Santos-Dumont

カルティエ Santos-Dumont 腕時計

カルティエは1847年にフランスのパリで創業してから、王室御用達のジュエリーブランドとして、名声を欲しいままにしてきました。ある日、有名なブラジル人飛行士のサントス-デュモンから、飛行機の操縦中でも時間を確認することができる時計はないものかと相談されます。当時はまだ懐中時計を使用することが主流だったので、カルティエはこの時初めて、最も実用的な腕時計を世に生み出しました。それが、サントス-デュモンです。

そんなサントス-デュモンの特徴は、スクエアのケースにビスのモチーフが付いたデザインになります。このビスは飛行機の機体のネジがイメージされていると言われており、カルティエの遊び心が感じられるデザインです。1904年に発売以来、瞬く間に人気を博したサントス-デュモンは、その後も時代に合わせて様々なタイプが発売されてきました。

その中でもWSSA0022は、大きめのケースに洗練されたローマ数字の文字盤が美しく、タフなスティール製のボディが印象的です。そして、ブルースティール製の針とシンセティックブルースピネルを配したリューズ、アリゲーターのストラップがネイビーブルーで統一されています。爽やかで知的なイメージを演出できる腕時計として、男性はもちろん女性にも人気のデザインです。

新品 カルティエ Santos-Dumont 腕時計

To Top