オリエント スター

オリエント オリエント スター 腕時計

多摩計器株式会社が腕時計の製造を開始したのは、1950年のことでした。翌年の1951年、オリエント時計株式会社という社名に変更し、輝く星をイメージしたオリエントスターが誕生しました。オリエントスターは、1951年に誕生した国産腕時計です。1970年代から80年代にかけて、クォーツ時計全盛期の時代だったと言われています。機械式時計の人気が低迷した時代でもありました。オリエント時計は絶えることなく、機械式時計の製造を続けてきました。

オリエント時計には、1950年代から機械式時計を海外に輸出してきた歴史があります。クォーツ時計に欠かせない電池の入手が困難な国や地域を選び、1950年代から時計の海外輸出に力を注いできました。スイスの時計メーカーに対抗するため、高品質でリーズナブルな価格、それぞれの地域に見合ったデザインを模索し、輸出を続けてきました。故障が少ないクオリティーの高さや、個性的なデザインが認められ、海外市場で信頼を得ることに成功します。 オリエントスターの心臓部と言われているのが、1971年に誕生した46系と称されるムーブメントです。心臓部が透けて見えるようになっており、精度と耐久性を向上させることに成功しています。時代に合った要素を加えることができるため、様々なモデルにムーブメントが活用されてきました。オリエントスターのモデルは、オリエントスタースケルトンやオリエントスターチタン、オリエントスターメカニカルムーンフェイズなどです。

Desc

7 Items

View as Grid List
per page

新品 オリエント オリエント スター 腕時計

オリエント オリエント スター

オリエントの歴史や魅力そして定番のモデルなどについて

1901年の創業以来、愛され続けているオリエントは、1950年に現在でも高い人気を集め続けている前傾モデルでもある、ニューオリエントの販売をスタートされます。オリエントはシンプルなデザインが特徴であり、ビジネス・カジュアルシーン問わず幅広い年代でも身に着けやすい事が魅力の1つです。そんなオリエントの歴史や、定番のモデルであるオリエントスターの魅力などの情報を伝えていきます。時計の購入を検討されている方などの参考にしてください。

オリエントの歴史を紐解く事でより理解できる魅力

オリエントは1901年に創業されましたが、当時は時計の輸入販売を中心しており、まだ時計の製造はしていませんでした。しかし、1950年代から時計の製造を開始し、その後オリエントを販売させます。本来時計の輸入を専門としていた事もあり、1955年には、中国との輸入契約を交わし、その後ニューヨークに駐在員事務所を開設し、アメリカとの輸入契約を交わします。アメリカへの本格的な進出は当時、他の時計会社もしておらず、画期的であったため、大きな注目を集めました。その後も数多くのモデルを作り上げ、国産3大時計メーカーとして今もなお多くの時計ファンから愛され続けています。

定番モデルのオリエントスターも魅力や歴史

オリエントスターは、1952年に発売以来、エレガントでシンプルなデザインが人気を集めていました。オリエントスターはスケルトンの文字盤が美しいハイエンドモデルのものから、販売当時から変わらないシンプルでエレガントなデザインのものまで様々なモデルが販売されています。オリエントスターが人気を集めている理由は50時間のパワーリザーブが備えられており、海外のハイブランド時計にも負けないスペックである事です。

オリエントスターが人気の理由

オリエントスターはエレガントでシンプルなデザインが魅力であり、ビジネスシーンで使いやすく、新社会人の方でも購入しやすい価格帯である事です。また、機械式時計であり、メンテナンスを続けていれば、長く着用できる事から、自然に愛着が湧いてきます。しかし、購入しやすい価格帯であつため、安い時計とマイナスのイメージを抱く人もいますが、機能性や100年以上続く老舗の国産ブランド時計であり、価格帯だけでは判断できない高性能な時計となっています。

価格帯だけでは判断できない大人の魅力

オリエントは海外のハイブランド時計よりもはるかに購入しやすい価格帯である事が特徴です。しかし、購入しやすい価格帯とは異なり、とてもハイスペックであり国内外問わず人気を集めています。その理由の1つは50時間にも及ぶパワーリザーブです。これは海外のハイブランド時計にも負けない性能であり、さらにエレガントでシンプルなデザインが年代問わず愛され続けている理由ともなっています。また、機械式時計である事から多くのコレクターからも注目を集めているのも人気の1つです。

To Top