagram

?? L’orologio perfetto per l’estate e per un giro in barca. Se ami la patina, il nuovo Tudor Black Bay Bronze è quello che fa per te! – ?? The perfect summer and sailing watch. If you love patina, the new Tudor Black Bay Bronze is what you need! – ⌚️Model Ref. M79250BA-0001 – ? €3.860 (list price) – – #watch #italy #italia #italianstyle #orologio #tudor #blackbaybronze #M79250BA #tudorbronze #tudorblackbay #blackbaygmt #summerwatch

A post shared by Italian Watch Spotter – IWS (@italianwatchspotter) on May 25, 2019 at 5:05am PDT

ヘリテージブラックベイ ブロンズ M79250BA-0001の仕様

直径:43mm

ムーブメント:自動巻き式(キャリバー MT5601)

パワーリザーブ:約70時間

防水:200m

 

ヘリテージブラックベイ ブロンズは、2016年から発売開始されたシリーズになります。このシリーズの特徴は、ブロンズ(銅)を使用していることです。

これまで、腐食に弱いブロンズを使用した時計はほとんどありませんでした。ケースとベゼルは、ブロンズでできています。独自の技術によって、腐食に強いケースとベゼルを完成させました。ケースとベゼルは、「時」が経つにつれて少しずつ色が変化します。

文字盤と逆回転防止ベゼルの色は、スレートグレーです。文字盤上の針とインデックスとゼロマーカーは、ブロンズで縁取られていて暗い所で光り輝きます。

ストラップは、ブラックのヌバックレザーです。ヌバックとは、牛革の表面をヤスリがけして、起毛させた革のことを指します。ヌバックは、汚れへの耐性は少なくなっています。その分、エイジング(経年変化)を楽しむことが可能です。

M79250BA-0001の場合、ブラックのヌバックレザー以外にスレートグレーのストラップが2種類あります。

ジャガード織りのストラップは、模様が立体的に見えて色落ちもしにくいです。エイジドレザーストラップは、ヌバックレザーとは異なった印象を与えてくれます。

 

まとめ

チューダー

チューダーは、ロレックスの廉価ブランドとして発展してきました。現在は、チューダーにしかないデザインと機能をもった腕時計も数多く発売されています。チューダーが発売する時計の中には、同じ型番でもいくつかのストラップから選べるものも複数あります。腕時計はもちろんですが、ストラップも意識すると腕時計選びの楽しみも増えると思います。

 

あわせて読みたい記事:

チューダー ペラゴス :世界中にファンを持つチューダーのペラゴス

チューダー :代表するヘリテージブラックベイおすすめの3本

20万以下の腕時計!新社会人に最適なおすすめ4選

ダイバーズ腕時計 :50万円以内で購入可能 TOP5

この記事の関連商品
キーワード
コメントをする
To Top