ウブロ ビッグバン :意外な素材の組み合わせで世界を驚かせる!

Apr 16, 2019
ウブロ ビッグバン :意外な素材の組み合わせで世界を驚かせる!

ウブロは、新たな素材をいち早く取り入れる時計ブランドとして一目置かれています。ブランドコンセプトの「異なる素材とアイデアの融合」を十二分に現しているのが、ビッグバンコレクションです。スポーツ選手やミュージシャンなど多くのセレブに人気なのは、独特のデザインのみならず高い実用性も理由の一つです。ここではイチオシの ウブロ ビッグバン を3つ紹介していきます。

 

ウブロ入門はスタンダードモデルから

 

301.SB.131.RX

 

初代ウブロ ビッグバンの「ビッグ・バン スチール セラミック 301.SB.131.RX」は、2005年に発表されて以降、人気が衰えることのないスタンダードモデルです。素材はステンレススチールをベースに、腕時計の中で一番傷つきやすいとされるベゼルにブラックセラミックを採用しています。

セラミックを使った腕時計を最初に発表したのはラドーですが、ベゼルだけ新素材にするという発想は、ウブロが先駆けだったと言われています。セラミックの硬度はサファイアクリスタルと同等で、ステンレススチールと比較すると10倍以上の硬さです。傷に強いことは間違いないでしょうが、風防に使われるサファイアクリスタルと同様に、一点集中的な衝撃には弱いです。落としたりぶつけたりすると割れてしまうため、その点は十分に注意してください。

 

 

ケースのサイズは約44mmと大きく、ごつめです。手首の太いスポーツマンタイプの男性に似合うかもしれません。ベルトはスタッズを想起させる凹凸加工を施したラバー製で、汗をかくスポーツ時にも使いやすいです。潜水はできない10気圧防水機能ですが、水中での使用は可能です。

 

 

自動巻きムーブメントはHUB4100を搭載、これは約42時間のパワーリザーブとなっています。毎日のように使用していれば、時間が止まることは考えにくいです。

デザイン的には黒の文字盤に赤のクロノグラフ針がポイントとなっており、ベゼルやベルトのブラックとケースのシルバーとのコントラストが男らしさを感じさせます。ビッグバンの中では手の届きやすいプライスも魅力です。

 

メカの動きに心が躍る男性におすすめの製品

 

411.CI.1170.RX

 

2016年に発表された「ビッグバン ウニコ ブラックマジック411.CI.1170.RX」は、流行の波を捉えたオールブラックの腕時計です。ケースはブラックセラミック製、ベルトはラバー製で、10気圧防水となっています。プールで着けたまま泳ぐことが可能ですし、フライバック機能付きクロノグラフが搭載されているので、タイムを計りやすいです。ゼロリセット&リスタートしたいときは、4時の位置に付いているリセットボタンを一つ押すだけで済みます。コラムホイールはボタンの押し心地が柔らかく、安定した動作で定評があります。

 

 

ケースのサイズは約45mm、厚みが約13mmと、先述の「ビッグ・バン スチール セラミック」よりもさらにごつく、男らしさを引き立ててくれるデザインです。自動巻きムーブメントには、完全自社製のHUB1242(ウニコ)を搭載しています。

ウニコはスケルトン仕様にすることを想定して設計されたキャリバーなので、コラムホイールと水平クラッチは文字盤側に移動してあります。スケルトンの文字盤から内部機構が見えるというのは、腕時計マニアにはたまらない魅力ではないでしょうか。

 

 

内部機構によって時間が見づらくならないように、インデックスを大きくし、蓄光塗料をたっぷり塗ってあります。さらに風防には無反射コーティングが施してあり、内側にはブランドのロゴを印字しました。

複雑化したケースに加えて、新たにストラップ交換システムが搭載されたにも関わらず、先代モデルと価格がほとんど変わらない点も大きく評価できます。メカ好きの男性は特にチェックすべき1本と言えます。

 

サテン仕上げのブルーダイアルを袖から覗かせたい

 

301.SX.7170.LR

 

「ビッグバン スチール ブルー 301.SX.7170.LR」は、2017年に発表されました。ステンレススチールのベゼルに囲まれたサテン仕上げのブルーダイアルが印象的です。さらにブルーのラバーとアリゲーターレザーを張り合わせた「グミ」アリゲーターストラップは汗に弱いレザーを補強してくれるので、耐久性が高いです。防水性は10気圧となっていますが、レザーは水濡れに弱いため、水中での使用は避けてください。

 

 

ケースのサイズは44mm、厚みは約15mmとなり、先述の「ビッグバン ウニコ」より約2mm厚いです。こちらの方がデザインがすっきりしており、レザーストラップであることから、スーツにも合わせやすいと考えられます。

ムーブメントは自動巻きクロノグラフで、キャリバーはHUB4100を搭載、パワーリザーブは約42時間です。フル機能ワーキングクロノでジョギングやマラソン時にも活躍します。なお、30分積算計が3時位置のインダイアル、12時間積算計が6時位置、時計の秒針が9時位置です。

 

 

バーインデックスや短針、長針は太くて見やすく、さらに日付が表示されるデイト表示機能が付き、実用性に優れています。また、サファイアクリスタルバックスケルトンのケースにより、内部機構が密かに見られるのが、メカ好き男子の心を躍らせます。

 

ヨーロッパの王族にも人気!

 

ウブロ ビッグバン

 

ウブロのビッグバンは革新的なデザインで、世界中のセレブのみならず、ヨーロッパ各国の王族にも支持されています。完全自社キャリバーの開発にも成功し、益々目が離せない時計メーカーとなりました。特にビッグバンは、「おっ」と思われるメンズ腕時計が欲しい人におすすめのコレクションです。今回紹介しきれなかった製品も多くあるので、ぜひともチェックして、お好みの1本を見つけてみてください。

この記事の関連商品
コメントをする
To Top