エルプリメロを搭載したゼニスの人気時計 オススメ10選

2020年2月7日
エルプリメロを搭載したゼニスの人気時計 オススメ10選

ゼニスは、創業当初からマニュファクチュールにこだわってきました。エルプリメロは、ゼニスが生み出したムーブメントで、他のブランドにも採用されています。今回見ていくのは、ゼニスの中でもエルプリメロを搭載したモデルです。ムーブメントの動きを楽しめる文字盤も多いので、機械式時計を最大限楽しめるでしょう。

エルプリメロが一目置かれる理由

ゼニス

エルプリメロは、ゼニスが生み出したムーブメントです。他の自動巻きムーブメントより精度が高いので、多くのブランドにエルプリメロが使われたこともあります。ここでは、ゼニスとエルプリメロの特徴を説明していきます。なぜ「エルプリメロは最高級のムーブメント」と呼ばれるのかを理解してほしいと思います。

■天頂のブランド ゼニス

ヨーロッパの産業は、分業制が主流です。スイスの時計ブラン度の多くは、パーツやムーブメントは、他社に製造を依頼して改良や組み立てを自社でおこなっていました。ゼニス(ZENITH)とは、英語で「天頂」を意味します。1865年に創業したゼニスは、創業当初から自社製造(マニュファクチュール)にこだわっているブランドです。

■エルプリメロは第一のムーブメント

エルプリメロは、1969年に誕生しました。エルプリメロ(El Primero)は、エスペラント語で「第一の」という意味になります。腕につけている間ゼンマイが巻かれる「自動巻きムーブメント」は、1960年代後半に誕生しました。エルプリメロは、世界最初の自動巻きムーブメントのひとつと言われています。クロノグラフ機能を搭載した自動巻きムーブメントを開発したブランドは他にもありましたが、エルプリメロは一目置かれる存在でした。

代表的な例は、1988年から2000年頃までロレックスが「デイトナ」のムーブメントにエルプリメロを採用しています。ロレックスは、クロノグラフ機能を搭載したムーブメント以外は、ほぼ自社でムーブメントを製造していました。ロレックス意外にも「タグ・ホイヤー」「ブルガリ」「パネライ」「ウブロ」など、多くのブランドがエルプリメロを取り入れています。

■エルプリメロは一味違う

機械式時計の精度をしめす数値のひとつが「振動数」です。振動数とは、テンプが振動する数のことで振動数が多いほど精度が高くなる傾向があります。振動数が高いとパーツにかかる負担が大きくなるというデメリットもあります。一般的なムーブメントの振動数は、28,800振動です。エルプリメロの振動数は、36,000振動なのでかなりハイスピードになります。特殊な潤滑油を使用しているので、高い精度と耐久性を兼ね備えているのです。

 

ムーブメントの動きを堪能 デファイ3選

ゼニス

デファイは、ケース素材にチタンやセラミックを取り入れたスポーティなシリーズです。文字盤は、スケルトンになっているのでムーブメントが表側から見えます。100分の1秒単位で計測できるクロノグラフ機能を搭載しています。3時の位置は30分カウンター、6時の位置は60秒カウンターで、12時の位置には残りの稼働量が表示されます。ここでは、デファイの中でもエルプリメロを搭載したモデルと紹介します。同じスケルトンの文字盤でもケースの素材や使われているパーツの色によって雰囲気が異なります。

 

■デファイ エルプリメロ21 95.9000.9004/78.R582

zenith

デファイ エルプリメロ21 95.9000.9004/78.R582の仕様:

直径:44mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ9004)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

この腕時計は、銀色に輝くチタンのケースにスケルトンの文字盤を組み合わせたモデルです。ケースの裏側からは、大きな星形のローターが見えます。ストラップは、アリゲーターレザーとラバーを組み合わせたものです。ラバーが使われているので汗に強くなっています。

 

■デファイ エルプリメロ21 49.9000.9004/78.R782

zenith

デファイ エルプリメロ21 49.9000.9004/78.R782の仕様:

直径:44mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ9004)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

ブラックセラミックのケースにスケルトンの文字盤を組み合わせたモデルです。バックルにもブラックDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングが施されています。ストラップは水に強いブラックのラバーです。ラバーには、凹凸(おうとつ)が付いているので力強さが増しています。

 

■デファイ エルプリメロ21 95.9002.9004/78.R584

Zenith Defy

デファイ エルプリメロ21 95.9002.9004/78.R584の仕様:

直径:44mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ9004)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

チタン製のケースにスケルトンの文字盤を合わせたモデルです。ムーブメントの一部にブルーのパーツが使われています。ストラップの組み合わせは、ブルーのアリゲーターレザーとブラックのラバーです。ケースの裏側からは、青い星形のローターが見えます。

 

どの程度機械を見せるか クロノマスター5選

ゼニス

クロノマスターにもクロノグラフ機能が搭載されています。3時の位置は30分カウンターで、6時の位置は12時間カウンターになっています。クロノマスターは、文字盤のデザインによって3種類にわかれます。どの程度ムーブメントが見えるかによって雰囲気や使い心地も大きく異なるので、自分に適した1本を選ぶことをオススメします。

■クロノマスター エルプリメロ 03.2040.400/69.C494

Zenith

クロノマスター エルプリメロ 03.2040.400/69.C494の仕様:

