About Us About Shipping Delivery TWC - PreOwned TWC -  New-Arrivals TWC - BLOG Fake Warning
ホイヤー ヘリテージ

タグ ホイヤー ホイヤー ヘリテージ 腕時計

スポーツウォッチの世界でゆるぎない地位を確立しているスイスの高級時計メーカーがタグホイヤーです。ホイヤー社を設立する前にエドワード・ホイヤーはサンティミエにある時計メーカーLs.Kierneur&Fils社で働いていました。4年間働いた後の1860年に同じサンティミエで自分の時計製作工場を開設しました。開設時に流行していたスポーツイベントからスポーツウォッチのインスピレーションを得た彼は、その高い技術力と創造力で数々の技術革新を実現しました。

タグホイヤーヘリテージの特徴であるクラシックの王道を行くデザインの内側にはモダンな技術が搭載されています。レトロ感を強調したい人にはスチール製のストラップ、気分を変えたり渋みを加えたい人は革製のものを選ぶことができます。CALIBRE HEUER 02はスタンダードな黒のフェイスに白のダイヤルというモデルの他に、銀色のフェイスに黒のダイヤルというスペシャルエディションも出ています。因みに個性派揃いのヘリテージシリーズの中で回転式ベゼルを初搭載した初代オウタヴィアを1962年に開発したのは4代目のジャックホイヤーです。当時のレーシングスピリットをデザインで表現しつつ、最新技術を融合してオウタヴィアが誕生しました。自動クロノグラフで42mmの大き目フレームサイズです。不朽の名作、不朽のデザインがタグホイヤーの歴史を彩ります。

検索結果はありません。
タグ ホイヤー のその他の商品

ビジネスマンに人気のメンズ腕時計ヘリテージはCal.1887がおすすめ

【タグホイヤーの人気シリーズ・カレラ】
スポーツウォッチやストップウォッチの一流タグホイヤーでも屈指の人気モデルの一つに、カレラがあります。1963年に誕生したモデルで、クロノグラフのモデルはメーカー史上初のことでした。アメリカとメキシコ間を走破する伝説的なモーターレースがあったのですが、これが開発のきっかけになりました。今でも視認性と精度に優れていると高い評価を受け、世界中のトップドライバーが愛用しているほどです。

【カレラのモデルの一つであるヘリテージ】
カレラは人気シリーズで、しかもその中でいくつかのモデルがあることも特徴の一つです。ホイヤー01や1887などのほかに、ヘリテージ・クロノグラフもあります。ヘリテージとは英語で「遺産」を意味する言葉です。カレラの初代デザインを現代に復刻したモデルと考えてください。ベースになっているのはホイヤー・クロノグラフで、1945年に製造されていました。細部にわたるところまで正確に再現されていることで、評判も上々です。

【気品のあるモデル】
ヘリテージを見てまず針に目が行くでしょう。青く焼かれたものが使われていて、非常に印象的です。ステンレスケースとの間で見事なコントラストを作っています。インデックスについては、この針と同じカラーリングでまとまっています。クラシカルで気品を漂わせています。シックでクールなモデルですから、ビジネスマンの時計として活用しても決して違和感はありません。カジュアルからフォーマルまで様々な場面で活用できるモデルといえます。

【ムーブメントにこだわってみよう】
ヘリテージを購入するにあたって、どのムーブメントが搭載されているかはチェックしておいた方がいいでしょう。モデルによっていろいろなムーブメントが使われているのですが、品質にこだわりたければ、Cal.1887の搭載されたモデルの中からチョイスすべきです。そのほかのムーブメントはいわゆる汎用系のものばかりです。ヘリテージの中でも、Cal.1887搭載モデルの方がワンランク上という印象があります。

【まとめ】
タグホイヤーの中でもカレラは、今でもなお様々な場面で活躍しているメンズ腕時計です。その中でもヘリテージはビンテージな印象を残した腕時計で、現代のモデルとは一線を画したテイストにまとまっています。ヘリテージにこだわるのであれば、Cal.1887というムーブメントの搭載されているモデルを身に着けたほうが、さらにステータスはアップするでしょう。





タグホイヤーの豆知識

ドイツ系スイス人創立ブランド

タグ ホイヤーは、ドイツ系スイス人のエドウアルト・ホイヤーが1860年に設立したスイス時計メーカーです。 当初はストップウォッチやクロノグラフなど、スポーツ系の腕時計開発に力が入れられました。 特に、クロノグラフの歴史においてはとても貢献しており、まさに一目置かれる腕時計メーカーです。 同社が得意とするストップウォッチなどは、いわゆるコネクテッドウォッチにも採用されています。 近年はトゥールビヨンや磁気を使用するムーブメントなど、新しい技術や商品開発にも精力的です。

手頃な価格が特徴

タグ ホイヤーはスイス時計メーカーの中でも、150年以上の歴史を持つ老舗に分類されます。 長い歴史を持つのも特徴ですが、多くの商品の価格帯が30万円以下に収まるのも特徴の1つだといえます。 手頃な価格ながらも高級腕時計が楽しめる親しみやすさと、手頃であっても質実剛健な作りにあります。 老舗といっても型にはまり過ぎず、時代に合わせて腕時計の開発を行ったり、ニーズにマッチする商品を完成させています。 価格帯が比較的低いので、高級腕時計の入門者向けというイメージもありますが、価格に対して満足度の高い腕時計を手に入れることができて、長く愛用して楽しめます。

          
LVMHの傘下ブランド

現在のタグ ホイヤーは、フランスのパリを拠点とするLVMHの傘下です。 傘下入りした経緯は、1985年まで社名がホイヤーだった同社が、クオーツショックの影響で資金難に陥った頃まで遡ります。 クオーツショックは日本のセイコーが、1969年に革新的なクオーツウォッチを発売したことに端を発します。 マンスール・オジェのTAGグループから資金提供を受けて現在の社名になり、1999年の9月にLVMHが株式の50.1%を取得しました。

公式タイムキーパー

サッカー分野でも存在感を表しているのがタグ ホイヤーで、近年は日本でも広く知られるスイス時計メーカーとなっています。 2016年にイングランドのプレミアリーグで公式タイムキーパーになってからは、マンチェスターユナイテッドともパートナー契約を締結しました。 同年には日本のJリーグともパートナー契約を結び、トップパートナーとして公式タイムキーパーになりました。 元々スポーツ系の腕時計開発にルーツがあるスイス時計メーカーなので、近年のこのような活躍を見せるのも納得です。

To Top