Fake Warning
The Watch Company 公式ツイッター フォローをお願いします!
The Watch Company 公式インスタスラム フォローお願いします!
GMTマスターII

陸のエクスプローラー、海のサブマリーナーそして、空のロレックスとして有名なGMTマスターです。1983年にはGMTマスターⅡが登場。短針を単独で操作が可能となり、GMTウォッチとしてさらに進化しました。現行モデルでは、傷に強いセラクロムベゼルを採用するなど、質感も向上しています。

Desc

11 Items

View as Grid List
per page

ロレックス

GMTマスターII

116758-SANR
¥11,688,800 (税込)

GMT-マスター II ブラック/18k ゴールド Ø40mm

  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

116718LN BK
¥3,199,900 (税込)

GMT-マスター II ブラック/18k ゴールド Ø40mm

  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

126710blro-0001
¥1,969,000 (税込)

GMT-Master II Black Steel 40mm

  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

126715chnr-0001
¥4,449,900 (税込)

GMT Master II Black 18k Everose Gold 40mm

  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

116710 LN
¥1,259,901 (税込)

GMT-マスター II ブラック/スーチル Ø40mm

  • 新品
  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

116713 LN
¥1,469,900 (税込)

GMT-マスター II ブラック/18k ゴールド Ø40mm

  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

116719BLRO-0002

売り切れる

GMT-Master II Blue 18k white gold 40mm

  • 新品

ロレックス

GMTマスターII

126711CHNR-0002

売り切れる

GMT-Master II Black Steel/Everose Gold 40mm

  • 新品
  • 新品
Desc

11 Items

View as Grid List
per page

3つのタイムゾーンを表示できる「ロレックス gmtマスター」

【ロレックス gmtマスターの歴史】
ロレックス gmtマスターは、ロレックスが1950年代にパン・アメリカン航空に勤務する国際線パイロットのために開発したラインです。国際線パイロットは、運航する2つの都市におけるタイムゾーンを正確に把握する必要がありますが、当時の時計ではどんなに高級な1本をもってしても一つの時刻しか表示することが出来ませんでした。そこでロレックスでは、2つのタイムゾーンを同時に表示できるgmtマスターIと、3つのタイムゾーンを同時に表示するgmtマスターIIとを独自開発によって誕生させたのです。このうち、gmtマスターIは1990年に廃盤となっていますが、希少価値がついてヴィンテージモデルとして現在でも高い人気があります。ちなみに、gmtマスターのgmtとはGreenwich Mean Time、つまり世界基準のタイムゾーンのことです。

【ロレックスgmtマスターI&IIの特徴は?】
gmtマスターIとIIは、どちらも海外旅行を楽しむ人のためにgmtマスターIは2つのタイムゾーン、gmtマスターIIには3つのタイムゾーンが同時に表示できる機能が搭載されています。しかも、24時間で一周する回転ベゼルとなっているため、昼でも夜でも時間を正確に把握しやすいという特徴があります。現在ではgmt機能が搭載されている時計はたくさんのブランドからラインナップされていますが、ロレックスgmtマスターが誕生した1950年代においては、海外を飛び回るビジネスマンたちにとっては憧れともいえる時計だったのです。
gmtマスターIIは、2007年にベゼルディスク部分の素材をセラミックに変更して耐傷性を高めたり、2013年には赤と青のベゼルディスクを導入してスタイリッシュな雰囲気を盛り込んだりと、遊び心も満載のラインナップとなっている点が特徴的です。この赤と青のベゼルディスクはロレックスの象徴ともいえるデザインですが、シンプルなデザインに見えるその背景には、一つのセラミックを2つのカラーに分けるという高度な技術が存在しています。さりげないオシャレにも高度なテクノロジーをふんだんに使っている点が、ロレックスgmtマスターに限らず、すべてのラインに共通する魅力と言えるでしょう。

【gmt機能の使い方は?】
gmt機能の使い方は、とても簡単です。海外旅行などでタイムゾーンが異なる目的地に着いたら、時差の分だけ時計を進め、同時に回転ベゼルもおなじ分だけ回転させます。そうすることによって、ベゼル上の数字が現地時間と日本時間の両方を示すことが可能となります。

発売当時はセンセーショナルだったロレックスgmtマスターIは、現在ではIIに姿を変えて、より高機能でスタイリッシュに進化し続けています。海外旅行など異なるタイムゾーン間の行き来をするユーザーにとっては、必要不可欠な1本ではないでしょうか。





ロレックスについての豆知識

ロレックスは、1908年の創業以来、腕時計業界に様々な画期的な技術的な革命をもたらし、今なお進化を続けています。 日本においても機械式時計として人気の高いロレックスは、熟練の技術者たちの高い技術力に支えられた機能美や信頼性は、 他のブランドにはない、価値があります。

ステンレススチール

904L stainless steel

ムーブメント供給

他社には一切部品やムーブメントを提供しないロレックスです。唯一ムーブメントを供給していたブランドが、パネライです。

王冠マーク

ロレックスの象徴となっている王冠マークの意味は時計職人の手とも言われています。

ROLEXの語源

ROLEXの公式見解は発表されないのでいまだに特定はできません。

To Top