直径:44mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ400B)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

サンレイ装飾を施したグレーの文字盤に、赤いクロノグラフ針が輝くモデルです。文字盤の一番外側のインナーベゼルには、速度計測に便利なタキメーターが搭載されています。日付表示窓は6時の位置です。インデックスは、シンプルなバータイプで知りたい情報の確認がしやすくなっています。

 

■クロノマスター エルプリメロ フルオープン 03.2153.400/78.C813

Zenith Chronomaster

クロノマスター エルプリメロ フルオープン 03.2153.400/78.C813の仕様:

直径:38mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ400)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

スケルトンの文字盤に「ブルー」「ダークグレー」「グレー」のカウンターを組み合わせたモデルです。日付は、4時30分の位置に赤く表示されます。ケースは、ステンレススチール製です。ケースの裏側からも、ムーブメントの動きを見ることができます。

■クロノマスター エルプリメロ オープン 51.2080.4061/69.C494

zenith chronomaster

クロノマスター エルプリメロ オープン 51.2080.4061/69.C494の仕様:

直径:42mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ4061)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

文字盤からムーブメントの一部が見えるモデルです。ケースにはステンレススチールと18Kローズゴールドが使われています。針とインデックスもローズゴールドです。ストラップには、ラバーで裏打ちされたブラウンのアリゲーターレザーが使われているので、全体的に押し付いた落ち着いたデザインになっています。

 

■クロノマスター エルプリメロ オープン 03.20416.4061/51.C700

Zenith Chronomaster

クロノマスター エルプリメロ オープン 03.20416.4061/51.C700の仕様:

直径:42mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ4061)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

「クロノマスター エルプリメロ オープン 03.20416.4061/51.C700」は、ブルーの文字盤とラバーで裏打ちされたブルーのアリゲーターレザーストラップを組み合わせたモデルです。文字盤の一部は、スケルトンになっていてムーブメントが見えます。ケースは、ステンレススチール製です。針とインデックスも銀色なので、ムーブメントの金色が際だって見えます。

■クロノマスター エルプリメロ オープン 03.2040.4061/21.M2040

Zenith

クロノマスター エルプリメロ オープン 03.2040.4061/21.M2040の仕様:

直径:42mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ4061)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

サンレイ装飾を施したブラックの文字盤にステンレススチール製のケースとブレスレットを組み合わせたモデルです。文字盤からムーブメントの一部が見える構造になっています。12時間カウンターの部分と30分カウンターの部分もブラックです。文字盤の一番外側には、タキメーターも搭載されています。

 

敬意をこめて パイロット

ゼニス

パイロット向けの腕時計は、各ブランドが発売しています。ゼニスのパイロットは、特にクラシカルな印象が強いです。ここからは、パイロットの中でもイタリア軍に採用されたモデルの復刻版を紹介していきます。高い精度とクラシカルなデザインが楽しめるモデルです。

■PILOTと記載できるのはゼニスだけ

パイロットには、アイボリーのインデックスやタマネギ型のリューズを取り入れたモデルがなっています。文字盤に「PILOT」と記載されているのも大きな特徴です。1909年7月に英仏海峡横断飛行を成し遂げたルイ・ブリレオ氏は、ゼニスの腕時計をつけていたと言われています。ゼニスの腕時計は、パイロット・ウォッチの先駆けとも言われているのでゼニスのみ文字盤に「PILOT」と記載できます。

■カイレリモデルとは?

「TIPO CP-2」は、1960年代にイタリア陸海軍のパイロット達が愛用したモデルです。イタリアの納品業者から「カイレリモデル」と呼ばれています。「カイレリモデル」は、グレーの30分カウンターとスモールセコンドで備えたモデルです。ミリタリーウォッチですが、落ち着いたデザインになっています。

 

■ヘリテージ パイロット リバイバル クロノメトロ TIPO CP-2 03.2240.4069/21.C774

Zenith

ヘリテージ パイロット リバイバル クロノメトロ TIPO CP-2 03.2240.4069/21.C774の仕様:

直径:43mm

ムーブメント:自動巻き(キャリバー エルプリメロ4069)

パワーリザーブ:約50時間

防水:10気圧(100m)

2016年に1000本限定で作られたモデルです。1960年代後半に発売した「カイレイモデル」の復刻版で、ケースや文字盤のデザインは当時のものを再現しています。クロノグラフ機能を搭載していて、3時の位置に30分カウンターがあります。9時の位置にあるのは、スモールセコンドです。ストラップは、滑らかな質感が楽しめるカーフスキンです。全体的にブラックが使われているので、様々なシーンで使いやすくなっています。

 

まとめ

ゼニス

今回は、ゼニスの中でもエルプリメロを搭載したモデルを紹介してきました。エルプリメロは、他のブランドでも使われることが多いので、まさに「第一の」ムーブメントと言えます。ゼニスの腕時計は、ムーブメントの動きを最大限に楽しめるものが多くなっています。使うシーンに合わせて文字盤のデザインを選ぶことをオススメします。

 

合わせて読みたい記事:

ゼニスの人気シリーズ クロノマスターからオススメの5選!

ゼニス デファイ :デファイの魅力とは?

ムーブメントに魅力のあるメーカー「ゼニス」オススメ6選!

キーワード
コメントをする
To Top