チューダー :代表するヘリテージブラックベイおすすめの3本

Apr 15, 2019
チューダー :代表するヘリテージブラックベイおすすめの3本

ロレックスの姉妹ブランドである チューダー (チュードル )は、 パーツはロレックスと同じであるにも関わらず、リーズナブルな価格で多くの人に支持されています。その中でも2012年にリリースされたチュードルヘリテージブラックベイは大変な人気で、フラッグシップモデルとして確固たる地位を築きました。ここでは、おすすめのヘリテージ ブラックベイを3種類紹介します。

 

チューダーヘイリージブラックベイ クロノグラフ: クラシカルなデザインで人気上昇中

 

79350-0001

 

2017年にリリースされた「チューダーヘイリージブラックベイ クロノグラフ 79350」は、チューダー腕時計が1970年代に販売していたサブマリーナの復刻版的なデザインが特徴です。通称「イカ針」が採用されており、ダイアルにはブランドの「楯」マークがプリントされています。この楯は、イギリス王家であるチューダー家の楯が由来です。

 

 

さらにリューズトップには、王室のガーデンを彷彿とさせる「バラ」マークが刻まれます。ブレスレットのリベットブレスはヴィンテージロレックスに採用されていたもので、クラシカルな雰囲気を纏います。また、レザーベルトを選ぶことも可能です。

搭載されている自社開発したMT5813ムーブメントのパワーリザーブは、70時間を誇ります。これはCOSC(スイス公式クロノメーター検査協会)公認のクロノメーターが取得されているもので、クロノマットやナビタイマーにも用いられています。自動巻きなので、毎日のように使用していれば自分で巻く必要はありません。防水機能は200m防水、長時間の水中使用に耐える程度の防水性を備えており、付けっぱなしで泳ぐことも可能です。もちろん水仕事程度の水濡れを心配することはありません。クロノグラフはタキメーターが付属、時速が計れます。ケースの41mmというサイズは、外国人男性と比べてやや細い日本人男性の手首にも適したサイズです。

 

チューダー ヘリテージブラックベイ ブロンズ: 落ち着いたブロンズカラーが魅力

 

79250BM-0005

 

「チューダー ヘリテージブラックベイ ブロンズ 79250BM」がリリースされたのは2016年のバーゼルワールドでのことです。銅をPVDコーティングした上でサテンで仕上げたステンレススチールのケースに「バラ」マークが刻まれたリューズトップ、ベゼルとダイアルはブロンズを引き締めるブラウンです。ブロンズは年月が経っても色の変化が少ないので、長く使い続けたい人に適します。

ムーブメントは、動きに合わせてゼンマイが巻き上がる自動巻きです。搭載された新作の自社開発品MT5601はCOSC公認のクロノメーターで、70時間のパワーリザーブと高い性能が認められています。機械式時計でネックになりやすいゼンマイ切れの心配が少ない腕時計と言えます。

 

 

標準のストラップはエイジング加工されたレザーで、特別にNATOストラップが付属します。プライベートの時間と仕事の時間を分けてストラップを付け替えれば、よりファッションを楽しめます。ケースのサイズ43mmは手首が太めの男性に似合う大きさとなっており、カジュアルファッションに最適です。

同ラインに「79250BB」があり、これはブッヘラー創業130周年に特注された商品です。ベゼルやダイアル、NATOストラップの深いブルーが一際目を引く、大人の色気を感じる一本となっています。これは特別品のため、購入できる店舗は多くありません。希少ともいえるメンズ腕時計は、プレゼントにも向きます。

 

チューダーヘリテージブラックベイ: シンプルなデザインは1本持っておきたい

 

79540-0004

 

シンプルなデザイン、なおかつリーズナブルな価格で幅広い人におすすめできるのが、「チューダーヘリテージブラックベイ 41 79540」 です。ロレックスの姉妹ブランドということを思い出させるデザインで、どのファッションとも喧嘩しません。ケースのサイズは、やや細めの手首に合う41mmです。

宝石のサファイアと同じ組成で高い強度を持つサファイアガラスを採用しているので、過酷な現場で仕事をしている人も安心して着用できます。シャイニーブラック仕上げのダイアルは夜光インデックス付きで、夜間も使用しやすいです。150mの耐水圧機能は、150mの水深で着用したまま活動できるという意味です。素材は全てステンレススチールなので、汚れたら洗うこともできます。

 

 

自動巻きムーブメントには、キャリバー2824が搭載されています。これは、ETAのキャリバー2824-2を独自の基準で大きく改良したものです。パワーリザーブは38時間と、前述の2本には劣るものの、1日以上持つので十分と言えます。

特にクロノグラフは使う予定がない人やコスパに優れた腕時計を探している人、チューダービギナーの人などにおすすめです。また、デザインが似ているロレックスのエクスプローラー1は手が届かないという人にもおすすめできます。ブレスレットはステンレススチールの他、カモフラージュ柄のファブリックストラップが付属されています。さらに、ブラックのファブリックベルトを採用したタイプを選ぶことも可能です。

 

他にはないカラーリングも要チェック!

 

 

チューダーはヘイリージブラックベイをリリースして以降、広く知られるようになりました。ダイバーズウォッチなので、過酷な使用にも耐え得る腕時計という点も魅力の一つです。ロレックスと似たようなデザインを求める人は、候補にしてみてはいかがでしょうか。ベゼルに他のブランドにはないカラーを採用しているコレクションもあるため、色々と見てみてください。

この記事の関連商品
コメントをする
To Top